734911 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しげぞーの他人には厳しく

何度も当てて杜子春になるのが夢だ 03/5/19

何度も当てて杜子春になるのが夢だ 2003年5月19日(月)


 今日ジャンボ宝くじが発売になったらしい。それは良い。私をはじめ庶民の夢だ。
 しかしどうも引っ掛かることがある。それは当選金に関する報道だ。例えば今日のテレビのニュースの「連番で買うと1等前後賞合わせて最高3億円が当たります」はどうだろう。これは明らかに間違いではないのか。
 通常10枚を続き番号で買うことを「連番で買う」と言い、これを組や番号をバラバラに買えば「バラで買う」と言う。売り場ではバラ・連番ともそれ用に10枚セットで予め用意しており、客はどちらかを指定して買うことになるわけだ。
 さて先ほどの「連番で買うと1等前後賞合わせて最高3億円」というのは最も考えられる3億円の当たり方だ。しかしながら可能性は極めて低いとはいえ、3億円が当たる組み合わせはまだある。
 だいたい10枚連番で買ったなら、1等及びその前後賞、そして2等もついでに当たって都合4億ということもあり得るのではないか。そうであるならば最高3億円は明らかに間違いなのである。しかしニュースではそう紹介し、多くの人はそう報じられたことで、そうに違いないと信じてしまうことになる。つまりそこで思考停止してしまうことになるのである。
 さてそれが可能かどうかは別にして全国10カ所で時期をずらして買ったなら、10枚買ってその10枚全てが1等が当たる可能性も否定は出来ない。ユニットは違うが、組番号も番号も同じ10枚を入手できたならばという、それこそ砂漠の中から指定の砂粒を探すよりも難しいような確率ではあるが、実現したなら10枚で20億円だ。
 またそんな場合どうするか宝くじのどこにも明記されていないので、私としてもどうなるのかとずっと疑問に思っていることなのだが、抽選の結果、1等と2等が全く同じ組の同じ番号になってしまったなら、どうするのか。1等2億と2等1億の合わせて3億が1枚でもらえるというのか。こんなあたりも気にはなる。
 知っているのは宝くじの当選金には税金がかからないことと当選金として還元されるのは売り上げの42%にすぎないこと、あとは当たった人が意外と幸せになっていないということくらいか。
 世の中知らなくても良いこと、知らないほうが幸せなことも多いことは否定できないかもしれない。
 しかしふと何かの拍子で知りたいと思ったときに、どうにもこうにもなかなかそれを知ることができないことが多いことも、これまた否定できないことなのである。

 ところでお前は宝くじを買うのかって。買いますとも。ただしこれまであまり華々しい結果は残せていない。10万円が1回、それに1万円が何回か当たった程度だ。大当たりは組違いや1桁違いで逃してばかりだ。宝くじに関しては勝負強さを全く発揮できていないのである。




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.