1651121 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日常生活の謎解き

2014.07.09
XML
カテゴリ:料理・グルメ
休暇を取って北海道へ。最終日は海の近くに宿を取って海釣りを楽しんだ。
当初は天塩温泉での宿泊を考えていたが、当日はイベント開催のために満室。
隣村の初山別で宿泊した。
まずは夕方から夜にかけて初山別港で。
湾内にはナブラが立つほど魚の群れがいるのだが、ルアーやオキアミには反応なし。
投げ竿には25センチぐらいのウグイが入れ食い状態。
この魚は不味くて有名。典型的なエサ取りだが引きは楽しめた。

ウグイ25センチ
ウグイ25センチ posted by (C)awajisan


夜釣りはそこそこで切り上げ、翌日は天塩に移動。
防波堤から内と外両側に竿を出してみる。
外側は遠投すると全く反応はなく、エサもそのまま残る状態。
内側は早い時間帯はウグイがボチボチだったが、
日が昇るにつれてアイナメが連れ出した。40センチオーバーの大型も
外側も防波堤の際には小型のアイナメの一種クジメが入れ食い状態だ。

周りでは20センチぐらいのマカレイが一匹だけ上がったが、
自分のさおには10センチ以下のベイビーサイズ。大型は6月半ばぐらいまでのようだ。

アイナメ20センチ
アイナメ20センチ posted by (C)awajisan

アイナメ40センチ
アイナメ40センチ posted by (C)awajisan

カレイは6センチ><
カレイは6センチ>< posted by (C)awajisan

時折湾内にナブラが立つ。その魚影は35センチぐらいのハマチだった。
北海道にはいない魚だったのだが、昨年ぐらいから増えてきているという。
このお蔭で、ガヤやソイといったフィッシュイーターのロックフィッシュが散ってしまった模様。
ルアーは不調だったが、アイナメはサイズ更新。そこそこ満足だったかな。






Last updated  2014.07.09 09:08:05
コメント(2) | コメントを書く
[料理・グルメ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.