000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

令和からの起業

PR

X

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

メルマガ

July 13, 2009
XML
カテゴリ:メルマガ


この時期、タイトルからすると「冷やし中華」ですが、食べたいですが、
始めたのは「メルマガ」

メルマガの事を仕事にしていたり
いろいろノウハウを書いていたのに、
起業後、自分のメルマガというのはありませんでした・・。

が、ついに本日創刊です

ぽちっと、どうぞ~↓
楽しく簡単!ファンの出来る『ネットショップ講座』

私の6年間のノウハウを、少しずつ公開していこうと思います。

まだ、公開していなかったのに
すでに22人の登録者の方がいて嬉しいです~ぽっ

ファンを作るというのは
私が「ネットショップ」に関ってきてから。ずっと大切にしてきたこと!


ネットショップの増えたこれからは、
きっと、もっとそこが重要になって来るんじゃないかな~と思っております。

みのりやは銀座の事務所に移り、

スタッフが増え、新たなお仕事にチャレンジしたり、日々進化中です!

もちろん、進化するには楽じゃないこともあるけど
それでも、この恵まれた環境に感謝の気持ちを忘れず、
前向きにやって行きますね~。

 

 







Last updated  July 13, 2009 09:21:06 PM
コメント(0) | コメントを書く


August 22, 2008
テーマ:メルマガ(59)
カテゴリ:メルマガ

 

 最近、ショップ以外の「企業」のメルマガが多く届くようになりました。

 登録しなくても

名刺交換した方に配信しているところが多いいと思います。

 

 

まあ、それは良いとしても

 

 

いまだに、配信解除が

「このメールにそのまま返信下さい」とか

「件名に配信解除と入れてお送り下さい」とか

システムを使わずに、配信しているところも多いいです・・・。

 

 

それって、

  それって

 

スパムと同じになっちゃうんですよ~。

 

スパムって、配信解除の返信したりすると

そのアドレスがさらにどこかに回って、迷惑メールがどっちゃりと

届くようになっちゃうんでうよね。

だから、まず返信をするイメージが良くないです。

 

それに、わざわざ返信する手間と

やはり「配信お願いします」とお断りを直接出すのは良い気分がしません。

 

きっと、自分に置き換えると気分は良くないと思うのですが

自らが配信するときは

「まあ、良いか」

「スパムじゃないし」となってしまうのでしょう・・。

 

 

でも、自分がいやなことは

やっぱり他の方も、いやなんですよね

 

 

信頼をなくさないためにも「配信解除」のきちんとできる形で

メルマガは出していただきたいです。

 

 







Last updated  August 22, 2008 04:58:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 14, 2008
テーマ:メルマガ(59)
カテゴリ:メルマガ

私のところにも、
一日何十通もの「メルマガ」が届きます。

そして、ほとんどの物がゴミ箱行きです。


書き手は、せっかく手間をかけているのに残念な事です。


なんで捨ててしまうのか。

それは明確!「読まないからです」
      「いらないからです」



いらない情報を何度も流し続ければ
その会社、お店の自体の信頼がなくなってしまいます。


買って!買って!は、どこも同じで迷惑につながります。



お客様は、結局のところ自分で選びたいのですから。


でも、きちっと売り上げにつなげている「メルマガ」もあります。


それは、どんなメルマガか。




読んだ人を幸せにするメルマガです!




って、なんだか怪しい表現ですね・・。


少なくとも「人の迷惑・不快」にはなってはいけません。


笑顔になったり・元気になったり・知識になったり
お客様の「プラス」にならなくてはいけません。



すでに、多数のお店、多数の企業がメルマガを取り入れる今。

受け取るほうは、すでにうんざり気味なのは確かです・・・。


数打てば!

ではなく、
PCの前の一人のお客様が「ハッピー」になる
そんなメルマガしか、本当は配信しちゃいけないんですよね。


だって、大切なお客様ですから。


大切にしてくれる人のところに居たいと「人」は思うものです。




これからはより「質」が重要になると思います。





















Last updated  August 14, 2008 05:11:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 19, 2008
テーマ:メルマガ(59)
カテゴリ:メルマガ
すごくよく言われることです!

「メルマガって効果あるの?」


すでに私は1000本以上のメルマガを書いていて
ネットショップ運営サポートでもメルマガを強みとしています。


効果がないものなら、私の仕事は成り立ってないかも・・。ショック

効果無いお店が多い中、効果を出しているお店も確実にあります!!


でも、なぜ効果ないと言われてしまうのか!

いくつか原因はあると思います。

『その一』・・・全く読んでいても面白い話、お得な情報がない。

『その二』・・・配信アドレス数が少ない

『その三』・・・飛んだ先のページが作りこまれていない

『その四』・・・配信したり、しなかったり不定期


  などなど

二は別としても
どれも結局は、読んでくださる【お客様】の事が
考えられていないという事ではないでしょうか?


メルマガでなくても人付き合いでも同じですよね。

友人でも夫婦でも恋人でも

どうせこの人は、という態度

それって伝わるから、相手も結局同じように返して
今度は自分が「どうせ」と見られて反応されなくなっちゃうんですよね。

こちらも、きちんと相手を思いやるから
相手もきちんと反応してくれるんですもんね。


感謝・愛・幸せな気持ち、笑顔、元気

伝えられて嫌な人はいないと思います。

むしろ、
それを伝えてくれる人とは一緒にいたいですもんね目がハート


一方通行にならない関係『メルマガ』でもきっと作れるはずです!






Last updated  March 19, 2008 01:22:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 31, 2007
テーマ:メルマガ(59)
カテゴリ:メルマガ
先日、レストランの予約をTELですることがありました。

いくつかの質問をして
日時、人数を指定して予約をとったのですが
どうもTELの対応がそっけなくて、なんとなく良い気持ちがしませんでした。

そこのお店は以前から「美味しい」と感じていたので
選んだのですが、もし味がわからない所なら場所を変えていたかも知れません。

お客様は、総合評価でお買い物してくれるとは思いますが、
「△」ならまだしも、ひとつでも「×」がつけば
そのお店でのお買い物をためらってしまうと思います。



メルマガで、すぐに売り上げに反応がなくても
イコール、読まれていないという事ではありません。



反応が無いからと力を入れずに書いたメルマガで
お客様が好印象を持つわけがありません。

反応がすぐに出なくとも、好印象になるメルマガを書けば
いざとなるときの反応が違うんです。

例えば、セールや、記念日、季節のイベントを行ったとき
確実に反応してくれます。

読み続けてくれ「ポン」と背中を押すきっかけが合ったときに
購入と言うアクションを起こしてくれます


後は一度購入してくれたお客様を大切にしていけば
更に売り上げは伸びます。

楽しくない、意味の無いメルマガでは
読まないのでセールのお知らせを流しても
すでにゴミ箱行きに設定されてるので、反応は当たり前ですがありません。
商品に興味はあってもメルマガで不快を与えていたら
他のお店で購入してしまうでしょう。

メルマガで一人の心をつかめば
100回で100人の心をつかめます。
その方が10人に口コミすれば1000人です。


PCの前同士だから、反応は直に見えないけれど
確実にPCの前でメルマガを見ている人がいます。


どんな印象をあたえるかは、あなたしだいです。



ちなみに、その予約したお店ですが
行ってみたら、日本人でないスタッフの方が多数いらしゃったので
反応が良くないというわけでなく言葉がうまく伝わらなかったようです。

アハハ・・(^▽^;)


人気blogランキングへ
ランキング






Last updated  July 31, 2007 04:46:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 30, 2007
テーマ:メルマガ(59)
カテゴリ:メルマガ
20%の原因、努力が、80%結果、報酬をもたらすという法則。

一度は聞いた事ありますよね。

お店で言えば
売上の80%は20%のお客様によってもたらされていると言う事になります


逆に言うと20%のお客様は80%の売り上げ、と言う事です。

いかに優良なお客様を確保する事が大事かわかりますよね。

ただ

最初から優良なお客様はほとんどいないでしょう。
友好な関係作りで、優良なお客様になっていただくのです。

どうやって有効な関係を築くのか!

自分に置き換えてみると

自分勝手、一方的、一緒にいても楽しくない、嘘がある、愚痴が多い

こんな方とは残念ながらい一緒にいられませんよね。

メルマガだったら、例えば・・。


毎日のように同じ内容のメルマガが届く
内輪ネタで笑えない
セールで買って買っての内容だけ
大げさな表現がある
明るい気分になれるネタでない


その半面一緒に
どんな人に気を許し、仲良くなりたい、協力したいと思うでしょう。

自分のことを理解してくれ
一緒にいると笑顔で明るい気分になり安心でき、
自分を思いやってくれる人ではないですか。


これを文章で伝え
お客様が一緒にいたいと思ってくれたら
この20%がより濃いものになるのではないでしょうか!



人気blogランキングへ
ランキング






Last updated  July 24, 2008 11:30:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 25, 2007
テーマ:メルマガ(59)
カテゴリ:メルマガ

メルマガって効果あるんですか?

メルマガなんて結局ゴミ箱行きだから
配信しても無駄ですよね。


この二つの言葉はメルマガを仕事にしている私
本当によく聞きます。

答えは!

メルマガって効果あるんですか?

あるかもしれませんし
ないかもしれません。


メルマガなんて結局ゴミ箱行きだから
配信しても無駄ですよね。


はい、私も読んでいるメルマガもありますが大半はゴミ箱行きです。
これから配信するに当たり、配信しても無駄になる事もあると思います。


だから一体どっちなの~。

そう思わせる感じで書いてしまいましたが
何かをやって100%成功するってわかっていたら、きっとみんなやりますよね。
でも世の中100%の事なんてほぼ無いでしょう。

流行語にしても、ヒット商品にしても
結局みんなが理解を示し、支持をした上での評価ですよね。

最初から流行する、ヒットするって
100%決っていたわけでないと思います。

でも、保証がないからって
何もせずにいれば、可能性は間違いなく「0」です。

ただ絶対にいける!!間違いない!!と気張りすぎてしまうだけだと
結果が思う速度に追いつかない場合、急に全てを投げ出してしまいたくなるかも知れません。

でもダメな場合も改善し継続すれば結果はきっとついてくるはず。

メルマガにとったことだけでないのかも知れませんが
自分が「やる」と決めた以上、
少なくても可能性を信じてまずは行動する事が大事なんだと思います。

ダメだと思いながら、動くのはモチベーションも下がるし
結果が出ずに結局自分の時間を無駄にします。


人の意見は参考に、最後は自分の決断、
決断をしたら可能性を信じる!、信じたら全力で打ち込む!

ダメだと決断したら、さっと引く!



悩む時間は極力短く、
可能性のある楽しい事に向かったほうが楽しいですもんね。


(自分に言い聞かせてるのかも知れませんぽっ







Last updated  July 25, 2007 03:53:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 23, 2007
テーマ:メルマガ(59)
カテゴリ:メルマガ

久々の「メルマガ」ねたです。

タイトルもネットショップからメルマガに変更しました。

実は最初は「楽しいメルマガ売り上げ5倍講座」でした。

やはり私の一番得意である
ファンやリピータにつなげる「メルマガ作り」を
きちんとアピールしようと原点に返りました。

さて、本日の本題に入りますが

世の中にはありとあらゆる商品が溢れかえり
ネットでも、ほとんどのものが購入できます。
値段もそうは違わないはず。

商品だけで、価格だけでついたお客様は
似たような商品、安い価格のお店があれば
すぐさま他に移ってしまいます。

自分のお店を選んでいただき、そして買い続けて頂き
さらに口コミにまでつなげていくには!
こんな法則があります。


【ザイアンスの法則】(ザイアンスは学者の名前)

1)人は知らない人には攻撃的、批判的、冷淡に対応する。
2)人は会えば会うほど好意を持つ。
3)人は相手の人間的側面を知ったとき好意をもつ。



これをメルマガに置き換えてみましょう。


1)人は知らない人には攻撃的、批判的、冷淡に対応する。

突然メルマガが来て、買ってくださいと言われても
“ゴミ箱”行きになってしまい、そのお店に不信感させ与えます。


2)人は会えば会うほど好意を持つ。


有効な情報がのっている場合
メルマガを見るようになり、何度か読み続けるうち
お店や店長さんに興味が出てくる。


3)人は相手の人間的側面を知ったとき好意をもつ。

商品だけでなく、店長さんの周りで起きたことや(失敗談など有効)
自分のお客様への気持ちをメルマガに盛り込む事で、より近い存在に感じる。


世の中には商品やお店と同じように
「メルマガ」が多数存在しています。

その中で読み続けていただき、近くに感じていただくには・・。

ゴミ箱行きのメルマガを時間をかけて作ろうが
何度配信しようがそれは無駄です。


お客様にとっても、
自分にとっても有効なメルマガを作りましょう!!









Last updated  July 23, 2007 05:22:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 16, 2007
テーマ:メルマガ(59)
カテゴリ:メルマガ

メルマガを書き続け約4年

トータルすると5,600本のメルマガを書いています。

いろんなお店に関わっているので
何万という人が、私の文章に一度は触れてと言う事になります。

私がきっとこうやってメルマガを書き続け
おまけに起業までしたのは、他ならぬお客様のお陰です。


仕事で凹んだとき、なんだか疲れちゃった時
お客様の声で何度も励まされて元気になりました。


以前頂いたお客様の声です↓

---------------------------------------------------------------

= G.E様 =
毎回楽しくメルマガを読んでいます。
とても悪い事なんですが、仕事中呼んでいますので
良い息抜きになっています。
またメルマガが届く事を楽しみにしています。

---------------------------------------------------------------

= K.E様 =
メルマガはいつも楽しく読ませて頂いております。
「よっこ」さんの話題の豊富さにはいつも感服です。
これからも楽しいお話を届けて下さいね!

---------------------------------------------------------------

= Y.T様 =
いつも楽しく拝見させていただいてます。
よっこさーん、いつも笑わせてくれてありがとっ!!

---------------------------------------------------------------

= T.Y様 =
いつもの楽しく読んでいます。
堅くならず、フレンドリー?なメルマガは読んでいて楽しいです。

---------------------------------------------------------------


実店舗なら「笑顔」は直接見せられるけど
ネットはそれを文章にして伝えなくてはなりません。

でも、直接会うよりも文章だからこそ
何かを伝えられると言う事もあります。

商品アイテムが豊富であったり
価格で勝負できる商品であれば、
商品を並べるだけのメルマガももちろんアリです。

でも、限られた商品
価格で勝負をするのでないならば
「商品+α」が必ず必要です。

それは、笑顔かも知れないし、元気かも、知識かも、優しさかも

自分がお客様に「商品+α」を与えることが出来たとき
きっとお客様もそれ以上の「+α」を返してくれると思います。

それは嬉しいコメントだったり、ブログへの掲載だったり
口コミだったり、リピートだったり。


お客様と商品以外の関係を作れるところが
勝ち抜けるお店なんだと思います。


実店舗も、ネットも。









Last updated  July 16, 2007 07:01:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 19, 2007
カテゴリ:メルマガ

先週の土曜日、いつもお世話になっている
鳥居祐一さんの出版記念パーティーに参加してきました!

参加している方それぞれがとっても素敵な笑顔で
良いオーラがバシバシ出ている会でした。

そこで、メルマガコンサルタントの
平野友朗さんにお会いする事が出来ました。

私もメルマガという仕事をしてきたので
お名前は知っていて会いたいと思っていた方だったので嬉しかったです。

そして、もちろん「メルマガ」の話へ!!

メルマガという仕事の先輩でもありますし
規模ももちろん違いますが
でもやはり同じ事で仕事に関わっているので共通の想いが合致します。

それは

「メルマガ」だけでない事。

物を売るのは、総合的な仕掛けが必要で
メルマガはそのひとつの手段なんですよね。

HP・企画・キャッチ・商品力・メルマガ・接客
すべて成りたつことで売り上げにつながるんですよね。
メルマガだけ改善したところで、効果はあまり見込めません。

やはり売れている店舗さんを見ていると
ひとつの事だけをやっているわけでなく、売れると思われる要素を
たとえそれが1%だとしてもチャレンジしてますからね。
そして、失敗に終わったとしても改善し次につなげる事が出来ますし!


それにしても、会いたいと思っていた
メルマガ界のカリスマの方に会えるとは、
今年はやはりかな~り良い流れ来てます!!

















Last updated  June 20, 2007 12:11:36 AM
コメント(2) | コメントを書く

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.