016661 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みどりの風に吹かれてパート2

PR

X

Profile


くらちゃん1375

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

2021.03.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
友人が牛伏山は車で行ったことはあるけれど
歩いたことはないと、是非行きたいと言っていたので
天気の都合で急遽、春を見つけにやってきた。
ダンスの仲間、K嬢も初心者ながら一緒に行きたいと
いうことになり、追い越され隊は4人になった。
里山は何処を歩いてもコースタイムは変わらないから
気の向くまま足の向くままに歩きましょう。
浜川公園9:00~9:35牛伏ドリームセンターの西側駐車場出発。


駐車場下にトイレがあり、その脇を通過し登山道に入った。
登山道には、この白い案内札が道案内してくれる。
今朝は肌寒い感じがしたが、歩き出すと直ぐに上着を脱ぐ陽気だ。

歩き始めてすぐにうぐいすの鳴き声が!!
今年初めての鳴き声に春を間近に感じた。
山の鳴き声はまた格別に聞こえる。
前回下った同じ道を登りこむことにしたが、景色は違って見える。
ここはろうばいの里の分岐、直進する。
 10:00 ろうばいの里分岐 


登山道の脇にヤマすみれの群落。
うぐいすに続いて二つ目の春を感じた。


歩き良い道が続き、後方の初心者K嬢を見おれば快調に歩いている様子。


杉林から明るい尾根に出ると右に浅間山が美しい姿で望めた。
10:20見晴台 
前回は下山で二班に分かれ、待ち合わせが気になり立休みだけだったが
今日はベンチでゆっくり休憩。


浅間山が大きく望めた。


展望台から下り林道に出ると直ぐに階段状の山道に入った。
前回はここまで林道を数分歩いたから、急斜面を下ったところは
この階段状の道じゃなかった。
往路を急斜面へ上がったほうが良いか迷ったが、遠回りでもここから
山頂へ向かったほうが楽かな?
遠回りで山頂へ向かうことにした。


コブをいくつか超えて、山頂の電波塔はまだ見えない。


尾根は東に向かい、平坦な道になったところで再び休憩しましょう。


  電波塔の下に山頂の標識。前回はここで昼食だった。      
         ビギナーのK嬢と山頂記念写真
     

尾根を下って天守閣の展望台へ向かい、おぼろげながら上信越の雪山が
見ることが出来た。

4人は蜜を避け、適当にベンチに分かれてランチタイム。
その後、天守閣に入り再び展望を楽しんだ。
ここまで車でも来られる。
私も、30数年前 車で訪れたのが最初で、その後関東ふれあいの道、今年の
干支牛に因んで今年初登山で歩き、展望も良いので再び訪れたのだ。
                  ダンコウバイ


下山はふれあいの道を懐かしみながら下ったが、長い長い階段の下りは
まだひざ痛の私は辛かったが、途中のダンコウバイやレンギョウの花に
三つ目の春をから元気を頂き無事にドリームセンターに到着し、赤谷池の
ほとりのあづまやで、談話休憩。
穏やかな春の一日だった。 13000歩  
赤谷池あずまや14:10着








Last updated  2021.03.20 19:53:28
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.