1626532 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日常生活の謎解き

全6件 (6件中 1-6件目)

1

TV

2008.08.13
XML
カテゴリ:TV
オリンピックの野球が気になってとても新規記事を書ける状況じゃありません。
ダルビッシュの不調と併殺だらけで胃が痛くなりますなぁ。
頑張れ日本!!






Last updated  2008.08.13 22:44:29
コメント(12) | コメントを書く


2007.03.16
カテゴリ:TV
先ほどまで放送されていたドラマで本屋の店主役をされていました。ちょい役ですが、いい味出してたなぁ。自分はサスペンスマニアなので、鈴木ヒロミツさんは思い入れのある俳優さんの一人でした。正直50代ぐらいかなぁと思っていたのですが、60歳という年齢に驚くとともに、あまりにも早くお亡くなりになられて・・・
現場監督、嫌みな上司、ちょっといかれたおじさん役をリアルに演じられていました。寂しくなるなぁ。ご冥福をお祈りします。






Last updated  2007.03.16 23:05:53
コメント(8) | コメントを書く
2007.01.06
カテゴリ:TV
10年ぐらい前のお話。

喋る仕事にあこがれていました。そっち方面での活躍を真剣に考えていたので、何度かオーディションを受けたこともありますし、実際に小さな小さな放送局で喋る機会を持たせてもらったことがあります。夢は夢のままで違う業界に就職。ミレニアム以降は少人数が相手ながら目指していた職種とは異なるジャンルで毎日人前でマイクを持って喋るような仕事をしています。これも昔取った杵柄かもしれませんし、ジャンル的には自分の持ち味を発揮できているのではないかとしみじみ思う今日この頃です。

初夢ではないですが夢を見ました。ラジオの番組を持つ事になって今の仕事をセーブする云々・・・。心の奥底には10年経ってもまだ未練があるのかもしれませんな。ぶっちゃけ、あの頃に比べると場数も踏んだし、お客さんからは「アナウンサーみたいだ」とか「何かやってらっしゃいましたか」と言われることがちょくちょくあります。自分的には「せりふカミカミだ~」なことも多いのですが、三十路ながら色気を出してみたらどうなるのかなぁなんて考えながら訳のわからんことをPCに書きなぐっています。TV東京さんあたりで旅と温泉レポーターかなんかで雇ってくれませんかね~~(無理無理)

なんとなく10年前を思い出して、その頃影響を受けた宗方さん、まさきゆかさん、諏訪さんに会いたくなってきました。みなさん今では昔以上に雲の上の存在なってらっしゃいますな。こちらも無理な話かな。


次回からは元の路線に戻ります。






Last updated  2007.01.06 23:54:26
コメント(8) | コメントを書く
2006.08.23
カテゴリ:TV
浅草の喜劇役者で海外アニメの吹き替えでも活躍された関敬六さんが亡くなられました。

カートゥーンアニメでは、「宇宙忍者ゴームズ」のガンロック役で「ムッシュムラムラ」を連発、
「スーパースリー」や「爆走バギー猛レース」でもムッシュムラムラされ、「大魔王シャザーン」の怪人役でも強烈なムッシュムラムラぶりで、内容的にはつまらないお話でもこの人の吹き替えで笑える内容になったりしたものです。かなり笑わしてもらいました。生前から自分にとっては神様のような存在でした。

むっしゅむらむら!!あど~~~






Last updated  2006.08.24 09:03:58
コメント(6) | コメントを書く
2006.05.21
カテゴリ:TV
昔の人は鉄道のことを「汽車」と呼んでいました。汽車が走ってるから愛称として鉄道のことを「汽車」と呼ぶ。気動車や電車が走るようになっても汽車と呼び続ける方もいまだにいらっしゃいます。

最近では鉄道のことを電車と呼ぶのが普通です。鉄道線上を走る列車の大半が電車なので仕方がないと思いますが、最近気になるのがTVの放送でもそのような表現を使うこと。電車というのは極めて単純な定義だと思うのですが、電気を動力として走る車両のことです。蒸気やディーゼルエンジンで走る車両は電車ではありません。

最近の鉄道車両、特に新型の気動車は電車との見分けはつきにくいかもしれません。百歩譲ってお笑いタレントが「電車」という表現を使ってしまうのは許すとしても、ニュース番組のレポーターが、新型気動車の取材で「電車」という言葉を連呼するのはいかがなものか。

生番組ならまだしも、旅番組のナレーション。ロケのシーンで俳優さんが「ディーゼルカーだねぇ」と言っているにもかかわらず「電車は・・・」というナレーション。大井川鉄道を扱った番組でもSL列車なのに「電車は大井川を渡り・・・」悲しくなりました。

昔は鉄道全般を「汽車」と呼ぶ人はいても、SLの事を「電車」とは言わなかったとはずです。鉄道車両全般に使える便利な言葉「列車」という言葉は死語になってしまうのでしょうか?






Last updated  2006.05.24 23:01:26
コメント(2) | コメントを書く
2006.03.13
カテゴリ:TV
現在の勤務地のある奈良では春を告げる行事「お水取り」が行われていますが、今日はお昼前から雪。退社する頃にはうっすらと積もっていました。幸いにも自宅のある兵庫県は普通に寒いだけで雪など積もる気配はありませんが、明日はもっと寒くなるようで果たして会社の辺りはどうなっていることやら。こう寒いと温泉が恋しくなりますなぁ。もう3日も入っていません。ということで、明日の会社帰りにでも・・・

ところで、いつも寝る前に見ている番組があります。CSのカートゥーンネットワークで放映されている「リボンの騎士」。小学校低学年の頃によく見ていましたが、あまり内容は理解できていなかったようでほとんど覚えてなかったのですが、20数年ぶりに見てみるととても深い内容でストーリー展開も面白くすっかりはまってしまいました。あらためて手塚治虫先生の素晴らしさを実感しています。最近の日本の漫画やアニメはほとんど見ないのですが、「リボンの騎士」のような人間としての「行き方」をストーリーに盛り込んだ漫画ってあるのかなぁと。いろいろぼやきたい事はありますが、まとまらないのでこの辺で。

画像は何の脈絡も無いですが、北海道限定の「やきそば弁当」。粉末スープの基がついています。近畿以西には「ペヤングソースやきそば」は売ってません。う~ん、まとまらないなぁ。






Last updated  2006.03.13 23:58:53
コメント(3) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.