000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ぷらいべーと・たいむ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


azumino49

Calendar

Category

Comments

iroiroarimashita@ Re:1年(04/05) わたし看護師でしたの。 共通点ありますね…
iroiroarimashita@ Re:Red君の行方(12/13) ブログ閉鎖されていますね。 心配ですね。…
iroiroarimashita@ Re:勤労感謝の日(11/27) ここでブログはおしまいですか。 続きがど…

Archives

September , 2018
August , 2018
July , 2018
June , 2018
May , 2018

Freepage List

Favorite Blog

ちょっと お散歩 ノリタマ6983さん
漬けものな日々・・… futan2005さん

全4件 (4件中 1-4件目)

1

映画・本・いろいろ。

November 17, 2009
XML
めちゃ久々の更新。

でもって観劇日記。
せっかく来てくださったのにお芝居に興味のない方はごめんなさい。

先日、劇団☆新感線の舞台「蛮幽鬼」を観に行ってきました。

メインキャストは・・・
主人公の伊達土門に上川隆也さん。
その復讐を助ける謎の男が堺雅人さん。
土門のかつての婚約者で今は大王の后となっているのが稲森いずみさん。
その彼女を心から慕い護衛する役に早乙女太一さん。

などなど豪華客演陣の顔ぶれ。

そして脇を固め楽しませてくれるのが高田聖子に粟根まこと、橋本じゅんさんなど
安定感のあるいつもの新感線メンバー。今回は古田新太がいないのがちょい寂しいかな。


感想(そんなにネタバレはないつもり)

まず今回の主役。上川隆也さん。
復讐にとりつかれた男、伊達土門を熱演。
彼が放つ気品とオーラ。凄みのある目力。迫力のある殺陣。立ち姿の美しさ。
この方はTVもいいけどやっぱ舞台で観たい!っていつも思う。
大好きな役者さんです。

対する堺雅人さん。
微笑みながら躊躇なく人を殺していく笑顔の殺し屋を好演。
この方も私の大好きな役者さん。
今回は上川さんと早乙女さんに囲まれ
どうしても比べられてしまうせいでちょっと可哀相というか
…彼の殺陣が見劣りしてしまうのは否めないんだけど、
それをカバーするくらい上手いんだな。とろけるような笑顔。その奥の悲哀と空虚。
TV(大河ドラマ)でいえば、「新撰組」で演じた山南敬助や「篤姫」で演じた徳川家定でも思ったけど、彼が演じる役は余人に変えがたい。
そして今回も。あの役ができるのは堺さんしかいないと思う。

んで早乙女太一さん。
早乙女さんははじめて舞台でみたけど、やっぱなんといってもさすがに殺陣が美しい。
もう見惚れてしまう。まさに剣の舞。間近で観て鳥肌がたった。
殺陣でこんなにも感動したのは久しぶりかも。
弱冠18歳。そのうちもっともっと磨かれてオーラーを放つようになるのかな。
今後の成長に期待です。

最後に稲森いずみさん。
正直そんなに期待してなかったというか、舞台だけど大丈夫?くらいに思っていたけど
思ったよりよかったというか、凛とした美しい女優さんですわ。


ストーリーは・・・
架空の古代国家を舞台に繰り広げられるデュマの「モンテ・クリスト伯」をモチーフにした復讐劇。
真面目で善良な人が裏切りに遭い、復讐の鬼と化してしまい・・・という・・・
こう書くとドロドロとしたストーリーのようだけど、笑いもたくさんあり、美しい殺陣もあり、魅力・見所たっぷり。
最期もほとんど皆が死んでしまう重く哀しい話なのですが、一筋の希望もあり、
見終った後はなんかやたらにスカっ!!!!!としているという・・・

これが演劇のカタルシスってやつかー!

ってかんじの。

物語は簡単明瞭。オチもまぁ読める。
演出家・いのうえひでのり×脚本家・中島かずきがタッグを組んだ王道のエンターテイメント。

まぁ観る人によって感じ方は様々なんでしょうが、
私は見終った後に、心から「面白かったーーーー!!!」といえる芝居でした。

この芝居を作り上げてきた皆様ありがとう!!!!!!!って心から感謝できる芝居でした。

もう「よかった」という簡単な言葉でしか書けないんだけど、ほんと最高でした。
いやー、生きててよかった。

帰りの車の中で
ずっと「よかった」「よかった」を連発していました。
いっしょに巻き込んで連れて行った相方さんも満足してくれたようでよかった。

というわけで久々にアップしたブログですが
興味のない人にはまったく興味ないだろう芝居ネタになってしまいました。

まだ大阪では公演中。当日券もあるようです。

http://www.banyuki.com/






Last updated  November 17, 2009 11:40:58 PM
コメント(4) | コメントを書く
March 1, 2005
なんやかんやいっても、最近本は読んでるほうなのかなぁ。
もっともっと読みたい本はあるんだけどねぇ。



―村上春樹 『神の子どもたちはみな踊る』―

6つの話による短編集です。
こないだ元同僚の家に遊びにいくとき、電車の中で読んだもの。
5時間弱の鈍行列車の旅の間に、一冊読了しちゃいました。


途中で何度も泣きそうになちゃった。特に表題作で。
・・・なんかわけもなく泣きたくなるみたいな・・・

言葉が心の中にすぅ~っと溶け込むように入ってきちゃったんだろうなぁ。



―江國 香織 『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』―


こちらも短編集。帰りの電車の中で読み、これも電車の中で読了。
駅のキオスクでは、この小説くらいしか目にとまるものがなかったからねぇ。
江國さんの作品ってあまり読んだことなかったんだけど。
読んでみようと気になってる本はいろいろあったんだけどねぇ。
最近でいえば「東京タワー」とか。どうなんでしょう。

電車の中で読むには、やっぱ短編集がいいなぁということに気づいた。
まぁ、普段電車には乗らないんだけど。

家に帰り着いたら、あたたかくておいしぃ~食事を用意したいと、
読みながら、なぜかそんなことを思ってしまった。
・・・とはいっても、ショクブン(食材を家まで届けてくれるサービス)
とってるから、メニューはもう既に決まってるんですけどね。。。

読む場所、状況によって、抱く感想は変わってしまうものかもしれない。


―川島隆太 『脳を鍛える大人の計算ドリル 単純計算60日』―

相方が記憶力が悪いとかいろいろいって気にしてたから、
その改善に・・・なるかどうか分からんが・・・、
巷ではやってるらしいこの本を買ってみたりして・・・。

以前、この携帯版(計算・音読の両方が凝縮されている)
を買ったところ、相方に好評だったんで、
今度は大判サイズの計算ドリルを買ってみました。

私もやってみようかなぁと。頭の刺激にはなりますねぇ。




―斎藤孝 『声に出して読みたい日本語』―

今や、3巻まで出ているですね。とりあえず1巻。
カテキョの授業にも使いたいんですけどねぇ。
やること多すぎて使えないかな・・・。

声に出して読むことって、子どもの発達において重要だと思うんだわさ。
まぁ大人でも。


―モブ・ノリオ 『介護入門』―

去年の芥川賞受賞作品。
どんなものかいなぁ・・・と気にはなっていたんだけどそのままで。

・・・で、いきなり出たんですよ。この前受験した学校の、国語の試験問題に。
びっくりこきました。今までの過去問をみると、夏目漱石だの、三島由紀夫だの
小説問題は、ちょっと時代を経た純文学ってかんじだったから、
そういう問題しか予期してこなかったのに、
うぉ、なぜにいきなりこんな新しい作品がぁ~!と。

でも、ほんの一部分ではあるけど、
試験中読んでるうちに、おもしろそうだと思って、後で買ってみました。
ハードカバーの表紙には葉っぱがっ。後でなるほどね、と。

小説というよりエッセー、どっかのブログを気軽に読む感覚で読める、
作者の言いたいこと爆発じゃぁ!ってかんじの、脳内麻薬出まくりテンションの高い作品

・・・ってな印象。

語り口が嫌いな人もいるかもしれないけど、私は好きかも。

***********

そういえば私は、国語の試験問題で引用されている文章から
小説・作家を知り、それを機に読み出すということが多かった。

吉本ばななも、センター試験(だった記憶・・・)の過去問に
『TUGUMI』という小説の一部分が出題されていて、
高校の時にその問題を学校で解かされて、
それで気になって、少ないこづかいの中でその本を買い、
その後、彼女の作品をいろいろ読むようになって、
それからからな、本って面白いんだと気づき始めたのは・・・。

JWか、うちの親が厳しかったせいかはしらんけど、
基本的にJW以外の出版物は読まないほうがいいってかんじだったからさぁ、
(日本漫画の歴史とか、エジソンとかヘレンケラーとか
小公子みたいな子ども名作系の本は家にあって読んでたけど。)

JWの誘導尋問系の出版物なんてくそ面白くないし、でも、強制されて読まされて、
どちらかというと本嫌いになってたほうだと思うけど、
本を読むきっかけは、それが面白いと思うようになるきっかけは、
こういう試験問題が与えてくれたように思う。

ただ受験のためにと、あの頃、いろいろ解いていた評論文も、
教育、哲学、環境、文化、社会・・・と、
考えさせられるような題材多かったしねぇ。

受験というのも、JWという檻の中で、
何も知らなかった知ることのできなかった私にとっては、
いろいろな意味で世界が開けるいい機会だったんだなぁと改めて思う。






Last updated  March 1, 2005 12:19:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 15, 2004
近場の映画館で封切りとなったので、公開二日目に観にいってきました。

『誰も知らない』
  生きているのはおとなだけですか。

カンヌ受賞の話題作というだけあってか、映画館は満席。
整理券をもらって、本日最終の回になんとか観ることができました。

最優秀男優賞を受賞した柳楽くんだけがクローズアップされてますが、
彼はもちろん、他の出演者もいい味を出してて、なんというか総合的によかったです。

私は最後は涙ほろほろってかんじだったのですが、
いっしょに観た相方は、観終わって一言、「とにかく苦しかった」と。

たしかにお涙ちょうだいの感動映画ってかんじでは全然なく、
現実を淡々と描いた、ものすごく自然でリアルな作品でした。

でも私的にはオススメです。
映画に、ハリウッド的なエンターテーメント性だけを求めてる
方には合わないかもと思いますが・・・。


公式サイト

http://www.daremoshiranai.com/

予告編

http://www.cqn.co.jp/CQN_01.html


予告編に流れる谷川俊太郎の詩がまたよいです。
映画を観終わった後もまた観てしまいました。胸の奥に沁みました。


ここから下はちょいネタバレもありなのでご注意。。。






映画のモチーフとなった事件

 巣鴨子供置き去り事件
 http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/family.htm
 (上から6番目の事件です)

関連記事

 子供置き去り事件報道に関する抗議文
 http://www22.big.or.jp/~konsakai/19890810_appeal.htm

監督へのインタビュー記事

  みんな知ってる是枝裕和監督「誰も知らない」
 http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFS20040801-s-11/

なぁんかねぇ、観終わっていろいろ考えちゃいました。
この映画が、出てくる人物の誰をも、単なる「ワルモノ」としてはいないだけに、
よけい重いというかモヤモヤ感が残っちゃったのかもしれません。

でも実際、現実ってそうじゃんねぇ・・・。
そりゃ何事も善VS悪の構図で割り切れたらすっきりはするかもだけど、
どっからみても○○だけが一方的に悪い、と、そんな白黒をつけれることってほとんどないし。

・・・たいがいが、なんらかのルールによって、白黒を判断したり、愛憎によって善悪を決めたりするだけでさ。
本当のところは、割り切れない部分が多い。。。

で、気づいたのは、

私、昔だったら、少年側に自分を重ねて、そんな子どもとしての視点から映画を観ていたんじゃないかと思うんですわさ。

で、おとなは、社会は・・・なぁんて思ったりしたと思うんですけど、
今回は「おとな」としての視点から観てたなぁ・・・っていうか。

「生きてるのはおとなだけですか」って問う側ではなく、問われる側として観ていたなぁ・・・と。

映画の登場人物でいうと、
主題歌を歌っていたタテタカコさん扮するコンビニ店員の視点かな。
分かってるのにどうにもできないおとな・・・というか。

いや私は分かってすらいないのかもしれないけど。

なぁんだかねぇ。


家族が抱えている問題ってさ、たとえ血を分けた同じ兄弟、親、子どもだとしても、
ひとつ屋根の下に住んでいなければ、見えない問題っていろいろあって、・・・他人ならなおさら。

相方もポロッといってたけど、遠くに住んでる自分の家族・・弟のこととかさ。

・・・なんだかちょっと考えちゃいました。

ともすれば、生きてるのはわたしたちだけ・・・感覚になってしまいそうな自分でもあるから。

でもねぇ・・・ってとこもあり。まあなるようにしかならんのだけど。

ってわけわかりませんね。

なんだか後からいろいろ考えちゃう映画でございました。






Last updated  August 18, 2004 05:51:16 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 13, 2004
今はまってる漫画。
浦沢直樹の「20世紀少年」。

今更ってかんじだけど、いや~、おもろい。
久しぶりに漫画なんて読んだけど、なかなかにハマル。
まぁまだ5巻までしか読んでないけど。

かなり前から、友人Nらんに、
「あづみならこの漫画絶対面白がりそう。読んでみてよ。」
って勧められてたんだけど、んだから気にはなってたんだけど、それから経つこと約2年・・・。

今年の正月に相方と漫喫に行って、「あ、そういえば・・・!」と初めて手にとった。

んー、おもしろい。
ストーリーにぐいぐいっと引き込まれる。なんかハマリそうな予感。

そう思って、今日。
仕事帰りに寄っちゃいましたひとりで漫喫。

昨日今日明日と、相方は研修の為ホテルに缶詰で全くしゃべれないから、
仕事を終えて家に帰っても、私はただ部屋の隙間風を寒いと感じながら眠ろうと努めるだけになるし、、、
なんかなんだかなぁ・・・、だし。

まあ、昔はいつもそういう毎日だったんだろうけど。

と。

そういやひとりで漫喫に寄るのははじめてだなぁ。
てか漫喫ってあんま利用したことなかったんだけど、けっこういいもんなんだやねぇ。

ちょっとした“ひとり楽しみ”ができちゃった。
頑張ってるだろう相方を尻目に。






Last updated  February 27, 2005 07:28:37 PM
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.