1270396 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

旧:無菌室育ち

女の酒


                  『女の酒』

”ブラッディマリー”が好きだ。”血まみれメアリ”。歴史上の人物の名を冠したカクテルだ。ウォッカベースのトマトジュース味。
昔から酒に強い。体質である。薄い酒は飲んだ気がしない。茅台酒ぐらいじゃないと。酔わないから味にもうるさい。日本酒は冷で。
だが、そんな「うわばみ」「底なし」「クラインの壺」と呼ばれたのも過去の話。今は断酒している。肝臓ではない。酒とは全く関係のない持病をもち、酒とは全く関係のない薬を飲んでいるのだが、

「アルコールは副作用を増大させるから、料理に使う程度にしてくださいねぇー」

薬剤師さんの笑顔一発、それ以来、全く飲んでいない。ええ、栄養ドリンクも。あれは精製するときアルコール使うから。

「あれだけ飲んだ人が禁酒なんて!」と気の毒がられるので、言わない。飲み会に出なけりゃいいだけの話。病気があるから特に説明の必要なし。第一、それほど気の毒でもないのに、同情されるのも困る。

私は酒でストレス解消したことがない。

酒席の最後まで素面だから、かなりの確率で、酔いつぶれた他人の介抱をすることになる。
はっきり言ってしまえば、酔わないから面白くもなんともないのだ。飲むのは付き合い。むしろ、酔っ払いの介抱から解放されて、かなり楽かも…。

今、困るのは、贈答品である。大酒のみで有名だったから…。夫も、酒とは関係のない持病がある。その薬は、アルコール制限はないはずなんだが、どうもアルコールと相性が悪いらしい。本人があまり多くを飲まないようにしている。だから、酒は持て余すのである。
うんたらというドイツワイン。夫が少し味わって、あとは料理につかえばいいやー、と、思って受け取った。以前はビーフシチューによく使ってたのに、狂牛病以来、牛肉を食べる回数が減ったから、余ってしまった。ワインセラーがあるわけじゃなし、あんまり長く置いておいたから、酢になってしまった。レミーマルタンは料理に使うもんじゃないし…。

正直に説明しはじめると、ややこしいのよねぇ。
誤解されるままに「肝臓病」ってことにしちゃうのもねぇ。

たぶん、私の肝臓は死ぬまで健康。
”ブラッディマリー”のように味わうお酒を楽しめないのは残念だが、最近は”バージンマリー”も色々な味が出て美味しくなったし、「ま、いっか」。

じゃ、今夜もトマトジュース。

       『リレーエッセイ十本流し』
        テーマ『血』でした。


© Rakuten Group, Inc.