284071 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アウトドア親爺の徒然日記                 晴れ・夏・キャンプ・アウトドア

PR

Free Space







Profile


まるのんちゃん777

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

2019.08.19
XML
カテゴリ:旅行


8月19日(月)

夢のような北海道放浪から我が家に戻り、早くも一月以上が経ってしまいました。

帰り道では思いもかけずの出来事があり、帰宅後バタバタと過ごしておりました。
そのせいか否応なく現実に引き戻され、日常生活への復帰は早かったように思えます。

父の事に関しましては、
多くの方々からお悔やみや暖かい励ましのお言葉を頂戴し、たいへん感謝しております。
改めてまして厚く御礼を申し上げます。

さて、日常の雑事から始まり、
葬儀、祭祀承継手続き、埋葬申請、保険会社との連絡等々短期間にすべきことが重なり、
また地元の会合や行事も多々入り、北海道の大自然の中とは全くかけ離れた生活です。

このような生活に埋没しておりますと、
北海道の風景や印象が次第にぼやけたものにならないかと心配しておりました。

明日の8月20日が四十九日となります。
昨日にはお墓への納骨も無事済みました。

記憶が明らかなうちに北海道のことも残しておきたいとの思いもあり、
そろそろ頃合いかということで、本日から少しずつ再開しようかと思います。

今日の日記は、根室と釧路の間に位置する霧多布岬のことです。





霧多布岬は行ってみると事前の予想とは全く異なりおかしな地形でした。
相当大きなテーブル状の台地なのですが、北海道本体との接続部分は極僅か。

ほとんど島と云っても過言ではないのでは。
お世話になったエトピリカ村をランドマークにして地図を貼り付けました。

接続部分に港湾がありますが、
道道1039号線は橋で跨ぐことになり、まるで切り離されているように思えるのです。

台地の部分の地名は湯沸(とうぶつ)。
霧多布岬は湯沸岬とも呼ばれているようですね。





先端部分は奇岩が立ち並ぶ景勝地になっています。





灯台の横(太平洋側)から最先端に向かって遊歩道が伸びています。
その遊歩道の木柵には大型カモメが三羽休憩していました。

左右はオオセグロカモメの成鳥で間違いないのですが・・・。
真ん中の若鳥が少々不思議な雰囲気です。

脚の色が黒ずんでいますのでオオセグロカモメには見えません。
また初列風切の白っぽさが目立ちました。 擦り切れによる退色ではなさそうです。

ワシカモメの1年生の可能性が高いと思うのですが確信できません。





霧多布岬に限らず夏の北海道はオオセグロカモメが多いですね。
オオセグロカモメは背面のグレーが濃いので、翼の前縁の白色がとても目立ちます。





岬の先端部分の岩には多くのウミウが翼を休めていました。

ヒメウかチシマウガラスが混じっていないか良く見たのですが、
距離があり過ぎて確認できず。

一番手前の一羽はかなり身体が小さく可能性ありと思われました。





別の岩棚ではウミウの巣があり抱卵していました。





なかなか豪快な眺めです。





馬が放牧されている牧場の木杭の上には、オオジシギとヤマバトのツーショット。





お世話になったお宿、「エトピリカ村」の裏では、
アキタブキの大きな葉っぱにノゴマが乗っていました。

暫くすると下に潜り込んでいきましたから、この辺りに巣を構えていたのでしょう。





この近辺には、アゼチ岬や霧多布湿原といった見所や温泉施設もあり、
知名度としてはやや地味ながら、自然豊かなとても気持ちが落ち着く場所でした。

嘗ては、珍鳥エトピリカが繁殖していたようですが現在は定かではありません。
それはそれとして、今でも陸上からラッコや海鳥の大群が観られるという貴重な場所です。

この辺りの情報は、お宿「エトピリカ村」の村長さん、
片岡義廣さんのブログで毎日紹介されていますよ。

今回の北海道訪問では、
霧多布岬周辺は二泊三日の駆け足で通り過ぎてしまいましたので、
十分な観察をする時間がありませんでした。

これは少し心残りなところです。
再び道東に訪れる機会がありましたら、もう少し滞在時間を取りたいと思っています。





にほんブログ村テーマ アウトドアなんでもOKへ
アウトドアなんでもOK
にほんブログ村テーマ なんでもアウトドアトラックバック!へ
なんでもアウトドアトラックバック!
にほんブログ村テーマ アウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣りへ
アウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣り








Last updated  2019.08.20 14:04:09

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.