033705 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

さんごじゅのブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

さんごじゅ17

さんごじゅ17

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

さんごじゅ17@ Re[1]:エスキモーの少女(07/03) 太郎英語さんへ その少女、着ている服も住…
太郎英語@ Re:エスキモーの少女(07/03) 杉ちゃんよりワイルドですね!
さんごじゅ17@ Re:小言、小言の日々(06/20) 当時の私へ。 ビックリかもだけどまだ私頑…

フリーページ

ニューストピックス

2022.07.01
XML
カテゴリ:孫に読む絵本


「ハリーは、くろいぶちのある しろいいぬです。」
ではじまる、犬のハリーシリーズ。

初めてハリーを知ったのは息子が肺炎で入院した時。
点滴が取れて退院が決まり、病室脇の遊戯室で読んで聞かせた「どろんこハリー」。

ハリーのなんと愛らしいこと。

こちらは子供達のおばあちゃんから薔薇の模様のセーターをプレゼントしてもらったことから。

まわりは喜んでもハリー本人は浮かない顔。
男の子だもの、おばあちゃん渾身の薔薇の模様でもそりゃあ、気がのらないよね。

そのセーターがひょんなことから端からほつれ、鳥が毛糸の端を咥えて飛んで行ってしまった。

3才の孫にこの部分を話しても理解できなかった。

毛糸でセーターを編むことを知らない。
セーターがほつれてその糸を引っ張るとセーターが無くなって一本の毛糸になることが理解できない。

「なんで?」「なんで?」と何度も聞いてきた。

ラスト近く、公園におばあちゃんと子供達と一緒に行ったハリーが毛糸を咥えた鳥の巣へ連れていく。

みんなが見上げたその巣はなんと薔薇の模様の毛糸製!

まさかあの毛糸の行方がここに繋がるとは。
夢一杯のお話しで個人的に好きなエピソード。

それにしても昔のアメリカは豊かだったなと思う。
私が生まれた1950年代後半の当時のアメリカ。

おばあちゃんがお揃いの帽子とコート姿が素敵。

毛皮の襟巻き。
薔薇のブローチ!

おばあちゃん、薔薇がお気に入りだったのね。

孫には今度、編み物を見せてあげよう。






最終更新日  2022.07.01 13:22:05
コメント(0) | コメントを書く
[孫に読む絵本] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.