000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ぷらいべーと・たいむ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


azumino49

Calendar

Category

Comments

iroiroarimashita@ Re:1年(04/05) わたし看護師でしたの。 共通点ありますね…
iroiroarimashita@ Re:Red君の行方(12/13) ブログ閉鎖されていますね。 心配ですね。…
iroiroarimashita@ Re:勤労感謝の日(11/27) ここでブログはおしまいですか。 続きがど…

Archives

September , 2018
August , 2018
July , 2018
June , 2018
May , 2018

Freepage List

Favorite Blog

ちょっと お散歩 ノリタマ6983さん
漬けものな日々・・… futan2005さん
April 17, 2010
XML
というわけで先回の続きです。

(勝手に)RED君ものがたり~


RED君25歳の頃。
エホバの証人という組織で奉仕の僕なんつーのをやっています。
・・・彼が奉仕の僕なんてかなりうさんくさかったことでしょう。
(まぁ今でもうさんくさいことには何ら変わりはありません。)

RED君はその頃からJWの教えを本当に信じているわけではありませんでした。
ただ母親を裏切るような行為ができなかっただけでしょう。

しかし齢は既に25歳。
高卒にてファミレスのバイトをしながら奉仕(JWの布教活動)に取り組んでいるRED君
その日暮らしの生活でお金がありません。
高校生の頃、両親が離婚した影響もあってお金には大変苦労している長男RED君。
何より将来が不安です。

マズローの理論にあてはめると、
基本的欲求の第二段階である
安全の欲求の欠乏状態(経済的安定性の欠乏状態)にあります。

そこでRED君はJWなんて辞めて普通に働きたいと思いはじめます。

RED君はJW現役の母親と同居していますが
母親はもちろん彼がJWを辞めることを決して許しません。
布教活動に割く時間を少なくして、普通の会社に就職することさえも許しません。
こうなったら家を出るしかないのですが
現状ではRED君には貯金もなく、家を出るにも他に住居を借りることができません。
居候させてくれるような友人もいません。
一般人の彼女はいたようですが
その彼女のもとに転がりこむのは男としての矜持が許さなかったようです。

そこでRED君一発奮起。
前々から計画していたことを実行に移します。

書置きを残し突然家出、パチンコ屋の住み込みバイトを始めます。
住み込みで働ければ家を出ても住居と生活費は何とかなります。
JWも当然やめるという結果になります。
自然消滅というか突然消滅です。まわりもびっくりです。

そして彼はとにかく働きます。ある程度の貯金もできます。

とりあえずマズローの欲求の第二段階である
安全(経済的安定性)の欲求は満たされるようになりました。

しかし・・・

寮での一人暮らし。
コミュニケーションも苦手とするRED君、
周囲の同僚との関係もうまくいかず、彼女とも別れ、ひどい孤独感に苛まれます。

マズローの理論でいうと欲求の第三段階である所属と愛の欲求が欠乏状態です。

経済的には自立をはたせても
彼の孤独は埋まらず将来に対し何の希望ももてず鬱状態になります。

そんな頃、彼はネットにて元JW系のサイトと出会い某メーリングリストに入会します。
・・・今から約7、8年前のことです。
当時の彼をリアルに知っているという方は
ほとんどがこんなブログみておられないのではないかと思いますが

当時の彼がメーリングリストに綴るメールは
「友達がいない。生きていても仕方がない。死にたい。」
など、どうしようもなく鬱々ネガティブまっしぐらでした。

そんな頃、RED君はそのメーリングリストで主催した某オフ会にひょっこり参加、
そこで現在の嫁に出会います。(・・・私のことですね。)

出会い目的か!と突っ込まれそうですが、まぁまぁ。
お互いそういうつもりはなかったのですが妙にタイミングがあったというかなんというか。

RED君にとっては最初にして最後となるオフ会参加だったので
(RED君は元JW系のオフ会自体は好きではないらしい)
あのときお互いが出会わなければ今とは違った人生でしょうから
出会いとは不思議なもんだと思います。

この出会いは私にとっても彼にとっても大きな転機となりました。

ここからの恋愛~結婚へのあれこれについては
私の以前からのブログに恥ずかしげもなく書き連ねておりますので省略。

まぁとにもかくにも
マズローの基本的欲求の第三段階
所属と愛の欲求が満たされるようになります。

以前の私のブログにも書いていますが
結婚すると決めた際、お互いの仕事についてはいろいろと話し合いました。

私の両親も彼の母親も
RED君がパチンコ店の仕事を続けるなら勘当すると言っていたからです。
そして私は以前から抱いていた夢
…作業療法士になるべく学校に行きたいという思いもあったからです。

私が仕事に対する想いを語り、作業療法の学校に行きたいと言ったとき
RED君は応援してはくれたものの・・・こんなことをいいました。

「俺は仕事なんて金が稼げれば死体運びだってなんだっていいんだ」と。

私とはまったく異なる考えをもっていたRED君。

私は昔から
おそらくは中学、高校時代から仕事というものにやりがいを求めていました。
仕事=金銭だけではなく、自己実現の手段として捉えていました。

そして就職氷河期といわれる時代だったとはいえ、
大学在学中に将来どういう自分になりたいか、その中でどういう仕事をしたいかを考え
気になった会社の説明会に出向き、その内の何社かの面接を受け、
その中でよりよいと思える企業に就職できました。
・・・私は今までいかに恵まれた立場にいたのか、と痛感しました。

RED君の「仕事なんかなんだっていい」という考えは
家庭環境の影響や彼自身がJWを抜けるのが遅かったということもあり
食うことだけでせいいっぱいの中、
自分のやりたいことや人生についてじっくり考える余裕がなかったからなんだろうと。


結局、RED君は結婚・引越ししてからもパチンコ店の仕事を続けることに決めます。

しかしRED君にとって新しい環境はなかなかなじめなかったようです。
自分より10歳以上年下で
人として人に対する敬意ももろくに払えないような器の人物が
自分の上司として偉そうにしてる会社。
いじめのような扱いをうけることもあり周囲からなかなか認められず苦労します。

マズローの基本的欲求の第4段階、承認(尊重)の欲求の欠乏状態です。

基本的にはいつも穏やかなRED君ですが、あの頃はつらかったことでしょう
・・・飲んで荒れて帰ってくる日もありました。

はやく昇進したい。認められたい。
その思いの強いRED君。
・・・だからこそよけいに角が立ってしまい
周囲と反目してしまう部分もあったのではないかと思いますが
とにもかくにも仕事にうちこみます。

そうして徐々に昇進し、少しずつ周囲の理解も得られるようになっていきます。
しかし同時にパチンコ業界というものに対して嫌気がさしたりもしていたようです。

そんなころRED君は前からちょくちょくやっていた株式投資に本腰を入れてとりくみはじめ
いろいろな考えをもつ投資家やトレーダーと交流しはじめます。
本もたくさん読むようになります。

RED君の世界や価値観が大きく広がりはじめます。

そしてお互い切磋琢磨しあえるデイトレード仲間に出会い
トレードを通して自分自身に自信をもてるようになり

そうして
マズローの基本的欲求の第5番目・・・自己実現の欲求が出現するようになります。

「トレードで生計をたてたい。トレードと向き合いたい。生涯の仕事にしたい」と。


彼は今、専業トレーダーとして成功するべく努力しています。




人は・・・願えばなりたい自分に変われると思う。

JWを抜けてパチンコ店の寮の6畳一間の部屋にこもり
死にたい死にたいと願っていた日から

扉を開け

いろんな人や物や価値観と出会い

一歩ずつ世界が広がり一段一段段階をへて。

・・・死にたいと思っているところから
いきなり自己実現の段階へこれたわけではない。

ひとつひとつ段階を踏んで、山をこえて今がある。

山を登っているときは何の変化にも気づかないかもしれない。

でも振り返ってみたとき

思えば遠くへきたもんだと。


ほっこりと笑える。



自分のことはさておき
勝手にRED君について語ってきましたが
(一応相方さんには了承とっています。何書くか詳しくは話していませんでしたが)

べつに社会で大成功したわけでも有名になったわけでもなんでもないですが
JWの離脱後の社会参加に関する・・・数あるモデルケースのひとつとして
何らかの参考になればいいなと思います。

そんなRED君のトレード日記はこちら↓(一応紹介)

http://d.hatena.ne.jp/redsnows/






Last updated  April 17, 2010 11:02:11 AM
コメント(10) | コメントを書く
[JWとか神とか宗教とか。] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


写真   azusa さん
株とかよくわからんのだけど夕食の写真が興味引いた
“主婦やってるじゃ~ん”ってスクロールしてったら・・・
主夫だったんだね(笑) (April 17, 2010 02:58:32 PM)

ご無沙汰してます(^^)   まいける さん
夫婦そろってやりたいことを見つけてそれを実行してる。素晴らしいことだと思いますよ(^^) JW辞めた人がこうやって幸せに生きてる様子をみるのが一番うれしいです。

僕の場合はまた自己実現の欲求が満たされてない気がします。本当に自分がやりたいことをやらないとこれは難しいのでしょうね・・・。 (April 17, 2010 06:50:12 PM)

Re:JW離脱後の社会参加の一事例(マズローの欲求段階説をもとに)(04/17)   ノリタマ6983 さん
自分のやりたい事を実現できるって、幸せですね。
うらやましいです^^ (April 17, 2010 08:09:16 PM)

Re:写真(04/17)   azumino49 さん
>azusaさん
そうやねん。
最近では何曜日にどこの何が安い!とか逐一ご報告してくれまするよ。
主夫まっしぐらに染まってくれたのでこちとらほくそ笑んでます。

ま~仕事から疲れて帰ってきた後に
ご飯作らなくていいってのはほんっとありがたいことですね。

今までは晩飯作る前に何か食べなきゃ作れないってかんじやったけど
今じゃ晩飯を楽しみに仕事をがんばるって状態。
・・おかげさまでぐうたら主婦、いや副婦?
楽させてもらってますですよ。
(April 18, 2010 12:39:54 PM)

Re:ご無沙汰してます(^^)(04/17)   azumino49 さん
>まいけるさん

どうも~お久しぶりです~。
コメントありがとうございます。

自己実現・・・難しいですよね。

私たちには子どもがいないから
お互いに好きなことができてきたって面もありますが
・・・今度はそろそろ子どももほしいとか
欲や望みをいえばきりがないです。

やりたいことを仕事にしたつもりでも
それはそれでうまくいかず悩むことも多いですし。

まぁすべてが描いたようにうまくいくわけではないけど
いつもどっかこっかに満足や楽しみをみつけていけたらいいなと思いますです。 (April 18, 2010 12:44:58 PM)

Re[1]:JW離脱後の社会参加の一事例(マズローの欲求段階説をもとに)(04/17)   azumino49 さん
>ノリタマさん

どうも~こんにちは。毎度ありがとうございます。

まぁ仕事してるときはそんな感じませんが、
やりたいことできてるってのは幸せなことなんでしょうね。

元JW・現役・一般問わず
本当にやりたいことを仕事にできている人って
世の中でほんの一握りなんじゃないかなと思います。

やりたいことが見えなかったり
やりたいことを仕事にするには経済的なことや
家庭の問題で難しかったり
やりたいことを仕事にしたつもりでも
実際は思っていたこと少し違っていたり、
自分には向いていないって思う場合もありますしね。

幸せの形ってひとそれぞれだから
自己実現を求めるのも生き方のひとつだけど
できる仕事の枠の範囲内で楽しみをみつけたり
趣味とか違うところに楽しみを求めたり
そういう幸せもあるのかなと思いますです。 (April 18, 2010 12:51:52 PM)

いちご   azusa さん
相方さんお目にかかったことあるけど、いきなりブログの方にコメントするの悪いかと思ったので伝えといて!!

中川家もいちごを牛乳の中に入れて潰して食べる
母の実家も(市内)同じ
コンデンスミルクの存在は小学校高学年ぐらいで、わざわざ砂糖と牛乳混ぜ混ぜしなくていいじゃんって衝撃だった
(April 30, 2010 09:02:22 PM)

Re:いちご(04/17)   azumino49 さん
>azusaさん
コメントありがと~
相方さんのブログは株かFXやってないとちょいコメントしづらいかもね。
たしかに伝えましたよん。

「あー、あの二人で一升瓶あけた子ね」なぞと言われてしまいました。
今度はお互いもうちっとかわいらし~く飲みましょか(たぶん無理)

あの食べ方はローカルってわけじゃなかったんですね。
・・・ちなみにうちん家ではいちごはそのまま派でした。
いちごは高級品であるだけでもすごい。
コンデンスミルクなんてもんはさらなるお金持ちがつけるものだと思っていました。
頂き物のショートケーキのいちごはいつも父親に奪われておりました>< (May 1, 2010 12:04:21 PM)

Re:JW離脱後の社会参加の一事例(マズローの欲求段階説をもとに)(04/17)   iroiroarimashita さん
なんでRED君のブログが削除されているんですかね。
現役エホバの証人1世です。中学校1年生から研究を始め、看護師をしていましたが、23歳でバプテスマを受けました。
今50代のおばちゃんで、両親もエホバの証人になりました。
「ブログでの運命的な出会い」というブログを書いていますので、見にきてくださいね。
下手に株やFXに手を出すと大損するので、ご注意を。。。
甘い話しには罠がある。地道に働くのが、一番ですわ。(*^_^*) (April 26, 2015 11:52:54 PM)

Re:JW離脱後の社会参加の一事例(マズローの欲求段階説をもとに)(04/17)   iroiroarimashita さん
エホバへの全幅の信頼があれば、大丈夫なのに、もったいないですわね、本当に。。。
聖霊の実を培っていなかったんですね。
形だけのエホバの証人だったんですね。 (April 26, 2015 11:56:21 PM)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.