1658981 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日常生活の謎解き

2014.03.21
XML
カテゴリ:温泉
延岡市内で所要を済ませ、雑誌「温泉博士」の無料入浴施設にノミネートされていた祝子川温泉へと向かう。当時は愛車にカーナビ導入前で、地図を見ながら山へと進むと徐々に道幅が狭くなり、離合が困難なほどの山道になった。沿線に道案内の看板がなければあきらめて引き返したかもしれない。40分ほど走って道が広くなると祝子川温泉があった。建物は近代的で少し拍子抜けだが、大崩山を望むロケーションとアクセスの悪さは秘湯と言っていいかもしれない。

祝子川温泉
祝子川温泉 posted by (C)awajisan

通常の入浴料は¥500。内風呂と露天風呂があり、どちらも6,7人入れる広さ。湯は灰褐色に薄く濁った湯で、33.3度、pH7.67の弱アルカリ性単純泉。加温循環で、内風呂は気泡湯。さらっとした浴感はロケーションの素晴らしさもあって山道ドライブの疲れも吹っ飛んでしまいそうだ。帰りは大分側へ抜けるべく別の道を下るが、こちらの方が幾分走りやすい印象。国道10号線に出て少し走るとすぐに大分県佐伯市との県境だ。

2008年11月入浴

内風呂
内風呂 posted by (C)awajisan

露天風呂
露天風呂 posted by (C)awajisan






Last updated  2014.03.22 00:37:23
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.