031960 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

アウトドア親爺の徒然日記                 晴れ・夏・キャンプ・アウトドア

PR

Free Space







Wishlist

Rakuten Profile


まるのんちゃん777さん

外遊び大好き親爺 奥様1人子供3人孫2人

フォローする

Calendar

Archives

Category

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

2017.09.08
XML
カテゴリ:料理



9月8日(金)

また、梅雨のような空模様が続きます。 今度は秋雨前線ですね。

しかしながら、ず~~~と停滞前線がいる期間が長かったので、
何時から梅雨前線が秋雨前線になったのか、明確には分かりませんね。

7月下旬から8月中旬の前線は何とおよびしていいのやら。

さて、
今日の日記はローストチキン。 この前の日曜日に作りました。

ダッチオーブンを使うのは久し振りです。 ロケットストーブもさぼっています。
こんな天候が続きましたので、何やらやる気が湧いてきませんでした。
今回も、アウトドアではなくインドアです。

しばらくお蔵入りでしたので、
先ず、埃や酸化した油を荒い落とします。 構わす洗剤でゴシゴシ洗っちゃいます。

ゆすぎましたら、IHで温めて水分を飛ばしておきました。





次に取り出しましたのは、タコ糸です。
端っこをエイトフィギアノットで結び、環っかを拵えます。

環っかが出来れば、エイトフィギアノットでなくても問題ありません。
強い結び目は必用ありません。 





土曜日に準備しておいた鶏肉です。
今回は、きれいに仕上がるように、
厚みのある部分は削ぎ落としました。 また、端っこも切り落として整形しています。

削ぎ落したお肉や、端っこのお肉は、土曜日にカレーを作って美味しく頂いちゃいました。

軽くお塩をふって、ピチットシートに挟み、冷蔵庫で寝かして置きました。
この一手間で、お味がグ~ンと良くなりますよ。

お塩は、ピンクのヒマラヤ岩塩です。





整形したお肉を、丸めてタコ糸で巻いていきます。
特にコツはありません。

丸めたお肉の端に上に見える輪を通し、少しきつめに絞って固定します。
あとは、糸をぐるぐる巻いていくだけです。





巻き終わりは、ダブルハーフヒッチでとめておきます。
これも適当でかまいません。 ほどけてこなければOKです。

はい。 こんな感じになりますよ。





インドアのダッチオーブンでは、
上火が使えませんから、予めフライパンで焼き目を付けておきましょう。

電熱器で加熱するシステムもありますが、
そこまでしなくても大丈夫かと。余裕がありましたら試してみても良いかも。





時間がない時は、
十分火を通して、このままいただいちゃっても美味しいですよ。

でも、ダッチオーブンで調理したものにはかないません。
フックラ、ホロホロ感が断然違います。

こんがりと焼き目が付きました。
中はまだ生焼けです。 火を通してしまっては台無しですよ。





鶏肉に焼き目を付けている間に、
ダッチオーブンの準備を進めておきます。

先ず、底にアルミホイルを敷きます。
同じくアルミホイルで作ったお皿に、桜のウッドチップを盛り底に重ねます。





ウッドチップはこれです。
三重県は伊勢市の濱中伊三郎商店のもの。 良い香りが付きます。





お買い得商品です。 包装もなかなか GOOD !!



ロゴス製のステンレスダッチゴトクを載せて、隙間を確保します。





この準備をしている間にも、IHの電源を入れてプレヒーティングをしています。
下火だけですと、ダッジオーブンが温まるまで、けっこう時間がかかってしまいます。
調理時間の短縮のためです。

このあと、いよいよ調理となりますが、
長くなってしまいますので、この続きは明日の日記にします。








にほんブログ村テーマ アウトドアなんでもOKへ
アウトドアなんでもOK
にほんブログ村テーマ なんでもアウトドアトラックバック!へ
なんでもアウトドアトラックバック!
にほんブログ村テーマ アウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣りへ
アウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣り







Last updated  2017.09.09 16:37:44
コメント(0) | コメントを書く
[料理] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.