787054 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

金魚屋バンビーーノのブログ

全251件 (251件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

品評会

October 31, 2018
XML
カテゴリ:品評会
10月28日(日)愛媛らん友会に参加しました。



前日に松山に入り、空港まで川本氏、誠司氏に迎えに来て頂き、今治の武下氏宅へ訪問。
津島氏も合流し、チャプチャプさせて頂きました。

あ、今回も数件回りましたが訪問時の写真は一枚も撮ってないです。
動画は幾つか撮りましたけど、当然ながら晒す気はありません。
何度でも言いますが、大会前に出品魚をSNS等に晒す事は絶対に良くないです。他人にも迷惑がかかると言うことを考えて欲しいです。どうして他人にも迷惑がかかるか?っていうのは少し考えればわかることです。言ってもやり続けるのは己の利の為にやっているとしか考えられませんからね。それか余程のバカか。それで好結果が出たとしても心から祝福することは出来ないし、そういう人に対しては今後の付き合い方が変わっていくと思います。

話しがずれてしまいましたが。


働いてる(笑)
まあでもこういう人達が魚係をしていれば安心ですね。
軽視されがちな魚係ですが、ある程度魚の扱いが慣れた人でないと任せられないですからね。
背腰係は更に重要なポジションですので誰にでもさせられるものではないです。
魚係、背腰係が常に片手で魚を扱っている様な会には参加したくないです。
そういえば数週前に見学した会では撤収時に寄せ網で魚をバンバン掬っておりました。ありゃ地獄絵図です。余程注意してやろうかと思いましたが、会員でもないので黙ってましたが。。。あの会には絶対に魚を出さないと心に誓いました。今年も掲載してませんが、今後行っても写真も動画も撮らないでしょう。
しっかりと上の人が注意してあげないとね。会員は多いのに内部の動きに目を向ける人間がいない。。。会ってそういう所から綻びが生じると思います。

また話しがずれてしまった。
アクセスが多い記事なので敢えて記載している部分もありますが(笑)


審査の様子

◆当歳魚◆

東大関 津島洋介 西条


西大関 武下喜一 今治


立行司 武下喜一 今治


取締一 丹下 常 今治


取締二 中村優作 西条

東関脇 村上昌弘 今治
西関脇 丹下 常 今治
東小結 丹下 常 今治
西小結 村上昌弘 今治
勧進元一 佐々木勝利 松山
勧進元二 丹下 常 今治
行司一 直野高幸 新居浜
行司二 田淵貴利 香川
行司三 梅岡伸一郎 松山
脇行司一 寒川秀春 香川
脇行司二 岩崎正樹 香川


津島氏が三年連続東大関獲得。見事な魚でした。テレビも三台目です。
武下氏が西と立。
昨年の同会や今年の西部大会でも西大関で。意外にも当歳で東大関を獲得したことが無いそうです(二歳ではある)。
しかも西大関になるとき、最終局面まで「東大関間違いない」と言われてて最後の最後にまくられてしまうと言う(笑)
確かにらん友会では去年も今年もそうでした(笑)
西部大会の時も最終審査時に「おめでとう。間違いない。」と言われて数人の人と握手したと聞きました(笑)
この日から武下氏は「ミスター西大関」と呼ばれてます(笑)

いやあ、しかしレベルが高いですね。この時期と言うこともあり魚が本当に良く仕上がってました。


◆二歳魚◆

二歳魚

東大関 梅岡伸一郎 松山


西大関 寺坂嘉仁 松山


立行司 川本智祥 松山


取締一 鷲谷浩二 松山


取締二 丹下 常 今治

東関脇 竹内誠司 松山
西関脇 横本勝己 松山
東小結 梅岡伸一郎 松山
西小結 寺坂嘉仁 松山
勧進元一 丹下 常 今治
勧進元二 安田裕喜 松山
行司一 寒川秀春 香川
行司二 村上昌弘 今治
行司三 丹下 常 今治
脇行司一 鷹岡みどり 松山
脇行司二 鷹岡みどり 松山


二歳もなかなかのレベルで下位まで楽しむことが出来ました。

◆親魚◆

東大関 梅岡伸一郎 松山


西大関 仙波睦美 松山


立行司 丹下 常 今治


取締一 鳴海 満 横浜


取締二 丹下 常 今治

東関脇 丹下 常 今治
西関脇 横本勝己 松山
東小結 安田裕喜 松山
西小結  寺坂嘉仁 松山
勧進元一 横本勝己 松山
勧進元二 横本勝己 松山
行司一 藤野 武 香川
行司二 寺坂嘉仁 松山
行司三 寺坂嘉仁 松山
脇行司一 横本勝己 松山
脇行司二 鷲谷浩二 松山


親魚も質の良い魚が並びました。溜め池の時点で梅岡氏の魚が抜けてましたね。
私の名前もありますが・・・。ちょっと曰く付きの魚で仲間内に見せる為に持って行ったのですが、まさかの優等。過去一番恥ずかしい魚です。。。
無疵って大きな武器なんだなと再認識した次第であります。。。

丹下氏が各部門で優等獲得の大暴れでしたね。魚もそれぞれ魅力的で良かったです。
それでも二部門で東大関獲得の梅岡氏が総合優勝を獲得されてました。
二年連続の総合優勝おめでとうございます。




今年も楽しい時間を過ごすことが出来ました。

会後は佐々木勝利氏、竹内誠司氏、川本智祥氏宅を訪問、しっかりと魚を見せて頂きました。
翌日、今回思った時間の飛行機が取れず、かなり時間があったので西条の津島氏を訪問、香川の田淵宅はチラ見、それからなんと岡山へ渡り、柏野正彦氏のところで初の年二回目のホルモンうどん&スペシャルを頂き、高尾氏宅にも訪問しました。あ、その前に急に思い立って無連絡で白川成也氏宅へも突撃しました(笑)
私は時間と機会があればとにかく魚を見に行きますよ。
先述の通り、一切カメラには収めておりませんが、日らんまで一週間を切ったこの時期に、こういう方達の魚を見せて頂いたことは貴重な経験になりました。
今回もハードな全行程、付き合ってくれた川本さんに感謝です。


早いものでもう全国大会ですね。
今年はどんなドラマがあるのか。とても楽しみです。






Last updated  October 31, 2018 06:48:54 PM
カテゴリ:品評会
10月20日(土)房総らんちゅう会の品評大会にお邪魔しました。


良く晴れておりましたが、やはり海沿いと言うこともあり、風はびゅうびゅうです。











ちょっと風がありすぎて動画も見づらいですが、やはり魚はとても良かったです。
東部大会でも破竹の勢いを見せる会だけあって、若い人からベテランまで作り屋がしっかりと魚を作っておりますね。魅力のある魚ばかりでした。

土曜日開催と言うことでちょっと行きにくさはありますが、意外とアクセスも良いので、行けるときはなるべく伺いたいですね。見に行くだけで楽しめる会です。






Last updated  October 31, 2018 07:05:45 PM
October 8, 2018
カテゴリ:品評会
10月7日(日)東京小平市で行われた好鱗会の品評会にお邪魔しました。

良く晴れた暑い一日でした。

この日は大阪で錦蘭会の100周年記念大会も行われており、こんなことでも無いと伺うことが出来ないだろうと思い、また、他にも関西方面で行きたい場所があったので密かに大阪行きの計画を立てていたのですが、割りと早いうちに審査依頼があり断念。

審査依頼があって伺ったのですが、ガッツリとハマってしまい遅刻・・・。
道中で電話して「迷惑掛けるので」と待ってもらうこともせずに外して頂き。
審査はしませんでした。。。
結果的には良かった気がします。
審査員は錚々たる面々でしたので、私が中に入ったら萎縮してしまったでしょう。
なんつって。そんな玉じゃないことはもうバレちゃってます(汗)






西大関の森相氏の魚が抜群でした。立行司ならバッチリだったと思います。






終始穏やかな雰囲気で和気藹々と楽しい時間を過ごすことが出来ました。






Last updated  October 8, 2018 11:19:10 PM
September 11, 2018
カテゴリ:品評会
9月9日(日)岡山錦鱗会の品評会に参加しました。

例年通り、前日に高松空港へ飛び、田淵貴利君に迎えに来て貰いました。
田淵家はチラ見して、その後、愛媛へ行き、新居浜の直野高幸氏宅、佐藤英朗氏宅、西条の津島洋介氏宅を訪問しました。
皆、流石に良い魚がおりましたね。

あ、写真は全くないです。
ブリーダー訪問記事は真面目にやろうと思ってカメラは持って行ったのですが、田淵家に忘れてきました。。。
個人的に気になった魚や、全国大会用と言って見せて貰った魚はスマホで動画撮影しましたが、ブログなどで公開するものではないです。

昨今、ブログをはじめとしSNS等でも「○○の会に使います」とか言って平気で写真や動画を載せる人が目に付きますが、全公開の記事でそれをやるのはやっぱり良くないです。文章が無くても一緒。
自身だけならともかく、まわりにも迷惑がかかることですので、よく考えて掲載してほしいです。


そんな訳で香川に一泊して翌日、岡山錦鱗会の品評会に参加しました。
こちらでも写真は一切無しです!すいません!





一日中雨という、生憎の天候のためか、気持ち出品魚数は少なく感じましたが、それでもやはり岡山。魚が多かったです。
当然、魚質も良く、前頭下位まで楽しく見ることが出来ました。
今年の暑さの所為もあるでしょう。例年に比べると魚も大きい様に感じました。


会後は高尾夫妻宅を訪問。こちらも噂通り、魚が出来ていました。
その後は柏野会長宅で魚を見せて頂き、恒例のをご馳走になりました。
柏野会長、いつもいつも本当にすいません。ありがとうございました。

今年は雨で皆さん余程疲れたのか、たがが外れてしまった人が数名おりました・・・。

そんな感じで例年以上に楽しめた岡山でした。






Last updated  September 19, 2018 04:00:00 PM
August 20, 2018
カテゴリ:品評会

8月19日(日)横浜観魚会の第三回研究会に参加しました。

酷暑、猛暑も落ち着き、この日は過ごしやすい天候でした。


朝8時集合で準備開始


誰が何を指示する訳でもなく、手際良く、あっという間に準備完了。


10時になったら交換会開始


交換会終了後、出品魚受付開始


矢作会長の開会挨拶。
後ろの二人組がすげー邪魔・・・。
写る気満々で狙ってフレームインしてるくせに、このすまし顔。イラッとくる(笑)
その髪型流行ってんの?(爆)

◆審査結果◆

1席 齋藤一成
魚の仕上がり等総体的に見てこの日文句無しの一番だったと思います。


2席 藤川直子
会場内で一際高評価を得ていたのがこの魚。誰が見ても良い魚です。


3席 加藤貞信
我らが加藤氏。三回目でしっかりこの位置に入れてきましたね。ここから更なる作り込み、期待してます。


4席 鈴木貴光
我らが兄ぃ。魚質の良さではこの日のトップクラスでしょう。良い魚でした。


5席 秋元和男
この日は午後から房総の研究会でしたが、執念のダブルヘッダー参戦。研究会総合一位になったのかな?しっかりと武器を持った良魚でした。


6席 村田祐則
数年ぶりに好調の村田さん(笑)。交換会にも数匹出品されていましたが、本当に魚が良さそうです。大先輩なのにからかいまくっちゃってますが(爆)、村田さんの名前がこういう位置にあることが素直にとっても嬉しいです。


7席 篠 孝利


8席 丸山克昌


9席 森 寛登


10席 湯脇能紹
湯脇くん、やったね。ここからガッチリ作り込んでください。






◆東錦の部 審査結果◆


1席 中根俊彦

2席 高瀬有三
私的には溜め池の時点でこの魚が飛び抜けて良い魚、凄い魚だと感じました。写真、動画を見ても思いは変わらないなぁ。。。


3席 松下哲也
愛知から研究会フル参戦の松下さん。一回目の研究会の1席の魚ですね。大会も狙ってください。


4席 高瀬有三


5席 中根俊彦
私的には1席よりもこちらの魚の方が好きだったりします。




今回、P社の人が来られないと言うことで久々に撮影係をしましたが、本当に久々すぎて。。。
もう嫌です(爆)


次回はいよいよ本大会です(9月23日)。
楽しみですね!







Last updated  August 21, 2018 10:58:25 PM
November 4, 2017
カテゴリ:品評会
b01.JPG

b04.JPG

b03.JPG

b02.JPG

最高でした!






Last updated  November 4, 2017 06:52:52 PM
October 25, 2017
カテゴリ:品評会
10月22日(日)愛媛らん友会の品評大会にお邪魔しました。

Clip0001.jpg
"超大型台風"が押し寄せる土曜日に不安の出発。

行きはなんの問題も無く、いや、定刻より少し遅れましたが無事に到着。

土曜日は井門氏、竹内氏、丹下氏、武下氏の池に訪問しました。
翌日は佐々木氏、川本氏、次は山光氏。
訪問記事はまた後ほど。あんまり写真撮った記憶が無いけど・・・。

夜はかなりT内君、ゆとり淵君とはしゃぎすぎてしまいました・・・。

日曜日の朝、遅れ気味で駆け足で会場に到着すると、、、
001.JPG
↑皆様既にこの状態で待たれておりました(汗)
大変失礼致しました。

悪天候の影響も当然の様にあり、例年よりは少なめでしたが、それでも人も魚も沢山集まっておりました。
002.JPG

003.JPG
審査は柏野氏、橋本氏で行われました。

005.JPG
今年もテレビが並びます。私は今年は手ぶら。


◆当歳魚の部 審査結果◆

a01.JPG
東大関 松山 梅岡伸一郎
力強さのある、良い魚でした。梅岡さん、今年絶好調ですね。

a02.JPG
西大関 今治 武下喜一
私的にはこちらが抜群に良かったです。前日に見て「これは日らんでしょ!?」と思ったくらいですので。そういう魚でした。

a03.JPG
立行司 松山 竹内誠司
しっかりとこの位置に乗せてきますよね。竹内氏宅にも伺いましたが、かなり良かったです。

a04.JPG
取締一 新居浜 稲見光修
良い魚でした。もう少し番付的には上にいてもおかしくないと思いました。

a05.JPG
取締二 今治 大野宏児
こちらも良い魚でしたね。しっかり作っているのが伝わる良魚でした。

009.JPG





◆弐歳魚の部◆

b01.JPG
東大関 西条 津島洋介
ぶっちぎりの一番でしたね。流石の作りですね。私なら全国に出す魚です。

b02.JPG
西大関 松山 梅岡伸一郎
二歳でも梅岡氏の魚が光ってました。一生懸命作っているのがよく解る魚でした。

b03.JPG
立行司 砥部 井門 圭
欠点が見えましたが、素直に良い魚ですね。抜群の型。私的には大好きな魚です。

b04.JPG
取締一 松山 梅岡伸一郎
こちらにも梅岡氏。文句無しの総合優勝です。

b05.JPG
取締二 岡山 難波康宏
良い意味での野暮さと太身が魅力の良魚でした。

008.JPG



006.JPG
今年もまた電気屋がテレビを持って帰りました・・・。
魚と一緒に送ってくれても良いのに・・・。


◆親魚の部◆

c01.JPG
東大関 松山 川本智祥

c02.JPG
西大関 今治 村上昌弘

c03.JPG
立行司 松山 安田裕喜

c04.JPG
取締一 松山 竹内誠司

c05.JPG
取締二 松山 仙波睦美

007.JPG



ハッキリと私感を言いますと、関脇の二枚がこの日、圧倒的な親魚でした。
「親魚の部」という部門がある意味を私自身、よく考えたいと思います。

004.JPG

特に当歳魚の部は本当に年々と魚のレベルが上がっております。実力者揃いですからね。半端な魚では上がらなくなってきたと言う声を多く聞きました。
作りきったけど日らん選手ではないし、じゃあ、らん友会に持って行こうか!という感じで出す人が多いように思います。
さらには地元会員もこの日を目標に作ってるアツい人が多いので、必然的にレベルが上がって来ますよね。

悪天候でしたが、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
地元みたいな感覚で毎年楽しませて貰ってます。


らん友会の皆様、台風の中、本当にありがとうございました。


あと、親しい人の魚は全て連れてきてますので、興味のある方は直接お問い合わせください。






Last updated  October 26, 2017 02:57:50 PM
October 9, 2017
カテゴリ:品評会
10月8日(日)観栄らんちゅう会の品評大会にお邪魔しました。

観栄の品評会にお邪魔するのは何年ぶりでしょうか。かなり久々です。

a01.JPG
前日まではすっかり秋らしく冷え込む陽気でしたが、この日はご覧の通り快晴。
風もなく暑いくらいの天気でした。

a02.JPG
親、二歳の審査の様子

a03.JPG
当歳魚の審査場

久々の大会訪問と言うことでしっかりとカメラを持ち撮影する気満々で臨みましたが、会場に着くとP社の春風亭じゃなく、T山氏がいたので写真は任せることにしました(笑)。

連休なめててプチ遅刻&思った以上に暑くて気持ちが折れたの本当の理由ですが・・・。


各部門の優等魚は動画を撮ってきましたのでご覧ください。




何度も見ている小山氏の魚が東大関。前週も使ってますよね。タフな魚ですね~。
西と取締に入ってる吉村氏の魚も良い魚でした。


当歳は鈴木和也氏が東大関に。どこの会でも上位にしっかりと入賞し、絶好調ですね。
私的には神尾氏の西大関が好きですね。やはり神尾氏、魚が良いですね。
取締一のやまらんこと山口氏の魚も綺麗な良魚でした。
立行司と取締二には鈴木友来氏。立の魚はもう少し泳げてれば文句無しの一番だったと思います。「やっと結果出せた~!」と大喜びでしたが、結果が出て無くても魚が出来ているのはみ~んな知ってます。それだけ注目されていると言うことですよね。
結果はもちろん大事ですが、どの位置でも魅力のある魚って見る人はちゃんと見てますよ。


沢山の方とお話し出来、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
帰りも寄り道はしなかったので大きな渋滞もなく、スムーズに帰ってこれました。


次週は私的な用事があり、品評会訪問はお休みの予定です。
その次の週は愛媛蘭友会に参加する予定です。

a04.JPG






Last updated  October 9, 2017 10:36:54 PM
October 2, 2017
カテゴリ:品評会
10月1日(日)湘南らんちゅう会の品評大会にお邪魔しました。

01.JPG
会場は平塚市にある前鳥(さきとり)神社。
神社が会場って良いですよね。

08.JPG
天気は晴れみたいな曇りみたいな過ごしやすい感じでとても良かったです。

あ、今回結構まじめに写真撮ってます。

02.JPG
熊沢会長の挨拶

03.JPG
矢作東部本部長の挨拶

06.JPG

04.JPG
当歳魚審査の様子

◆当歳魚審査結果◆

a01.JPG
東大関 布袋竹 茅ヶ崎 竹之内博幸
東大関が抜けてましたね。太身抜群で裾をしっかりと使って泳ぐ魚。ガッチリ仕上げれば全国でも通用する魚だと思いました。良い魚でした。

a02.JPG
西大関 風神 伊勢原 熊沢 誠
サイズもあり、点数が出る魚でした。こういう魚を二歳親に仕上げるのかなぁと思いましたが、多分違うんでしょう。

a03.JPG
立行司 雷神 伊勢原 熊沢 誠
魚っぷり抜群、池見でも良く目立つ魚でした。立行司にバシッとハマってましたね。

a04.JPG
取締一 床屋 厚木 高橋大祐
太身抜群、尾構えもしっかりとした良魚でした。高橋氏、ちょっと魚が変わってきてますね。八○さん、魚名もう少し考えてあげて(笑)

a05.JPG
取締二 舞桜 横浜 加藤貞信
我らが加藤さんがしっかりと優等に入賞。小役狙いだったそうですが魚質の良さで点が出ましたね。来年、しっかりと仕上がった姿を楽しみにしてます。

東関脇 三橋真美
西関脇 松藤良一
東小結 矢作雄一
西小結 田代裕則
勧進元一 池住 修
勧進元二 高橋大祐
行司一 加藤貞信
行司二 安田英一
行司三 田代裕則
脇行司一 古瀬 充
脇行司二 村田祐則



05.JPG
弐歳魚審査の様子

◆弐歳魚の部審査結果◆

b01.JPG
東大関 龍王 伊勢原 熊沢 誠
東部大会でも優等にのっていた魚ですね。圧巻の良い魚でした。

b02.JPG
西大関 雷神 伊勢原 熊沢 誠
東に比べるとやや小振りですが、私的好みはこちらの魚かな。良い魚でした。

b03.JPG
立行司 床屋一 高橋大祐
こちらも良い魚でした。魚質が良いですね。

b04.JPG
取締一 花 伊勢原 熊沢 誠
写真が上手い(笑)。芯振りがありましたが、魚質の良さでこの位置に。欠点を見なければ私的には大好きな魚。格好良い魚でした。

b05.JPG
取締二 修医男 川崎 安田英一
なんか見覚えがあるというか、妙に愛着心が出てしまう魚でした(笑)。やっさん、ありがとう(笑)

こう見ると弐歳魚、高レベルだったなぁ。

東関脇 和田忠勝
西関脇 村田祐則
東小結 岩本公文
西小結 高橋大祐
勧進元一 漆山孝夫
勧進元二 城所慎一
行司一 高橋大祐
行司二 竹之内博幸
行司三 城所慎一
脇行司一 和田忠勝
脇行司二 岩本公文



09.JPG
親魚の部 審査の様子

◆親魚の部 審査結果◆

c01.JPG
東大関 床屋 厚木 高橋大祐
親魚はこの魚がダントツでした。高橋氏、当歳から親までしっかりと作っておられるなぁと感心しました。

c02.JPG
西大関 金太郎 南足柄 古瀬 充

c03.JPG
立行司 床屋五 厚木 高橋大祐

c04.JPG
取締一 大山 伊勢原 岩本公文

c05.JPG
取締二 紅虎 川崎 安田英一

東関脇 池住 修
西関脇 漆山孝夫
東小結 岩本公文
西小結 古瀬 充
勧進元一 和田忠勝
勧進元二 川口忠秋
行司一 成田祐輔
行司二 松坂祐一
行司三 城所慎一
脇行司一 漆山孝夫
脇行司二 八矢貞亮



緩い雰囲気で和気藹々、大会は初訪問でしたが、知った顔も多く、とても居心地が良かったです。
場所も家から車で30~40分と近いので、来年から入会しようかなと、考え中です。

07.JPG

ちょっと息抜きの日曜日という感じで、楽しい時間を過ごすことが出来ました。


次週は観栄らんちゅう会に伺う予定です。






Last updated  October 2, 2017 08:08:30 PM
September 25, 2017
カテゴリ:品評会
9月24日(日)横浜観魚会の品評大会に参加しました。

ホーム会は格別ですね。本当に楽しかったです。

安定の写真ゼロですが動画は撮ってきました。


親魚の部は東西大関が齋藤一成氏。圧巻ですね。
この両大関と立行司は溜め池でも群を抜いて目立ってましたね。
私的には坂牧氏の取締一の魚が今年も見られたことに感動。
下位にも良い魚がおりましたね。


弐歳魚の部は千葉の吉野氏が東大関を獲得。昨年の同会で西大関だった魚ですね。
私的には立行司の鈴木の兄ぃの魚が大好き。めちゃくちゃ良い魚でした。動画で会長の声も入っちゃってますが。。。
サイズはやや小振りですが、このバランス、尾型、最高です。
もう少し仕上げた姿を楽しみにしてます。
もう一人の兄貴、小池氏、意外にも初という優等入賞も嬉しかったです。



当歳魚はなんと言っても我らがえっさん!東大関獲得、本当におめでとう!
当歳魚の審査員は矢作会長、高地辰夫氏、高橋伸基氏、飯島真一氏、影山繁氏という、錚々たる顔ぶれ。全員が総本部審査員経験者で、協会内でもトップクラスの魚を見る目を持っている方々。出品魚数も多く、当然の様に辛い審査になります。

そんな中で均衡を破る様に高得点を叩き出したのがこの東大関。
魚係をやっておりましたが、この魚がえっさんのだとわかった時点で私はもうウルウルと・・・。
順位が確定し、濡れた手でガッチリと握手しました。
表彰式の時に矢作会長との抱擁を見て、チャボ君の表情を見て、私も完全に涙がこぼれてしまいました。いつからか涙もろくなってしまいまして、しょっちゅうウルウルしてしまうんですが、金魚の会場で涙を流したのは初めての事でした・・・。
横浜に参加しだした最初の数年は洗面器にすら乗せられなかったえっさんですが、「横浜で一番」を目標にストイックにやってこられたのを我々仲間は知ってますので、本当に自分のことの様に嬉しかったです。
今思い出しても泣いてしまいそうになる・・・。

西大関の竹内誠司君もさらっと西大関を獲得した感がありますが、三年前、横浜に初参戦してから魚を作るという思いがガラッと変わったと言います。完全に本能で魚を作るタイプでしたが、考える様になって、昨年辺りはそれが裏目に出てしまったかなと思いましたが、今年の魚を見て、また、本人と会話をする中で確実に良い方向にいってるなと思えました。魚に気持ちが乗ってますからね。一次審査で高得点が出たときに「それはバレるわ!(汗)」と言うくらいの大きめのガッツポーズを出してしまってましたね。実はそういうタイプでもないのに。こちらも本当に嬉しい結果でした。おめでとうございました。

立行司の齋ちゃんも横浜には特別な思いを持って参加しており、ちょくちょく好位置に魚を乗せておりますが、昨年は出品魚全てドボンと言う結果だったそうで。今年は悩んで悩んで「日らんよりも横浜で結果を出す!」と言って魚を作っていたのを、ちょくちょく遊びに行き見ていたので本当に嬉しかったです。横浜観魚会における「立行司」という番付の意味をしっかりと理解している齋ちゃん。本当に嬉しそうにしておりましたね。おめでとう。

上位三人、特に仲の良い人達が並んだことが本当に嬉しいです。俺得な並び(笑)
よく「横浜は人も魚も集まるしレベルが高いけど、他所の人ばかり上位に入ってるじゃないか」みたいなことを言われますが、そんなことを言うのは外野のみ。横浜の会員は徳島であれ、愛媛であれ、静岡であれ、どこの人であれ皆横浜の仲間だと思っておりますので。仲間の好成績は素直に喜ぶことが出来るんです。
まあ、自分も含め、地元会員もう少し頑張ろうと言う気持ちはもちろんありますけどね・・・。


新会場で初めての大会と言うこともあり、不安な点もありましたが、沢山の人に集まって頂き、今年も良い魚を見ることが出来ました。
昨年の大会が私的にはとても印象的な、歴史に残ると言っても過言ではない魚並びで、本当に過去一番と言えるくらい、楽しく充実した大会だったのですが、今年は今年で本当に楽しく、去年とはまた違った"感動的"な、今後もずっと心に残る大会だったと思います。


前日からなかなかハードで、終わった後も疲れが抜けませんが、とても充実した疲れです。


誰も興味が無いでしょうが、私の成績は弐歳魚を1匹出品して、前頭の中盤くらいに・・・。魚名は「なっちゃん」。
東錦は当歳魚を3匹出して西小結とドボンが2匹・・・。
自分がもっとドキドキ出来る様な魚を出していれば、もっともっと楽しめたんだろうなぁと思いますよね~。去年も今年も・・・。

そういえば東錦の動画を撮ってないな・・・。
チャボ君、東大関おめでとう。

とっても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
参加の皆様、お疲れ様でした。


次週は愛・・・ではなく、未定です(笑)
10月第一日曜日がフリーってすっごい違和感。
湘南らんちゅう会をのぞきに行こうかな。






Last updated  September 26, 2017 09:04:18 PM
このブログでよく読まれている記事

全251件 (251件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

PR

Free Space

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.