1274604 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

旧:無菌室育ち

PR

X

Favorite Blog

インスタグラムと連… 楽天ブログスタッフさん

今日もつれづれ エミリースターさん

blancaの自由心~感… blancaさん
継続は疲れます・・… アインマンさん
こももすもものひと… こももすももさん
ちょっと本を作って… 秦野の隠居さん
おやこkujira Room きだんごさん
シャークにあたっく★ サメ子さん
とん兵衛思考録 2 とん兵衛3074さん
からまつそう yamahusaさん

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2021/07
2021/06
2021/05
2021/04
2021/03

Freepage List

2005/03/01
XML
カテゴリ:創作怪談
稲川淳二真冬の怪談優秀作「開いた金庫」、案外、実話がほとんど加工されていないのではないかと思う。
これ、作り話っぽいから。
実話は、うそ臭いものなのだ。

実際、予見してしまう人、というのはいる。

避けられないその日を意識しながら生きる、と、言うのは、人間には不可能なのだ。
病気の宣告でさえ、正確なその日をつげることはできない。
だから、可能性にすがることもあり、奇跡を信じることもあり、最期の瞬間まで生きることができるのだ。

金庫に入れたのは、封印するためだと思う。

さて、今日とかわらぬ明日が来ると、あなたは信じられますか?






Last updated  2005/03/05 02:30:10 AM
コメント(2) | コメントを書く
[創作怪談] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


さて、この話ですが・・・。   t-baby さん
こんにちは、この話を作った本人です。種明かし
をしましょう。

この話は、「事故に会う」前までは本当の話です。
私が買った金庫が開かないまま今でも田舎の実家
にほったらかしになっています。

それを、22年ほど忘れていて、フィットネスクラ
ブの靴のロッカーの鍵を開けるときに「ハッ」と
思い出したのです。この時は、夜も眠れないほど
の嫌な気分でした。中に入れていたものが何かあ
るのではないかと。思い出せないし、開かない金
庫がほったらかしになっているなんか嫌な気分で
す。ご先祖さまの金庫が見つかったらワクワクし
ますが、今、金庫の中には生活に必要な何かが入
っているのではといった「あせり」です。


その気持ちを膨らませて、事故に合うという設定
を後で付け足したのです。

なので、金庫はまだ開いていないままの状態なの
です・・・。 (2005/04/18 07:25:18 PM)

Re:さて、この話ですが・・・。(03/01)   わに庭 さん
t-babyさん
ご訪問ありがとうございます!
そうか、中身だけが創作でしたか。
星新一のショートショートにそっくりの話がありますよ。
見知らぬ青年がかばんを老人に預けて「絶対取りに来るから空けないでくれ」と去る。
老人は技術はあるけど独創性がないので売れない画家で、それでも細々と絵描きをやっていたのだが、かばんの中身が気になって、それを想像して絵を描くと、芸術的迫力がある、と、世間に認められる。中身を想像するたびに画風が変わるので「老境に入ってから次々と新境地を開拓した天才」として生涯を終える。かばんは開かないまま。死去のニュースを見て持ち主の青年が思い出すんだけど「まあ、あけてもたいしたものじゃないし」とほっといた。…ってんで、結局読者には、かばんの中身がわからないしかけの話です。
いやー、こっちの「予見」にも体験ありなんですが、それは言うとまずい感じがするので、ご想像ください。 (2005/04/19 11:24:11 AM)

Profile


入り江わに

Comments

わに庭@ Re:売り切れてました!(03/24) chonakochiさん >覗いたら売り切れてまし…
chonakochi@ 売り切れてました! 覗いたら売り切れてました!サメの歯がか…
わに庭@ Re:お久しぶりです!(04/19) うわぁ、コメント放置ですみません! そう…
chonakochi@ お久しぶりです! お久しぶりです!そんな機能ができたんで…
わに庭@ Re:RSSリーダーも…(08/07) yamahusaさん えええ、どこに告知ありま…

Headline News

Calendar


© Rakuten Group, Inc.