3134775 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ヒーリング・カウンセラー溝口あゆかイギリス便り

PR

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

樹木の声が聞こえる… ミズキの花さん
おはなしパラダイス Topazさん

コメント新着

 高崎麻那美@ Re:問題の根本を見つめる(08/23) あゆかさん 本質にフォーカスした分かり…
 579hdrok@ Re:自分の事実は、自分の解釈(02/28) 471908jgqwvz抓抓转奏诅准v>啄左左9 …
 なおなお@ Re:境界線越え(08/11) はじめまして。 境界線&人間関係で検索し…
 152nhiwl@ Re:無限に豊かに生きるには(02/14) 054802oopxou滓资字自总阻▆4n31棕 大注目…
 717tuhqc@ Re:不安で仕方がないとき(02/06) 197346arutpt综族尊专谞转昨专デy卐1 大…

フリーページ

2008年08月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
皆様! たくさんのコメントありがとうございます! 前回の記事の「架空の地味な女性」に対する反響の大きさと皆さんのコメントを拝読し、ブログをやっていてほんとうに勉強になるなぁと思いました。私も学ばせていただいております。皆さまありがとうございます!!

さて、今回はちょっと違う角度から書きますね。

2冊の新刊にも書きましたが、自分自身の経験とカウンセリングからの経験で、幸せの鍵は、自分が自分をどう見ているか、自分をどれだけ無条件に受け入れ、愛しているかにあると言っても過言じゃないとつくづく思います。

自分が嫌いだと、人生のあらゆることが難しく、複雑になり、苦しくなります。自分に快適さを感じていると、人生はシンプルで、スムースになり、楽チンになります。

で、難しいのは、自分が好きじゃないというとき、その理由が、実際に起きていることから、どうしても正当に見えるからでしょう。例えば、会社で自分一人だけ仕事をいつまでも覚えられなかったら、もちろん「私はダメだ」と誰でも思ってしまうものです。

そして、てきぱきとできる人を見て、「あぁなりたい」、または「あぁならねば」と思うのも当然ですね。周りの人たちのため息が聞こえたりすると、なおさら落ち込み、そこに私が横から口を挟んで、「いいえ、一人だけ仕事が覚えられない自分を受け入れ、愛すると楽になりますよ」といっても、あまり説得力がないかもしれません。

それよりは、仕事ができるコツを覚えて、早く「みんなと同じ」になったほうが、良いように見えるでしょう。もちろん、誰かがコツを教えてくれるのであれば、教えてもらい、その結果、仕事ができるようになって、自分をポジティブに見れるようになれば、それはそれで良いわけです。

癒しや幸せの道順や方法は、人それぞれですから、自分なりの歩み方で良いでしょう。

しかし問題は、いろいろやってもなんだか自分がぜんぜん進歩も変化もしていないと思うとき、苦しみがさらに大きくなってしまうことです。なりたい自分になれず、自己否定が増し、自分の良いところがすっかり見えなくなり、心は苦しいし、生きる意味が見出せない状態になったりするかもしれません。

この状態のとき、方向転換するには、やはりそんな自分を少しづつでも受け入れてあげることなんですね。もちろんこう書きながら、自分の良いところがすっかり見えなくなり、自己否定にはまっている人に一番難しいだろうとは、カウンセリングの経験からよ~~く分っております。

で、ちょっとこことで、毎朝郵便受けに自分宛に二通の手紙が入っていると想像してみてください。

一通は、「あなたは、ほんとうにダメ人間。 まったくなにもできないし、人に迷惑ばかりかけているし、なんのとりえもなくて、誰もあなたのことなんて好きになるはずがない。このままでは、ダメダメ人間で、あなたの一生は惨めに終わるだけ。そんな惨めなあなたなんて生きる価値ないでしょ。もしそれが嫌なら、早くなんとかしなさい!  ~あなたのエゴより~

と書いてあります。(青文字は潜在意識の思い。人によっては意識上にあるでしょう。)

もう一通には、「自分が好きになれなくて、自分を責めていて、あなたが毎日とても苦しんでいるのを私はいつもちゃんと分っていますよ。それだけ苦しくて、混乱していて、大変なのに、毎朝起きるだけでも、素晴らしいことです。あなたが重い心と体を引きずって、それでも一日をどうにか終えていることをとても誇らしく思っています。そして、そんなあなたの姿はとても美しいですよ。この私の愛があなたに届きますように。  ~あなたのハイヤーセルフより~

最初の手紙は、私たちの批判の声(エゴの声)です。こうやって文字にするととてもひどい感じがしませんか? しかし、実際は、もっとひどい言葉を私たちは自分に浴びせています。(意識レベルでも潜在意識レベルでも)

そして、もう一通は、あなたのなかの宇宙の愛とつながっている部分(ハイヤーセルフ)の声です。宇宙の愛は、「無条件」の愛ですから、あなたが何をしているとか、どれだけできているとかまったく関係なく、あなたを受け入れ、愛してくれています。(万が一これを読んでいるあなたが、朝起きられなくても、もちろん同じように愛されていますよん。)

この二通の手紙のどちらを受け取るかは、私たち次第です。そして、もちろんハイヤーセルフの声を聞き入れれば、入れるほど、私たちは自分に優しく、ポジティブな存在として思えるようになっていきますね。

ですから、毎日ハイヤーセルフの手紙だけ受け取り、エゴからの手紙は、「あぁそう。ふ~ん。でも、あなたは私を幸せな場所に連れて行ってくれないのよね」と横に置いて、忘れてしまえば良いのですが、そこが前回にも書きましたように一番難しいことでもあります。

なにしろエゴの声は、非常に巧妙です。あなたがハイヤーセルフからの手紙を読んでいる最中にも「そんなダメな自分を受け入れるなんて、ありえないでしょ」「それぐらいできて人間として当然じゃない。それを褒めるなんて、おかしいわよ」などと大きな声で邪魔してくるでしょう。

しかし、一日一回でもハイヤーセルフの手紙を思い出すことができて、一瞬でも自分たいして優しさを抱ければ、そこから変化への道が開けます。

さて、私は自分にそんなに厳しくないわという方も、さらに自分をポジティブに見て、愛を注いでいけば、その分またさらに人生が楽にスムースになっていきますよ。

でも、でも、いくら自分が自分をポジティブに見ても、周りが許さないかも、回りが私を惨めな人って見るかも、という方、次回にそのへんを書くつもりです。(予定は、未定。ここがブログの良いところ。へへ。)ハート(手書き)


★昨年のロンドンカウンセリングコース卒業生によるワークショップがあります。






最終更新日  2008年08月09日 20時12分34秒
コメント(22) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.