735072 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しげぞーの他人には厳しく

何事も怒りにまかせるとろくな事がないのだ

何事も怒りにまかせるとろくな事がないのだ。 2003年11月2日(日)

 中国人というのはどうもおかしなところがある。西安で起きているデモの話だ。
 大学の文化祭で日本人が卑猥なパフォーマンスを演じ、中国人の反感を買ったことは理解できる。パフォーマンスの中身が報道されている通りだとしたら、当然のことである。
 確かにそのようなことをした日本人留学生は軽率の誹りは免れないだろう。冗談にしても度が過ぎており、抗議されても仕方がない。しかしである。何も関係のない日本人や日本食レストランを襲撃したり、そんな不祥事があったことで、日本人とはそういうものである、日本人は出て行けとシュプレヒコールするなどとは大人げないのもいいところだ。
 極端なことを言ったなら、福岡での一家惨殺事件の犯人が中国人であることが判明したからと言って、中国人はけしからん、中国人は全て犯罪者であるかのような対応を日本人が取っているのかということである。中国人が凄惨な事件を起こしたからといって、事件に全く関係のない中国人まで出て行けとデモを起こしたりするかということである。
 これでは体制に虐げられ、その有り余るパワーを発散するところがないため、何か事があると暴発する傾向にあると言われても仕方があるまい。
 過去の歴史から、日本人に反感を持っている人間が少なくないことは理解している。しかしこんな態度を取っていては、未来永劫和解することは不可能だ。
 中国とはその潜在能力から侮れない国ではあるが、あまりに未成熟な国民が多い印象を受けることも否定できない事実なのである。


 最近、あちこちで不正請求に関して、書いているサイトが見受けられるが、これも気になる。
 『我が儘社長のささやかなストレス発散術』で紹介したものと同等のものだと考えてもらったら良いが、気になるのは、その紹介の仕方が不用意であることだ。例えばこんな感じである。

|Subject: 最終通告書整理番号3885

|先日発送いたしました債権譲渡通知書でお知らせしたアダルトコンテンツ事業者より
|利用料金等の回収を委託されているものです。
|未だ貴殿からの御入金が確認できません。大至急お支払いください。
|御入金いただけない場合は回収班がご自宅、勤務先、ご実家まで伺いますので
|ご了承ください。

|サイト利用料 18000円
|延滞金    5250円
|支払合計  23250円
|最終入金期限 10月20日
|利用サイト ■■■ネット
|振込口座
|■■銀行 ■■支店
|(普)******
|口座名義 ■■■■■
|(株)■■■■
|東京都新宿区新宿■丁目■■
|090********
|担当 ■■

 問題なのは、私が今回■■や***で伏せた場所が全て公開されていることである。何が不用意であるかは勘のいい人ならもうお分かりだろう。
 メールにしろ、葉書にしろ、本当にその会社から送られてきているものかどうかわからないのである。たいていの場合、会社名はデタラメ、架空会社のものではある。
 しかしもしその会社が実在している会社であり、そしてその通知がそことは関係のないところから送られてきていたらどうするのかということまでは想像してはいまい。また実際にそこの関係者から送られてきていたとしても、私どもからそのようなものは送っていないと抗議されたら、どうするつもりかということである。決してあり得ないことではない。
 差出人や送信者を特定することはそう簡単なことではないのである。また業者としては不用意な行動に出た受取人に対し、それを逆手にとることも考えられないことではないのである。
 世の中には色々な種類の人間がいるのである。自分の考える範囲の人間ばかりであるとは限らないのである。怒る気持ちはわからないではないが、勢い余って軽率な行動には出ないことが賢明である。善良な一般市民はこういった問題に関して、慎重すぎるくらい慎重な対応を心がけていれば、怪我はしないものなのである。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.