168291 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

あややの日誌

PR

楽天プロフィール

設定されていません

ランキング市場

お気に入りブログ

携帯電話のお忘れ物… New! 中村晃一さん

フィールズ株主総会 山田真哉さん

【Father's Day Gift… こだわる男の「モノ&ファッション」さん

【アフィリエイトか… 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

6/5(月)に『♪命短… 楽天ブログスタッフさん

コメント新着

 ハナスカ(ろぐおふ)@ Re:Mac Book Pro買った&iphoneアドレス帳全部消した。笑(10/21) データ消去ってやらかすとそのときショッ…
 伊豆の2代目@ Re:あけましておめでとうございます!(01/04) 明けましておめでとうございます。 がん…
 セーゴ@ Re[2]:今日発見したこと!(04/25) あやっぴんぐさん >8doorsさん >まあ…
 あやっぴんぐ@ Re[1]:蛍に感激!!【中伊豆 天城湯ヶ島】(06/15) メイプルさん こんばんは! 素敵な情報…

カテゴリ

ニューストピックス

楽天カード

2008年09月23日
XML
カテゴリ:趣味
何かと話題の闇の子供たちを観ました。


闇の子供たち

衝撃的な中身だけど、見ておいた方が良い。というような触れ込みを
聞いていたので見に行くことにしました。

主人公の新聞記者男性がNGOボランティア女性と協力して、
タイでの幼児人身売買・売買春の実態に迫っていくというストーリー。
2008年8月2日の公開では、7館だけの上映だったが、
その後102館にまで拡大する異例のヒット作になっている。

と、マスコミでも何度か取り上げられています。
途中気分が悪くなったのか何人か席を立った人がいました。
そのまま戻ってこない人も。
観ている層は30代~60代って感じでしょうか。
R12指定だけど高校生もいない大人の雰囲気で劇場は埋め尽くされてました。

まるでノンフィクションのように描かれていますが、フィクションです。
そんなこともあり、バンコク映画祭では上映が中止になりました。
自分はタイに詳しくないのでそれが事実という観点では
見ていなかったです。
映画の状況に自分が置かれたら、どうするだろうとか
どうしてあの人はあの場面であのような行動をとったのか
と、そんなことを思いながら見ていました。

繊細な私(敢えて自分で言っちゃうけど…)は
基本的にはハッピーエンドの映画しか観たくない主義でした。
流行りの、主人公やその周りの人が亡くなることで感動を呼ぼうという
映画すらも好きじゃない。

けど、最近はリアリティがあるものならば
ハッピーエンドじゃなくても、誰かが死ぬと分かっていても
観たり読んだりすることが増えている。
(それでもまだ戦争の話は目を覆ってしまう。
こういうのは時間の問題なんだろうか。)

どうして観ることが出来るようになってきたのか考えてみた。
ハッピーエンドの映画の方が、現実とかけ離れていて
「こんなに上手くいかないんだよー!」
と構成にケチつけたり、不満に思っちゃったり逆に疲れるからかも。

そういう意味でいくと昔は
「未来にはこういうハッピーエンドが待ってるんだ」
って希望を持って観ることが出来ていたのだと思う。
文字にすると、、んー悲しいね、それって…。
今すれちゃってるってことかしら。

ならばリアリティがある映画で真剣に感情移入した方が
自分の気持ちが楽なのかもな、とそんなことを思った。
もう夢を見る年ではないのですね。

だからリアリティ溢れるパンダの映画「パンダフルライフ」とか
見ちゃうんだよな、きっと。。
それなら腹も立たないし、感情移入もないからね。
普通に癒されちゃったりするのだ。

しかしこの映画SR/PG-12(親が同伴してれば12歳以下もOK)
なんですけど、それにしてもあまりに激しい映画だと思う。
命を奪うシーンも、性のシーンもあるし。
R-15でも全く問題がないような。むしろR18にしてもいいくらいかも。









最終更新日  2008年09月25日 00時02分07秒
コメント(4) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.