1178927 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

★ FROM HAGI ★ 

PR

X

Profile


lovek9

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

ウイルスフリーミス… Sarah-wanさん

愛ワン ブログ、更新… 広海163さん

LIFE&DUNK ライダンさん
ちわわのあしあと jenicoさん
MaroJill   ぽめワンさん

Comments

Sarah-wan@ Re:Stay Home【4/9】(04/09) みんな おねむでおうちにいて おりこう…
Sarah-wan@ Re:靴の底【4/8】(04/08) 靴の底まで 思いませんでした。 しようと…
Sarah-wan@ Re:意識【2/14】(02/14) 意識が回復してこられてよかったです。 ほ…
ハンサムクン3714@ Re:1ヶ月【2/12】(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
じゅん1234@ Re:ピーちゃん【2/1】(02/01) うぅん、元気になって来てますねぇ。

Headline News

2007.05.06
XML
カテゴリ:マンホール切り絵

だんな様の故郷は青森県の津軽です。
時には県外のマンホールを切りたくなって、
今回は青森県の県都『青森市』のマンホールを選びました。
デザインは『青森ねぶた』『跳ね人』です。
19歳の夏に一度だけ、青森ねぶたを見に行きました。
見に行ったと言うよりは、
鈴を付けた『跳ね人』と一緒に、一時間以上跳ねまくりました。
若かったし・・・何より楽しかった♪
帰りの急行電車(青森発上野行き)が超満員で、
通路に新聞を引いて寝たことも、
そして福島の駅弁『安達太良山弁当』が美味しかった事も、
時間が自由にならない生活を送っている今では、
本当に懐かしい思い出です。
あ!それと青森ねぶたで跳ね過ぎ、翌朝強烈な筋肉痛で、
上野駅の階段を上るのが大変だったことも、
涙が出るほど懐かしい青春の記憶です。

しかし、姪っ子からの情報によると、
その懐かしい『青森ねぶた』も、
昨今は『烏』と言われる、
黒ずくめの大馬鹿な若者たちが出没し、
大混乱になるために、
残念ながら一般の観光客は、
『跳ね人』たちとは一緒に跳ねられないらしい。
何処にでも居る大馬鹿な若者たち・・・何とかならないものかね。

青森マンホール







Last updated  2007.05.06 22:21:44
コメント(3) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.