2012年07月14日

メイクはした方がよいか?しない方がよいか?

カテゴリ:カテゴリ未分類

1310061328007747600.jpg

毎日が紫外線対策日




紫外線がとても気になる季節です。

良い面として紫外線は殺菌作用があります。

身体の栄養に必要なビタミンDを合成するのに紫外線は必要で

カルシウムの吸収、骨をじょうぶにします。

マイナス面ですが、UV( ウルトラ バイオレット )の影響で日焼け、シミ、ソバカス、

肌の乾燥、シワ、たるみの原因にもなります。

UVはまた日光過敏症のように肌を敏感にさせます。

また活性酸素の影響で肌細胞の老化にもつながります。

メイクは美しさを演出させるだけではなく、紫外線によるこれらの悪影響を

防げます。

もちろん、スッピンの美しさは大切ですが、メイクも大切です。



パウダータイプ、ファンデの比較

☆色素( タール系色素、合成着色料 ) + 粉 ( 石灰石、カオリン、タルク )
→→→でこぼこな粒子


☆色素( 天然ミネラル色素 ) + 粉 ( シリカ、マイカ、米デンプン、米ぬか)
→→→ なめらかな粒子

顕微鏡で観察すると、ギザギザでこぼこのよりは、なめらかな球面加工のパウダーのほうが
お肌にやさしいですね。


紫外線量
1日ではAM10:00~ PM14:00 がピーク

1年では5月~8月がピーク


SPFの数字は何?( Sun Protection Factor )
日焼け防止用化粧品の日焼け防止効果が持続する時間

SPF1 = 約20分( 肌本来の働きで紫外線から守れる時間 )

SPF35 × 20分 = 700分( 11時間40分 )
SPF45 × 20分 = 900分( 15時間 )

SPF75、SPF100は必要でしょうか???
1日は24時間ですよね!
自分で計算してみてね!



スキンケア、メイクのことなら
SUN鍼灸院


 

スマホサイト

SUN鍼灸院 

 






TWITTER

Last updated  2016年02月09日 14時05分41秒