013487 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

あやねの裏ブログ

2010年02月05日
XML
テーマ:心の病
カテゴリ:健康
島根大医学部の橋本道男准教授(脂質栄養学)のグループが、
島根県立大などと共同で行った調査で、
青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)や
EPA(エイコサペンタエン酸)を毎日食べ続ける事で、
認知症予防に効果がある事を実証する結果を掴んだそうです。

同県に住む65歳以上の健常な高齢者108人を対象に2つのグループに分け、
一方にDHA850ミリグラム、EPA200グラムを含む魚肉ソーセージを
もう一方のグループには何も含まない魚肉ソーセージを1年間に渡り、
毎日2本ずつ食べさせたところ、一度見た絵を模写するテストや
あらかじめ決められたルールに沿って指を動かすテストを行ったところ、
DHA入りを食べていたグループの方が成績改善や短期記憶、運動能力など
各機能の低下が抑制されている事がわかったというのです。

認知症予防が注目になっています。治療、脳血管性認知症、認知症ケア専門士、認知症予防、認知症ケアについてのことが検索されており、認知症予防それ以外にも認知症対応型共同生活介護、森光子、日本認知症ケア学会、認知症テスト、症状、といったことに関してポータルで検索している人もいます。

人生長生きできるなら健康でありたいと思うのは
誰でも同じだと思います。
余生を楽しく自分らしく過ごすためにも
認知症の予防ができるのならば続ける価値はあると
私は思いました。


<認知症予防>青魚で効果 島根大グループが実証
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100203-00000009-maiall-soci

クーベルチュール チョコレート
クーベルチュール チョコ
ショコラティエ マサール
ショコラティエ テオ






最終更新日  2010年02月05日 12時15分41秒

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄





Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.