000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

アウトドア親爺の徒然日記                 晴れ・夏・キャンプ・アウトドア

PR

Free Space







Wishlist

Profile


まるのんちゃん777

Calendar

Archives

Category

Comments

まるのんちゃん777@ Re:房総風土記の丘のアカハラ(03/07) 通りすがりさん コメントありがとうござ…
通りすがりです@ Re:房総風土記の丘のアカハラ(03/07) 最初と最後以外はシロハラじゃないでしょ…
まるのんちゃん777@ Re:オオタカも大空を舞う(01/18) ご指摘ありがとうございました。 尾羽の先…
調査員@ Re:オオタカも大空を舞う(01/18) 落ち着いて今一度写真をご覧下さい。 ハイ…
まるのんちゃん777@ Re:ツグミとアカハラ(01/21) コメントいただきありがとうございました…

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

2018.02.27
XML
カテゴリ:野鳥


2月27日(火)

今朝は薄く雲が広がっています。
何となく春の気配が濃くなってきています。

今週は週央で3月に入ります。 一気に春めいてくるかもしれません。
お庭の梅も咲き始めました。 2分咲き位です。 フキノトウもお顔を出しています。


カモを初めとする水鳥には、
素潜りを得意とし水中生物を餌を採る鳥と、潜らずに水面を中心に餌を採る鳥がいます。
もちろんハイブリッド型もいますけど。

前者の代表は、ハジロ、アイサの仲間、カイツブリの仲間ですね。
オオバンなどは何でも来いのハイブリッド。
水面、水中、陸上など、どれも器用にこなします。

今日は潜水型の水鳥の潜水シーンをまとめました。

まずは一番良く見かけるカイツブリから。

この子たち、どのタイミングで潜り始めるのか、とても分かり辛いのです。
特にカイツブリは分かり難いですよ。

最初はシャッターボタンを押すタイミングが遅れ、首なし胴の量産でした。

観察しているうちに、潜る予兆が分かってきました。
潜る直前には一瞬体が少し沈むのです。 力を入れるからですかね。

僅かに波紋が広がります。  少しでも風が吹いて波立つと、分からなくなりますけどね。
それほど微妙な動きです。





このタイミングで連続撮影を始めると、一部始終が良い塩梅に撮影できます。





潜るスピードはかなり速いですよ。 一瞬で水の中に消えてしまいます。





現在使用しているRX10M4の連続撮影は、3段階のモードが選べます。
そのうち、鳥さんを撮影する時は、中間のスピードを使っています。

電子シャッター、メカシャッターともに、最高10枚/秒のスピードです。

このように十分な光量の際は、10枚/秒のスピードが出ていると思います。
5枚~6枚で水中に消えますから、0.5秒程度で潜ってしまうことになります。





身体が小さく胴体が短い分、有利ですね。





あっという間に波紋だけ。





皇居のお堀には、見慣れないカモが一羽だけいました。

ホオジロガモの♂か♀の未成年。  
成鳥ですと、くちばしの色で性別が分かります。  ♂は真っ黒、♀は先端がオレンジ色です。
もっとも他のカモと同様、♂は全く異なるデザインに変身しますけどね。

この子、くちばしの色でははっきりとは見分けられません。
ややオレンジ色が混じっているようですが、もしそうだとしたら♀ですね。

何れにしても昨年生まれの若。

全体的にこじんまりした印象を受けましたので、メスではないかと思いますが・・・。
明確に断定するまでには至りません。





まぁ、どちらでも良いのです。
潜水を繰り返しながら、目の前まで来てくれました。

たぶんホオジロガモは、関東地方への飛来数はそれほど多くはないかと。
普段ご近所では、なかなか見かけないカモです。





キンクロハジロと同様、光彩は金色。
若は若干色が薄いですが。

英語名は goldene yey。 この目の色から名付けられています。

和名のホオジロガモは、繁殖羽になった成鳥の♂のほほの丸い白斑からきています。
写真で見ますとなかなか可愛い。

周りを見ましたが、それらしき姿はありませんでした。





カイツブリよりは、潜るタイミングが分かりやすいですね。





立てる波紋も大きいですな。  ダイナミックに感じます。





尾羽は真っ黒。
潜水系のカモたちは、泳いでいる時は尾羽を水中に沈めています。
その方が潜りやすいのだとか。

この画像だけ見ますと、おそらく???ですね。





完了するまでの所要時間は、カイツブリとほぼ同じです。





2月8日の日記に書きましたミコアイサ。 再度登場していただきます。
こちらも潜水得意のカモさんです。

少し身体全体が沈みました。
予備動作は、カイツブリとホオジロガモの中間位です。




頭から突っ込みます。




何だか人の姿に似てますね。




上半身は既に水の中。




後は尾羽だけ。
最後の方は、ホオジロガモに似ていますが、潜る角度が浅いですね。

一連の動作は、ややゆっくりしてるかなぁ。
体が長いので、そう感じるだけかもしれませんね。




チャンスがあれば、他の水鳥も観察してみようと思います。

オオバンやカンムリカイツブリにもチャレンジしてみましょうか。
オオバンは近くに寄ってくれるので容易ですがですが、
カンムリカイツブリは警戒心が強く、難易度が高いかもしれませんね。







にほんブログ村テーマ アウトドアなんでもOKへ
アウトドアなんでもOK
にほんブログ村テーマ なんでもアウトドアトラックバック!へ
なんでもアウトドアトラックバック!
にほんブログ村テーマ アウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣りへ
アウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣り







Last updated  2018.02.28 06:24:08
コメント(0) | コメントを書く
[野鳥] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.