1548152 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ばばしげ格付け研究所 楽天ブログ営業所

PR

プロフィール


ばばしげ@楽天

ランキング市場

ニューストピックス

楽天カード

カレンダー

カテゴリ

購入履歴

2019年05月21日
XML
テーマ:セレッソ大阪
にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 負けても可能性があります 

​​​​​[対戦カード] ​​セレッソ大阪 - 大分トリニータ​
(22日19時 大阪市・ヤンマースタジアム長居)

​​​[ここまでの順位]​​​
1位 セレッソ大阪 勝点8 2-2-1 7得点 4失点
2位 大分トリニータ 勝点7 2-1-2 7得点 8失点

​​[みどころ]​​
先週のセレッソ大阪はアウェイでガンバ大阪と対戦し、0-1で敗戦。前半はジリジリとする展開ながら後半、先に動いたセレッソに守備の乱れがありその隙をついたMF倉田秋に決勝点を許すことになりました。アウェイ戦であること、相手は連敗中で勝点を渇望していること、3バックに不安があることを考えると同点で先に動くことは戦術的にミスであったと言わざるを得ません。

もっとも、どうしてもダービーで勝利したいと意識して先手を打ったということでありそれが結果につながっていれば意欲的采配として評価されていたでしょうから、どうすればよかったのかを後付けで議論することは意味を成しません。せっかくリーグ戦は2連勝で来ていただけに1度の敗戦を次に引きずらないようにしたいところです。当然カップ戦にも引きずってはいけないです。

今日の試合は下記の通りですが、引分け以上で文句なし、敗戦の場合でも一定の確率で予選ラウンドを突破することができます。こうした「突破条件」が緩くなればなるほどチームに慢心が生まれ容易とされた条件さえ達成できなくなるものです。特に対戦相手から見ると引分けでは突破が厳しいわけで勝ちに来るわけですからなおさらです。しっかり勝ちに行くことが大切です。

​​[対戦相手]​​
先週の大分トリニータはホームで清水エスパルスと対戦し、1-1で引分け。いわゆる「監督交代ブースト」が発動した清水に先制を許したものの後半追いつき引分けに持ち込みました。監督の試合後会見では「自分にも選手にも油断があった」とし下位チームを相手にする難しさを語りました。この点では同じく降格圏チームと前節に対戦し苦汁をなめたセレッソに通じるところがあるかもしれません。

大分から見ると今日の試合は勝てば文句なし、引分けでも一定の確率でプレーオフに進出できます。当然勝利を最優先に狙ってくることが考えられます。よってメンバーもこれまでのカップ戦よりもワンランク上のレギュラークラスが出場することも予想されます。リーグ戦で驚異の活躍を見せているFW藤本憲明やオナイウ阿道のスタメン起用もあるかもしれないです。

今シーズンの対戦はカップ戦は敵地で戦いセレッソの逆転負け、リーグ戦は長居で戦いスコアレスドローとなっており今日が3度目の対戦となります。4度目の対戦はアウェイでリーグ最終節(12/7)に対戦となりずいぶん間隔が開くことになります。リーグ最終節、大分は優勝を争い、セレッソは・・を争うというケースも考えられるので手が合う相手という良いイメージを持ち続けたいところです。

​​[セレッソが勝利の場合]​​
大阪11(大分7)で首位突破

​​[セレッソが引分けの場合]​​
大阪9(大分8)で首位突破(勝点で並ぶ場合は当該チーム間の成績で優劣を決めるため)

​​[セレッソが負けの場合]​​
大阪8(大分10)で名古屋●△で2位通過、名古屋〇で予選敗退

もう一試合は、名古屋〇で9(神戸5)、△で7(神戸6)、●で6(神戸8)になります​​




ヤマザキビスケット タンティーヌS






最終更新日  2019年05月21日 23時24分42秒
コメント(0) | コメントを書く

購入履歴


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.