000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

piano弾きの見る風景…

PR

X

Profile


ayaya!

Calendar

Category

Recent Posts

Freepage List

Archives

June , 2021
May , 2021
April , 2021
March , 2021
February , 2021
January , 2021
December , 2020
November , 2020
October , 2020
September , 2020
May 6, 2008
XML
ここのところ、あまりにも色んなことがあって、ご報告が1週間以上遅れてしまいましたが・・・・。

今年もまたGWに、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭 2008 「シューベルトとウィーン」を堪能してまいりました。

なんと今年は、チケット先行予約ではりきり過ぎたため、連日通うことになり!
もはや東京駅周辺に宿泊した方が良いのでは?状態の、終電で帰宅する毎日の多忙なスケジュールに。
おまけに、日頃、なかなか互いに多忙で会えないお友達たちも、ここぞとばかり、フォーラムで集合できちゃったりで、音楽鑑賞とともに、連夜、飲み会が繰り広げられ!丸の内周辺の美味しい店を毎日ウロウロと。
本当に楽しく過ごせたのでありました。


12736620_237450189.jpg






5月2日



●124:樫本大進(ヴァイオリン)、タチアナ・ヴァシリエヴァ(チェロ)、ミシェル・ダルベルト(ピアノ)
シューベルト:ピアノトリオ2番
公演日:2008/5/2(金)
開演時刻:19:00
会場名:東京国際フォーラム ホールB7



長大なトリオですが、2楽章の切ないメロディがとても印象的でな曲でした。
最初の公演から、「お!これは名演。今季一番かも??」と思わせるような素晴らしい演奏でしたヨ!
シューベルトって、聴くのも弾くのもいかに難しい作曲家なのかを思い知らされた幕開けとなりました。
何しろ、誤魔化せない超絶テクニックが必要だし、美しい歌謡をどう聴かせるかもポイントだし、そして、とりとめもない、さまよいをさまよわずに演奏するのって至難の業。




●145:ナタリー・ゴードフロワ(ソプラノ)、トーマス・バウアー(バリトン)、ポワトゥ=シャラント管弦楽団、ジャン=フランソワ・エッセール(指揮)
シューベルトのオケ版によるリーダー
公演日:2008/5/2(金)
開演時刻:20:15
会場名:東京国際フォーラム ホールC



初めに演奏したのは、オケだけで、シューベルトが晩年に作曲し掛けたという交響曲の
スケッチをベリオが、現代曲的な作風も織り交ぜて完成させた「レンダリング(蘇生)」とかいう曲をやった。
いわゆる古典派というか、シューベルトの普通の曲のように始まる交響曲なのだが、途中で、チェレスタが出てくると、音楽がいきなり、不可思議なことになって、まるでハリーポッターみたいな世界が広がる、全く奇妙な曲。最初、プログラムの解説書読むまで、知らなくって、ビビりました。思わずオケが崩壊したのかと思ってしまった。
その不思議な音楽に30分もかかった。そして、気になってプログラム見返したら、この公演は、45分じゃなくって、75分だった~。
歌手は素晴らしい歌声だったのですが、オケがウルさくて、ちょっと残念!やっぱりシューベルトの歌曲はピアノ版の方が良い!と思ったのでした。



●115:庄司紗矢香(ヴァイオリン)、ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ヤシェク・カスプシク(指揮)
シューベルト:ロンド
ベートーヴェン:皇帝
公演日:2008/5/2(金)
開演時刻:22:15
会場名:東京国際フォーラム ホールA




今度は、デッカ~いホール。ここはやっぱり広すぎる。大きすぎて、オケが豆ツブ状態。
音も飛んでこないし、どんな演奏も、いまいちだなあ。残念ながら・・・。
もうこのホールのチケットは来年から買うまい!しかし、ヴァイオリンもピアノも素晴らしい演奏でした。
ベレゾフスキーの皇帝、速かった~。




5月3日




●255:白井光子(メゾ)、ヘルムート・ヘル(ピアノ)
シューベルト:リーダーたくさん
公演日:2008/5/3(土)
開演時刻:17:00
会場名:東京国際フォーラム ホールD7




こじんまりとした、会場。とっても贅沢な空間!!ちょうどいい大きさ。
白井さんがご登場。 なんと、いきなり、白井さんがご挨拶。
「今日は皆さんにお話しないとならないことがあります。
私は、実は、闘病生活からはもう立ち直って元気にしているのですが、
今回、渡航する前にドイツで風邪を引いてしまい、声が出なくなりました。
こんなことは、人生初めてのことです。今日は、朝、注射を打ってきましたが、
低い音域はでますが、高い音域の声は出ません。でも、とても楽しみにして来日したので
頑張って歌ってみようかと思います。もし、歌えなくなったら、彼(ヘル)がピアノを弾いてくれると言っています。ごめんなさい!」 とのことでした。
そして、ドイツリートが始まった。
たしかに、声が全然出ていなかったのだけど、素晴らしい詩が伝わってきました。
さらに、ヘルの伴奏が、鳥肌ものの素晴らしさ!で感動しました。
ピアノは、蓋全開。そして、声の出ない白井さんの歌。なのに、ものすごくピアニッシモの綺麗な響き。
これぞ、ドイツリートの世界!を繰り広げた演奏でした。
噂には聞いていたのだけど、生でお聴きするのは初めてでしたが、もっと、ドイツ留学中に聴いていれば、
私も歌曲伴奏に対する想いが変わっていたのじゃないかと思うほど、衝撃的な演奏だったのでした。
ヘルに習いたい人があとがたたない理由が分かった。本当に素晴らしい!
今回、これが聴けたことは、私にとってとても幸福なことだった。
ドイツリートは、やっぱりいい!



★18:30~19:30 フィリップ・カサール(ピアノ)のマスタークラス
ガラス棟4階 G402【コンヴィクト】  シューベルトの即興曲142-3



受講生の女性は、細腕ながら、繊細でとてもいい演奏をしていたのだが、
アラブレーベを感じて、常に歌曲のように弾かせることを要求されていました。
細かいレッスンで、呼吸や手の使い方、シューベルトの強弱記号の意味、ペダリング、
様々なことが大変勉強になる充実した公開レッスンとなっていて興味深かったです。
カサールは、お人柄も共感できる、なかなか素敵なピアニストだと思いました。




5月4日  



★14:30~15:30 ジェラール・コセ(ヴィオラ)のマスタークラス
ガラス棟4階 G402【コンヴィクト】  ブラームスのヴィオラ・ソナタ1番



たくさんの聴講生がいて、、、立ち見!!
ブラームスのソナタは、私はクラリネッティストでもヴィオリストでも演奏したことがあったので、興味深く聴きました。
アッパショナータ!これは、アマービレでないんだ~~~!のレッスンでした。



●348:樫本大進(ヴァイオリン)、フランス国立ロワール管弦楽団
メンデルスゾーン:協奏曲
シューベルト:ロザムンデ序曲
公演日:2008/5/4(日)
開演時刻:21:45
会場名:東京国際フォーラム ホールC




樫本さんのメンコンは、ドイツで彼がもっともっとお若い時代に聴かせて頂いたことがあったけど、
それから何年も経ったとは言え、まだまだフレッシュな感じを保った演奏でした。
でも、彼のは、室内楽の方が好きです。










Last updated  May 15, 2008 11:42:59 PM
コメント(0) | コメントを書く


Comments

 背番号のないエース0829@ ベルリンへ(02/27) 映画「風の電話」に、上記の内容について…
 あかね@ Re:マンハイム (2) ~語学学校~(10/11) こんにちは! 通っておられた語学学校の名…
 らやま@ Re:上海に一人旅! なんだ? 自慢話か? 犯された? 良かった…
 乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
 チリチリ@ 次は庭で全裸予定w http://kuri.backblack.net/yvm2-5r/ ち○…
 まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
 まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
 大岩井@ 目覚めたら巨チンってぉぃ あの女ー・・昨日チソコが痛くなるくらい…
 すぱいす@ なんぞコレおもしろ!!!! とりあえずは今月の目標50万かなー? …
 和尚@ ハゲプレイwwwww いやー坊主にして良かったよwwwwww…

Favorite Blog

髪型 コッチネッラさん

人生に大切な4つの… ひでろう33さん

5月18日に記録更新 … Lemon♪さん

Der Nakajistil ブランスウィック中島さん
ユメコずルーム ユメちゃん2106さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News


© Rakuten Group, Inc.