150075 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

アウトドア親爺の徒然日記                 晴れ・夏・キャンプ・アウトドア

PR

Free Space







Wishlist

Profile


まるのんちゃん777

Calendar

Archives

Category

Comments

まるのんちゃん777@ Re:房総風土記の丘のアカハラ(03/07) 通りすがりさん コメントありがとうござ…
通りすがりです@ Re:房総風土記の丘のアカハラ(03/07) 最初と最後以外はシロハラじゃないでしょ…
まるのんちゃん777@ Re:オオタカも大空を舞う(01/18) ご指摘ありがとうございました。 尾羽の先…
調査員@ Re:オオタカも大空を舞う(01/18) 落ち着いて今一度写真をご覧下さい。 ハイ…
まるのんちゃん777@ Re:ツグミとアカハラ(01/21) コメントいただきありがとうございました…

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

2018.01.12
XML
カテゴリ:野鳥

1月12日(金)  

今朝も快晴。 空気の乾燥状態は続いています。
南西の空には、逆三日月になった細いお月様の姿が見えています。


今日の日記は、
お墓参りを済ませて、藤沢に向かう途中の出来事です。  1月6日のこと。

厚木市内を相模川沿いに車を走らせていた時、
フロントガラスの右上に、ずいぶんと白いタカの姿が見えました。
もう一度確認。 「間違いない、ケアシノスリだ」といてもたってもいられません。

幸いにして、駐車するスペースが直ぐに見つかりました。
急いで車を降りて、カメラを用意します。 最近、外出する時は必ずカメラも持参します。

太平洋側でケアシノスリに出会う確率は非常に低いはずです。
こんなラッキーな事って有りますか。 遠くへ飛び去ってしまわないうちに撮影したい。

良い塩梅に帆翔していまして、しばらくお付き合いしてくれました。




ケアシノスリは、ノスリ倶楽部のノスリンと違って、北方からやって来る渡り鳥なんですよ。
故郷はユーラシア大陸や北米大陸の高緯度地域です。 ここで夏に繁殖します。

通常の年ですと、冬の渡りはほとんどが大陸内でのことのようです。
日本に渡ってくるのは極少数。 その上、ほとんどが北海道や日本海側で観察されています。

しかし、偶に渡ってくる個体数が増える年があるようです。




「ハクチョウの郷」のコハクチョウたちも、年によってかなりの増減があります。
当然といえば当然ですが、
通常の越冬地の気候が厳しいと、更に温暖で餌が豊富な地域まで移動してくるのでしょう。

今年は日本も寒いのですが、中国やロシアも厳しい冬となっているのでしょうか。
としますと今シーズンは、冬の渡り鳥の観察に適した年となるのかもしれません。




ノスリ倶楽部のノスリンは、日本国内で繁殖しますし、ほぼ国外に出ていくことはありません。
従って、親爺の居住地域の周辺では、今の時期は容易に会うことができます。

ケアシノスリは、ノスリより翼も尾羽がやや長いように思えます。
長距離飛行に適応しているのでしょうか。




こちらは普通のノスリ。 色味がやや濃いですな。
やはり翼や尾羽は短目ですね。 全体的にコンパクトに見えます。




フォーカスがなかなか合いません。 焦りますが上手くいかないものです。
青い空に白っぽい被写体は、フォーカスが合い辛いのです。
おまけに距離が離れています。




ほとんどきれいに撮ってあげることはできませんでした。
とても心残りです。




そのうちカラスがお邪魔虫。 こいつは本当に良く出てくるな。
一度は因縁を付けないと気が済まないらしいですな。 敵う相手じゃないのにね。

ケアシノスリの反応はノスリと同じですね。
知らんぷり。 カラスはそのうち飛び去っていきました。




ケアシノスリとノスリの見分け方は、もちろん体色もあります。
が、一番分かりやすいポイントは尾羽の先端でしょう。

ケアシノスリは、尾羽の先端に黒い横帯があります。
♀の大人は一重か二重の黒帯、♂の大人は三重以上の黒帯が一般的だそうです。

この子の場合はまだ不鮮明ですが、幼鳥なのかもしれません。

あとは、ノスリほど目付きが優しくないように感じます。
帆翔しているところしか見ていませんので、正確には何とも言えませんが・・・。




翼の幅はやはり広いですね。 ブロードウィングそのものです。




ノスリはかなりの数を観ましたが、羽根の模様等に個体差はあります。
色の濃淡もあります。  口髭の生え方も個性があります。

ケアシノスリの第一印象は、当に「うゎ、白いなぁ」という感じでした。




ぐるぐる帆翔しながら、次第に遠ざかってしまいました。
この後は、相模国一宮、寒川神社に立ち寄りました。

その事はまた後日。







にほんブログ村テーマ アウトドアなんでもOKへ
アウトドアなんでもOK
にほんブログ村テーマ なんでもアウトドアトラックバック!へ
なんでもアウトドアトラックバック!
にほんブログ村テーマ アウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣りへ
アウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣り







Last updated  2018.01.21 20:54:18
コメント(0) | コメントを書く
[野鳥] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.