3353453 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

漫画家・写真家玉地俊雄 紫煙のゆらぎ

PR

プロフィール


balitama

フリーページ

日記/記事の投稿

バックナンバー

お気に入りブログ

マンガ広告制作/山田… manga_ka_naruさん
漫画文化研究所(山… 漫画文化研究所さん
2020.06.09
XML
カテゴリ:こんな夢をみた



ここはアフリカ大陸のさばんなだろうか。
遠景に上半身裸の人々が寝ている。
遠くには低い小山が木も持たず連なっている。

足を進めると、
おじさんがフィルムボックスのような紙箱に巨大なフィルムを入れて持ってるのを見てしまった。
ヤングアフロディーテの女優と呼ぶには幼い女性の姿だった。

いやこれはDVDを持っている。
何故このおじさんは僕に了解を求めるのだろう。
何をどうして同意を求めているんだろう。
話がかみ合わず場所は明るい体育館のような場所で何を求めているか理解できない。
そして、
僕は何故か拒否を続けているのも何故だか判らない。

あまくせつなく哀しくもあるエンディングで邦題は 春のめざめ といったっけ。

こんな夢をみた


60年以上前のギリシャ映画を中学1年生にもかかわらず僕は難波の映画館で観た。
僕は手塚さんも言ったように15才以上老け中学一年生だったように見えたのだろうか。

次の週もういちど観にいったがもう終わっていた。
60年たって鑑賞するグリースの白黒映像は実に深くてダーキーで素敵である。

                                      玉地 俊雄







最終更新日  2020.06.09 00:00:19
[こんな夢をみた] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.