053581 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

昨日より春

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


あ ず き

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

あ ず き@ どういたしましてー そうだ、精進しないとね。 精進具合を確…
もちもち@ 東京プランありがとー あれはまさに女子のための部屋だったよねw…
あ ず き@ ただいまです! 無事帰国しました! 応援ありがとうござい…
niu@ 通の選択 初の海外がブダペスト、しかも一人とは! …
さんま@ いってらっしゃい 書いていることからは同じ教養学部生とは…

フリーページ

ニューストピックス

2010年02月02日
XML
カテゴリ:日記
ご無沙汰しております。

去る1月18日、無事卒論を提出しました。うちの学科は発表会も口頭試問もないので、晴れて自由の身です。卒論以外の単位は取り終わってます。

指導教官にはとても恵まれました。私なんてかなり不肖の弟子だろうに、メールで「あずきさんのように熱心で問題意識の明確な学生さんはありがたいです。かなり面白い論文に仕上がりましたね」とお言葉を頂いて、ありがたすぎて読み返すことができないくらいだった。まあ「素晴らしい」とか「出来がいい」でなく、「面白い」論文っていうのが私の評価なんだろうなあとは思いますが。

が。

なぜか卒論提出の翌日に38度5分の熱を出してしまい、新型インフルに違いないと思って関係各所に移したらすみませんメールを作成して送るばっかりにしてたのに医者に行ったら陰性で、そのくせ2週間というもの風邪の諸症状が治まらない、というある意味新型インフルより厄介な目にあっておりました。

ただの風邪が3日以上続いたことなんて今までの人生でなかったのに。体力落ちてるのかなあ。

2月2日現在は大体落ち着いておりますが、若干のどが乾燥している感じがする。

卒論提出の翌日に発熱したことについては、「気が抜けた」というのが一般的な解釈ですが、そもそもそんな気を張ってたわけでもないっていう・・・単位が取れて、自分の探究心を満たせればいい=学術論文としての質は問わない というスタンスで書いていたので時間的余裕もわりとあったし。

ともあれ、明日からブタペストとウィーンに行きます。1人で。ちなみに私はこの歳にして未だ日本を出たことがない。

初海外なのに1人で、全くかじったこともないマジャール語圏とドイツ語圏(ドイツ語は、Cres君のおかげで一応「イッヒ リーベ 赤間」だけ分かる)に、病み上がりで行くのはどうかと思いますが、なんとかなるんじゃないかなあと思い予約してみた。

国内旅行はわりと1人で(卒論の取材とか必要に迫られての場合もあるけど)するし、なんだかんだいって首都だから英語通じるだろうし、かかりつけのお医者さんには「2月2日には治る」と予告されたし(実際今日は調子いい)。

と思いきや、ウィーンは基本的に英語OKだけどブダペストはエリアによるそうです。ぽん。せめてウィーンを先にすればよかったのかな。

・・・マジャール語の日常会話だけはメモして行きます。

両国とも治安は良いが、スリは多い。特に旅行者は狙われやすい。

まあ、上京した頃も電車乗るたび「東京だからスリに気をつけなきゃ」と思ってたけど4年間というものスリに遭遇した事ないし。あ、でも警戒体制はしきます。


そもそもなぜブダペストとウィーンかというと、全て『エリザベート』の影響。

エリザベート、というのはオーストリア帝国最後から2番目(実質的には最後)の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の妃で、当時「ヨーロッパ1の美女」と評されたほどの美貌の持ち主。帝国内の少数民族とか、反体制の人々が皇后の美しさに魅了されて穏健化したというくらいだから相当。

中二の時、選択音楽の授業で宝塚雪組のミュージカル『エリザベート』を見てすごく感銘を受けてしまって。

ミュージカルの『エリザベート』は、エリザベートは生涯死の帝王と恋愛関係にあった、という設定を加えてその一生を描いたものなんだけど、ストーリーも音楽もとても素敵で、それまでは「宝塚=ケバい」みたいな印象だったのが、一気に宝塚も好きになってしまった。

で、中三のときに中日劇場に来ていた東宝版を見に行って、高一で宝塚大劇場に行って花組の『エリザベート』を見て・・・としつこく見ておりました。

東宝公演ライブ版CDも持ってるのでセリフも歌もほとんど覚えてます。

で、そのエリザベートゆかりの地であるオーストリアとハンガリー(エリザベートはハンガリーがすごく好きで、ハンガリーを独立させてオーストリア=ハンガリー二重帝国の実現にも一役買っている)に行ってみよう、と。

中学生の頃は堅苦しい宮廷に反発して自由を求め、幾多の悲劇を乗り越えて生きる(今思うと乗り越えられてない)エリザベートに素直な憧れを抱いていたけど、今少し冷静に見れば、実際の彼女は皇后の務めをろくに果たさない一方で自分の美の追求のために帝国の財を費やすことをいとわない、聡明なわりに自分勝手な人物なのでは、という認識。でもやっぱり魅力的。

ホーフブルクとかシェーンブルン宮殿とかブダ王宮とか行ってきます。






最終更新日  2010年02月02日 22時29分22秒
コメント(3) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


いってらっしゃい   さんま さん
書いていることからは同じ教養学部生とは到底思えない。いいなー、旅にいきたいなー。
おみやげ話を待ってます。 (2010年02月05日 08時38分00秒)

通の選択   niu さん
初の海外がブダペスト、しかも一人とは!
かなり冷え込むだろうから気をつけてね。(このコメント読む頃には帰国してるかな?)

シシィの美容器具コレクションは面白いですよね。そこまでしなくても十分美人過ぎるだろう!みたいな。 (2010年02月08日 23時20分09秒)

ただいまです!   あ ず き さん
無事帰国しました! 応援ありがとうございました!

>さんまさん
ほんと、同じ学部なのに理系のみなさんは大変ですね。頭が下がります。お疲れ様です。

>niuさん
さむかったです・・・靴下に貼るカイロで乗り切りました。

niuお姉さまも化粧品に造詣が深いですが、化粧品とか一切使わなくても美人なのに・・・と思っております。美人ほど美にこだわる、とか。 (2010年02月12日 01時31分54秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.