4010318 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

June 16, 2007
XML

本当の空を失ってから久しい都市で
”都市伝説”が一人歩きする

ゲートの中では失われたものを取り戻すことができる
だが、それに相応の対価が必要だと・・

ゲート内へ潜入したヘイはそこで何を取り戻すのか?
そして何を失うのか・・

dtb.jpg

第11話「壁の中、なくしたものを取り戻すとき… 前編」

ゲート内では契約者は強い影響を受ける。だが組織はあえてヘイに潜入と「流星の欠片」なる物質の回収を命じる。それはゲート内の謎を説く為に重要な物質。CIAが先にそれを狙い、まだゲート内からの持ち出しに成功していていない。ヘイの身を案じ異議を唱えるマオを尻目にホァンは冷たくヘイに言う。「お前は言われた通りにやってりゃいいんだ。いつもの通りな」

掃除人のバイトとして潜入したヘイは、カリーナという同じバイト仲間と親しくなるが、彼女はゲートの影響で挙動不審に陥り、一緒にいたヘイも研究所の警備担当に目を付けられてしまう。

ミーナという組織の女性が接触して来る。
彼女はセルゲイの助手だった。


ミーナのたぶんモデルのインド人美人女優のミーナさん。凄い美人でダンスの名手。お母さんがステージママで怖いけど(笑)来日した時TDRに行かれたのがうれしかったそうですよ。


天体望遠鏡の並ぶ部屋で、ヘイはニックという研究員に出会う。星空の話で盛り上がる二人。ニックは屋上から今の夜空を見せてくれる。偽りの星の輝く空を見て何の意味がある・・案の定、覗いた先には何も見えない。「信じる」事が大切だと言うニック。いつか本当の空を取り戻せるのだと・・再度覗いたヘイは驚く。そこには昔見たのと同じ星空があった。

起こりえない事が起きるのが、ゲート内・・

ニックは身体を動かす事が出来ない妹の事を語る。いつか本当の宇宙へ連れて行ってやりたいと。「妹」という言葉に、ヘイは”白”を思い出したのであろうか。

カリーナが殺される。ヘイは容疑者として拘束される。掃除のバイトにも研究所側のスパイが紛れ込んでいたのだ。ヘイは解放されるが監視を付けられる。

セルゲイ博士の実験に協力するヘイ達。無人カメラの映し出すゲート内の現状を見せられる。その時ヘイは血まみれの少女の姿を見る・・パニックを起こすヘイ。何事かささやきあう研究員達・・


にほんブログ村 アニメブログへ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

脚本:菅正太郎 コンテ:京田知己 演出:千葉大輔 作画監督:松崎正

このアニメの持ち味であるスパイミステリーっぽい雰囲気たっぷりの回でしたね。そこに星空と望遠鏡、妹をキーワードとしたニックとヘイの触れ合い、ここでもタラシのヘイの一面を垣間見させる(笑)ヘイとミーナの会話を含めて、なかなか面白かったです。

謎に包まれたパンドラの研究施設がやっと出て来ましたね。あの壁は随分と厚い様です。出入りも厳重にチェックされているし。



ニック・ヒルマンが中原茂さん、セルゲイ・ヴィクトロフが田中秀幸さん・・豪華ですね(ノ∀`)中原さんと言えばショウ・ザマ、田中さんといえばジョーダン・ベスなのは、サンライズアニメで育った者の宿命でしょう(笑)


heip10308.jpg
何となくタラシのヘイさんを描いてみました・・



天体望遠鏡・・私もヘイと同じく懐かしく見てしまったですよ。我が家にもああいうのがありましたよ。今はあんな形のものは売っていないと思いますが。どういうわけか、我が家の納戸には、独逸式の古い顕微鏡や望遠鏡の類があったのですね。

納戸から引っ張り出してきて、親戚の叔父に組み立ててもらって初めて見たのは・・満月でした。本で見たとおりの不可思議な模様をこの目で見た感動は忘れられません。人類が月に到達した記憶もまだ薄れておらず、NASAは意気揚々とロケットを打ち上げ、人々の夢を乗せて、探査船が太陽系の果てまで飛んでいく時代でした。



「宇宙大作戦」は繰り返し再放送され、次代へと引き継がれシリーズ化されて行き、宇宙は確かにフロンティアでした。子供達はハインラインやアシモフ、クラークを読み、ブラッドベリの叙情は冷たい未来に暖かさを添えてくれていました。

アニメも漫画も、宇宙を題材にしたものが多かった・・

いつから人々は星空を見上げなくなったのだろう。ロケットは飛ばなくなり、SFは衰退し、誰も新しい星を夢見なくなった。プラネタリウムも街角から消えうせていった。都会のネオンにかき消され、星は見えなくなった。

今の空だって、本当は偽りの空かもしれない・・

そんな事を思いながら、来週のヘイの身を心配する私でもありました。

我が家の望遠鏡は・・その後、夏の家が変わる度に持ち運ばれ、富士山の麓や那須の高原の星を見せてくれ、今は鹿島の海の側の家に置いてあります。そこは望遠鏡がなくてもまだ夜になると満天の星空が見える場所で、時折、星が流れるのも見えるのです。



そう、星が流れるのが・・










Last updated  June 16, 2007 05:38:41 PM

PR

Rakuten Profile


もるがんさん

愛しきは好奇心

フォローする

Freepage List

Recent Posts

Category

Archives

November , 2017
October , 2017
September , 2017
August , 2017
July , 2017

Comments

おぼろ.@ Re:銀魂 第241話 アルファベット表記で人類みなホスト(01/09) やっと念願のレッツ・パーリィが来ました…
もるがん@ Re:いつも御世話になっています。(01/05) ヒガシさん お世話になってます! 人が…
ヒガシ@ いつも御世話になっています。 初回から各校の実力者が多々も多過ぎます…
もるがん@ Re:いつも御世話になっています。(01/05) ヒガシさん お世話になってますo(^-^)o …

Favorite Blog

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

今週読んだコミック… New! らいち♪♪さん

陸王 第5話 New! MAGI☆さん

ひさしぶりに横浜へ。 Gloria-Rさん

PCエディタの各機能… 楽天ブログスタッフさん

ジャニーズWEST「炎… スイーツ博士の助手さん

蘇芳色(SUOUIRO)~… 蘇芳色さん

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.