2020.10.28

6451 こんな夢をみた

カテゴリ:こんな夢をみた



みおろしていたぶたい。
ちいさなおんなのこがわいやーもなくくうちゅうへあがってくる。
そのまわりをきょうげきのおんがくとぶとうがとりかこんでいる。
しょうじょというにはおさないこが、
あしもとのほうからわいやーもなくふゆうするようにすこしずつすこしづつせりあがってくる。
ふしきせなこうけいだった。

むごんげきだ。
おとすらないがしきさいがある。
そとはまつりのようにひとでがおおい。
ひがしみくにからみやはらのとおくまでひとひとがいっばいた。
ふくそうかなみるとだくじょのさいははんだんがつきかねるがかなりのにんずうである。

そのなかにでんわではなしたみしらぬしゃちょうがしゃいんひゃくにんをつれいたたずんでいた。
かれにたのまれたしょうひんのれんらくさきとしょうひんめいのめもをわたしてわかれた。

にかいまであがるとかれいなげきはまだまだつづいていた。
このげきは決めつのやいばににているようなきもする。
しゅじんこうのひろいんはあいかわらずくうちゅうをふゆうしているなあ。

このひとたちがじゅうみんとうひょうへゆきはんたいひょうをとうずればもんだいがかいけつする。
そうだ。
はんたいとかけばよいのだ。
それでおおさかのふしあわせのげかいんいしんまかいがはかいされてばんばんざいです。
うらぎりもののこうめいとうもてんばつでめいふまどうにらくせんする。

こんな夢をみた

                                   玉地 俊雄





TWITTER

最終更新日  2020.10.28 00:00:09
[こんな夢をみた] カテゴリの最新記事