316851 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おやすみどころ あぜみち

PR

全267件 (267件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

大潟村物好きおやぢのたんぼ

2019年12月04日
XML
​昨夕から雪模様。
わが村、まだ積もるほどにはなっていないが。

先日、籾摺り機モミガラ排出筒の直角管からモミガラが噴き出した。
モミガラによる摩耗で小穴が開いてから、ブリキ板を荷造りテープで貼り付けて応急対応を続けていた。
大穴になってしまい、その措置も不可能になってしまった。

直角曲がり管を交換するついでに、その他の摩耗も点検した。


籾摺りロール直下の衝撃受け止め板もかなり摩耗していた。
今日、部品が揃ったので工事開始。

カバーとロール駆動部分を外し、板を外しにかかった。
どこも固定されてはいないが、外れない。
エイッと引っ張ったら外れたが、挿入されていた部分の先端が曲がっている。

新しい部品を壊してはならないので、ここで作業休止。
整備士さんに「先端を軽く曲げて挿入し、中に入れてから曲がりを戻す」と教えてもらった。
寒いので、この作業は明日。






最終更新日  2020年01月06日 08時00分17秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年11月07日
​一昨日の故障時、予備機を使った。
順調に作業が進むはずだったが、30分作動した時点で玄米が詰まってしまった。
選別網が回っていない。

作業停滞したくないから、原因が明らかで修復見通しが立つ機体を直すことに。
廃品から部品移植して事なきを得たのは昨日記載した。

予備機の故障を放置はできない。
ということで、疑わしいところを分解。
モータ‐からのベルトがかかるプーリーが空転している。
テンションプーリーのベアリングがシブシブか?
いや、なんともない。


分解したら、キーの角が摩耗しプーリーも削られてしまっている(左)。
バネで圧着しているから、30分は稼働したんだ。

昨日修理した機体の部品から、プーリーとキーを外してみた(右)。
損傷なし。
これを組み込んで、作動復旧。
いつでも出動可能な待機状態に。






最終更新日  2019年11月07日 16時26分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年11月06日
​籾摺り終盤。

昨日の昼頃、選別機からカラカラ音がしていた。
動力伝達部分の覆いを外してみたら、変速円盤が斜めになっていた。


伝達部円板の、ゴムとこすれた円周が黒くなっている。
軸が瘦せて、円板の内径がガクガクになってしまったからだ。

某所に同型の廃品があるのを思い出し、その部分を外しに行った。
軸も円板も摩耗少ない状態で、ニヤニヤしながら取り外し。

組み込んだら、しっかり動くではないか。
またしばらく使えそう。​






最終更新日  2019年11月06日 16時53分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月30日
​​秋田県種苗交換会開幕。
今年は大館市開催。
水稲新品種候補「秋系821」の試食をしたい。

主会場の「うまい米づくり」区画で試食があった。
10時20分に着いたら10時の試食は完食にて終了。
県農業試験場職員に米作り相談をしながら11時まで待った。


粒はしっかりしているが、柔らかな食感。
ほんのりとでんぷん質の甘みが漂う。
うまい米だな。

毎日食べているわが家の「あきたこまち」も負けず劣らず美味いんだよな。

新品種として登録されたら、販売戦略が重要だな。
全国で新しい品種がドンドン出ているし、みな美味なんだから。






最終更新日  2019年10月30日 16時59分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月23日
​​風も弱くポカポカ。
10月末なのに、こんな穏やかな天候が続くのは珍しい。

終日、モミガラを田んぼに返す作業。
風が弱いのでモミガラが飛散せず、楽に作業ができた。


フォークリフトの冷却水漏れを発見。
30年以上前に中古で買ったから、かなり古い機体だ。
交換部品なんかは無いだろうし、少ない出費で済ませたい。

水漏れ補修剤を入れよとの助言をもらった。
「1本ではなく2本だよ」と念を押された。

言われた通り充填し、冷却水が循環するようしばらくエンジンをかけておいた。
効果がありますように。






最終更新日  2019年10月23日 16時59分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月22日
​​穏やかな日が続いている。
豆刈り!

豆刈り機を引きずり出して、点検。
搬送チェーン周りも掃除し、エンジンオイルも交換した。
始動ロープを引くが、エンジンかからない。

プラグの火花は飛ぶ。
キャブレターの掃除だな。
それでも始動しない。

数年前に交換したばかりのプラグ だが火花が不安定なのかもと疑い、型式違いの古いモノと交換してみた。
一発でかかってしまった。


農協農機課で新品を調達。
交換部品を常備してくれている、ありがたいところだ。






最終更新日  2019年10月22日 12時32分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月04日
温帯低気圧の影響で、荒れた天気になるとの予報。
稲刈りは休みだ。

午前は陽が射していた。
しかも蒸し暑い。
稲刈りが出来そうな天候ではないか。
とはいえ、必ず雨が降る。


稲刈り跡でオモダカ取りをしよう。
稲刈り後3日ほどすると、ワラを押しのけてオモダカの茎が立ち上がってくる。

今なら、まだ球根が肥大してはいない。
これを取れば、来年の草取りが楽になるはず。


昼頃から大粒の雨が降ってきた。









最終更新日  2019年10月04日 17時00分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月28日
​稲刈り真っ最中。
晴天が続いているので、田んぼがポンポン。
コンバインの足回りには一切泥が付いていない。


籾摺り中にモミガラの飛散が多くなった。
何でだろ、と覗いてみた。

モミガラ分離器の金網に穴が開いていた。
15年ほど使いっぱなしなので、当然か。

替え網が届いたので、さっそく交換。
これでまた、しばらく使えそう。​






最終更新日  2019年09月28日 17時08分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月21日
​​晴天続き、稲刈り順調。

明日からは台風17号の影響がありそう。
軽微でありますように。


新しいコンバイン絶好調。
エンジンの力もあるし、モミの選別も良好。
燃費も良いみたい。

ハンドルに付いたモニターが、直射日光下で見づらいのが難点。
紙で遮光してみた。
なかなか良い。
光の透過を減らすよう黒い荷造りテープを貼ったら、なお良い。







最終更新日  2019年09月21日 18時07分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月17日
​​連日晴天。

今日から、早生のもち米の刈り取り開始。


コンバイン、新車。
16年使った機体を更新。

エンジン出力11馬力向上。
各種センサーも装備。
排気浄化のアドブルー噴射システムも搭載されている。

注油、注脂をしっかりやるぞ。
掃除も怠らず、大事に長く使う。








最終更新日  2019年09月17日 17時27分15秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全267件 (267件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.