020007 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

幕末史蹟研究会

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Comments

幕史研 管理人@ 宝暦治水の本ならこれおススメ 杉本苑子著 『孤愁の岸』 講談社文庫 …
探偵局長@ 燃え尽きましょう 今年は上半期に完全燃焼だね。 特に4月と…
ねこやま@ ブログ以外は・・・ いやいや、HPの更新すすんでいるようで…
探偵局長@ Re:月一のブログになりつつある・・・・(09/25) おたがいに、あっち方面の肩の荷がおりま…
かくのすけ@ Re:2ヶ月ぶりですね(08/09) やっと書き込みをされましたね。それにし…

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Favorite Blog

まだ登録されていません

Headline News

2008年06月10日
XML
カテゴリ:幕史研
朱子学(しゅしがく)とは・・・

 南宋の朱熹によって再構築された儒教の新しい学問体系。日本で使われる用語であり、中国では、朱熹がみずからの先駆者と位置づけた北宋の程頤と合わせて程朱学・程朱学派と呼ばれる。

 当時は、程頤ら聖人の道を標榜する学派から派生した学の一つとして道学と呼ばれた。
 陸王心学と合わせて人間や物に先天的に存在するという理に依拠して学説が作られているため理学(宋明理学)と呼ばれ、また、清代、漢唐訓詁学に依拠する漢学からは宋学と呼ばれた。

 朱熹は、それまでばらばらで矛盾を含んでいた北宋の学説を、程頤による性即理説(性(人間の持って生まれた本性)がすなわち理であるとする)程顕の天理(天が理である)をもとに、仏教思想の論理体系性、道教の生成論および静坐という行法を取り込みつつも、それを代替する儒教独自の理論にもとづく壮大な学問体系に仕立て上げた。

 そこでは、自己と社会自己と宇宙は、理という普遍的原理を通して結ばれており(理一分殊)、自己修養(修己)による理の把握から社会秩序の維持(治人)に到ることができるとする、個人と社会を統合する思想を提唱した


 なお朱子の理とは、理は形而上のもの、気は形而下のものであってまったく別の二物であるが、たがいに単独で存在することができず、両者は「不離不雑」の関係であるとする。また、気は万物を構成する要素で運動性をもち、理は根本的実在として気の運動に対して秩序を与えるとする。この理を究明することを「窮理」とよんだ。朱熹の主張する学説は性即理説といわれ、陸象山の学説心即理説と対比された。朱熹は、心即理説を、社会から個人を切り離し、個人の自己修養のみを強調するものとして批判した。一方で朱熹は、陳亮ら功利学派(事功学派)を、個人の自己修養を無視して社会関係のみを重視していると批判している。

 朱熹の学は、社会の統治を担う士大夫層の学として受け入れられたが、元代には科挙試験が準拠する経書解釈として国に認定されるに至り、国家教学としてその姿を変えることになった。


 日本への伝来と影響

 一般には正治元年(1199年)に入宋した真言宗の僧俊?が日本へ持ち帰ったのが日本伝来の最初とされるが、異説も多く明確ではない。鎌倉時代後期までには、五山を中心として学僧等の基礎教養として広まり、正安元年(1299年)に来日した元の僧一山一寧がもたらした注釈によって学理を完成した。

 後醍醐天皇や楠木正成は、朱子学の熱心な信奉者と思われ、鎌倉滅亡から建武の新政にかけてのかれらの行動原理は、朱子学に基づいていると思われる箇所がいくつもある。その後は長く停滞したが、江戸時代に入り林羅山によってその名分論が武家政治の基礎理念として再興され、江戸幕府の正学とされた。だが皮肉なことに、この朱子学の台頭によって天皇を中心とした国づくりをするべきという尊王論と尊王運動が起こり、後の倒幕運動と明治維新へ繋がっていくのである。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008年06月10日 10時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.