1478823 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ばばしげ格付け研究所 楽天ブログ営業所

PR

プロフィール


ばばしげ@楽天

ランキング市場

ニューストピックス

楽天カード

カレンダー

カテゴリ

購入履歴

2018年09月13日
XML
テーマ:セレッソ大阪
にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 最後は勝利で締めたいところです 

[対戦カード] セレッソ大阪 - ジュビロ磐田
(14日19時 大阪市・キンチョウスタジアム)

[予想メンバー]
FW 山村
OMF 清武・高木
WMF 丸橋・松田
DMF 山口・ソウザ
DF オスマル・ヨニッチ・木本
GK キムジンヒョン​

[ここまでの順位]
5位 セレッソ大阪 勝点39 10-9-6 32得点 28失点
10位 ジュビロ磐田 勝点32 8-8-9 27得点 34失点​

[みどころ]
先週のセレッソ大阪は湘南ベルマーレとルヴァン杯で対戦し、2-5(0-3、2-2)で敗退。二連覇の夢は決勝トーナメント初戦でついえました。2戦目は幸先よく先制したもののすぐに追いつかれる展開でPKで2点目を取られた時点で勝負ありでした。残念なことは最低限の目標であったはずの3得点に達しなかったことです。攻撃陣は猛省してリーグ戦に活かしてほしいです。​

両カップ戦で敗退したため今季は残り9試合となります。年間合計で47試合という厳しい日程でしたが12月1日までの道すじが決まったことで最後まで全力を尽くしてリーグ戦に集中できるものと思います。ACL圏内あるいは高額な賞金が発生する圏内を目指して順位を上げていくとともに、今季全くと言っていいほどできなかった若手選手の育成・底上げにも取り組んでほしいところ。

FW杉本健勇が代表活動中に負傷ししばらく離脱する模様です。ボールが収まる1トップの候補としてはFW山村和也が有力ですが、FW柿谷曜一朗やDF木本恭生の起用も可能性を残します。リーグ戦前節を欠場したMF山口蛍・丸橋祐介は戦列に復帰する見込みです。ベストメンバーがなかなか揃いませんがキンチョウ最後の試合ですのでなんとしてでも白星をつかみ取りたいです。

[対戦相手]
先週のジュビロ磐田はアウェイで大宮アルディージャと練習試合を行い、2-3で敗戦。ヴァンフォーレ甲府がルヴァン杯で勝ち進んだため1週お休みとなった大宮はベストメンバーで試合に挑みました。一方の磐田のメンバーは非公開ですので詳細は分かりません。得点者はFW小川航基とオウンゴールでした。練習とはいえJ2で7位のチームに敗戦ですので状態は良くないといえます。​

W杯明けリーグ戦再開後は、2勝5分4敗で複数失点試合が5試合とDFの不安定さが露呈しています。前節の名古屋グランパス戦でも1-6と大敗しており付け入るスキは十分あります。前節の試合後、名波浩監督は「目標をJ1残留に下方修正する」としておりアウェイ戦では守備を固め、引分けの勝点1でも妥当という戦い方をしてくる可能性があります。

4月の終わりにアウェイで対戦した際にはFW川又堅碁のヘディングで失点を喫したものの、後半PKを獲得し杉本が決め引分けに終わった試合でした。押し込まれる時間が長く、セレッソのシュートは前半はゼロ、後半でもわずかに2本でしたが、アウェイ戦の流れをつかめない試合で耐えて勝点を拾うというのは、もしかすると今日の試合で磐田が見せる戦法かもしれません。

[そのほか]
J1リーグでのキンチョウ開催は今日が最後となります。このあとJ3リーグやラグビー・アメフトなどセレッソトップチーム以外の試合はありますが、セレッソにとってはここで一旦終止符を打つということになります。浦和や鹿島など人気強豪チームとの試合はヤンマーで開催されるわけですが、それでも一試合当たりの獲得勝点は約1.9と非常に高い数値をマークしています。​

ラストマッチではありますが、平日開催ということもありまだチケットに余裕があるようです。これまで一度でもキンチョウで試合観戦をしたことがある方はぜひ最後の思い出作りに、まだ観戦したことがないという方は最後のチャンスですから、キンチョウスタジアムへお越しになり最後の試合を楽しみましょう。



2017JリーグYBCルヴァンカップ セレッソ大阪 初制覇の軌跡! [ セレッソ大阪 ]







最終更新日  2018年09月13日 23時11分21秒
コメント(0) | コメントを書く

購入履歴


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.