292340 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ばんブロ(ばんえいスタジオのブログ)

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全623件 (623件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 63 >

2019年05月21日
XML
カテゴリ:今週の注目&回顧
今週の帯広競馬場。

場内エキサイティングゾーンのアスファルトが新しく敷き直されました。





上の写真で黒い部分が新しいアスファルトです。凹凸が少なくなり歩きやすくなりました。

ただ、応援に力が入る場所である事に変わりはありません。

エキサイティングゾーンでの、エキサイティングのし過ぎは怪我の元となる事もあるので引き続きご注意しながらお楽しみ下さい。



さて先週は夏日になる日もあり馬場の乾燥が進みました。

日曜、月曜と散水が実施されたものの風も吹き砂煙が舞い上がるシーンが何度も観られました。

そんな中19日(日)のメインには3歳以上牝馬の一戦。カーネーションカップが行われました。

ハンデ頭で人気し勝利したのはミスタカシマでした。





管理する槻舘重人(つきだて・しげと)調教師にお話を聴くと、まだ出来は八部ぐらいとの事。

それで勝つのですから次世代の最強牝馬の呼び声が高いのもうなずけます。

今後は4歳重賞路線を中心に戦っていければとの事でした。



20日(月)は3歳オープン別定の一戦。とかち皐月賞が行われました。

まだ先ではありますが、この世代の重賞戦線1冠目8月4日の「ばんえい大賞典」にも繋がるレースです。

2歳シーズンの重賞で活躍した馬はもちろん上がり馬にも注目が集まります。

今回、勝ったのは上がり馬アポロンでした。





管理する服部義幸(はっとり・よしゆき)調教師は徐々に力をつけてきているよ。と、目を細めて嬉しそうにお話してくれました。



ばんえいは5月は重賞がありませんが6月以降の重賞に繋がるレース等はありますので引き続きご注目下さい。






最終更新日  2019年05月21日 08時40分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月20日
カテゴリ:第1Rインタビュー






最終更新日  2019年05月20日 15時01分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月17日
カテゴリ:今週の注目&回顧
今週は18日(土)から3日間の開催。

フェーン現象の影響で、オホーツク、道東方面は
気温が上がり、30℃蔵になる地域もあるようです。
帯広は最高25℃の予報。
ちょうどいい気候になりそうですね。

17日(木)には第3回能力検査が行われました。
その結果は​こちら。

能力がありそうな馬も多く登場していたようで
今後デビューが楽しみですね。


18日(土)メインは
五月雨特別A2-1
(第10レース 20:10発走予定)

ホクショウメジャー
スーパータイトル
カネゾウ
ホクショウユズル
センリョウボス
ブチオ
サクラダイチ
フクトク
コウシュハレガシー   以上の10頭

このクラスで前回戦った馬たちが案外な成績だっただけに
下から上がってきた馬の勢いがどこまでか注目。
また4歳「コウシュハレガシー」が前回世代戦で
抜けた走りを見せていたので、本物かどうか見極めたい。



19日(日)のメイン
ダスキンオビヒロ賞 第12回カーネーションカップ
3歳以上牝馬オープン別定
(第10レース 20:10発走予定)

サカノチサト
サンシルクラポピー
フェアリースズ
メヂカラ
キタノサカエヒメ
ミスタカシマ
ヤマノホシ
タナボタチャン
ナカゼンガキタ
シンエイボブ     以上10頭

昨年引退などもあり、世代がガラッと変わった印象がします。
牝馬戦は普段は知っているレース、ハンデ差などを見ると
通常上のクラスが有利。
オープン馬は「ミスタカシマ」の1頭。
次にA1「ナカゼンガキタ」、A2「シンエイボブ」
後はBクラスの馬たち。
下のクラスの馬たちは好調で勢いはありそうですが、
どうでしょうか。
4歳馬の「ミスタカシマ」は新女王として君臨することが
できるのかも注目ですね。


20日(月)のメインは
とかち皐月賞 3歳オープン別定
(第10レース 20:05発走予定 枠順確定前登録馬)

アオノゴッド
アオノブラック
アポロン
インビクタ
ギンノダイマオー
サクラドリーマー
ジェイエース
ジェイカトレア
ダイリンファイター
メムロボブサップ

3歳の重賞1冠目は、8月なのでまだまだ先。
昨年チャンピオンのメムロボブサップ登場。

例年3歳なって力をつけてくる馬も多くいて、
2歳チャンピオンが引き続き活躍するとは
限らないのがばんえい競馬。
さらに、2歳時に稼いだ賞金で
ハンデがかなり厳しいというのも
チャンピオンにとっては苦しい3歳シーズンです。
今回も下とは60キロのハンデ差
メンバーというよりもハンデとの戦いですね。

1冠目までに勢力図がどのようになっているのか。
毎月特別戦が組まれていますので、
じっくりと吟味、注目していきましょう。

(18日昼に出走馬が確定し、メムロボブサップ、ダイリンファイターが回避
 8頭立てと変わっています。)






最終更新日  2019年05月18日 13時31分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月14日
カテゴリ:今週の注目&回顧
日中は20度前後まで気温が上がる日も
珍しくはなくなってきました。

しかしながら朝方は氷点下まで下がらずとも、
1度、2度と低い日も多く北国はストーブなどの
暖房器具がまだまだ完全には手放せない状況です。

そんな気候の中、
ばんえい競馬は開催が第2回後半に入り、
2歳新馬戦が始まりました!

今回は5月11日、12日、13日に
デビュー戦を勝利した馬を紹介して参ります。



・5月11日(土)2歳新馬戦(第3R)天候:晴れ 馬場水分:1.4%

●トワトラナノココロ<騎手:阿部武臣>2分16秒0

父 (半血)ナリタボブサップ

母 (日輓)カズトシレディー

調教師:坂本東一(ばんえい)

産地:北海道河西郡芽室町

生産牧場:竹澤一彦

馬主:干場正吉








最初に第2障害を仕掛け、すんなり上がり、そのまま先頭で後ろを離してゴール。



・5月12日(日)2歳新馬戦(第2R)天候:晴れ 馬場水分:1.2%

●キタノボブサップ<騎手:鈴木恵介>2分1秒2

父 (半血)ナリタボブサップ

母 (日輓)夢 桜

調教師:服部義幸(ばんえい)

産地:北海道足寄郡陸別町

生産牧場:村上昭一

馬主:木下英三








第2障害を力強くすんなり上がり、そのまま後続を寄せ付けず圧勝。



・5月12日(日)2歳新馬戦(第3R)天候:晴れ 馬場水分:1.2%

●オレノプライド<騎手:鈴木恵介>2分3秒9

父 (半血)カネサブラック

母 (半血)栄 姫

調教師:槻舘重人(ばんえい)

産地:北海道網走市

生産牧場:佐藤久夫

馬主:大森勝廣








残り20Mで先頭の馬を僅かに交わし接戦を勝利。



・5月13日(月)2歳新馬戦(第2R)天候:晴れ 馬場水分:1.1%

●コマサンダイヤ<騎手:藤野俊一>2分9秒2

父 (半血)ウンカイ

母 (日輓)コマクイン

調教師:金田勇(ばんえい)

産地:北海道河西郡芽室町

生産牧場:加納友喜

馬主:駒井鉄雄








先行し、先頭で第2障害を下り、そのまま先頭でゴール。



・5月13日(月)2歳新馬戦(第3R)天候:晴れ 馬場水分:1.1%

●キョウエイリュウ<騎手:松田道明>1分59秒4

父 (日輓)カネサテンリュウ

母 (日輓)風蓮

調教師:村上慎一(ばんえい)

産地:北海道足寄郡足寄町

生産牧場:大野信一

馬主:大野昇








スタートで外によれるも、立て直し先行。第2障害でも寄れながらも力強く先頭で上がり圧勝。



3日間に渡り行われた新馬戦。

馬場の違いはありますが、
時計が唯一2分を切ったキョウエイリュウが
まだ幼い所も見せながらも大物を予感させる
競馬を見せてくれました。

さすが能力検査一番時計馬でした。



新馬戦全体を見て感じた事は、
今年は馬場の砂を入れ替えてから
能力検査を実施し、そこを通過した馬達が
2歳新馬戦を行ったせいだったとは思いますが…。

競走中止や時間失格になる馬が少ないのは
ここ数年の新馬戦とは大きく違います。

また馬券での大きな波乱は見られませんでした。

例年ですと波乱も多い2歳戦ですが、
今季は今後どうなるでしょうか?

引き続き2歳戦にご注目下さい。






最終更新日  2019年05月14日 08時20分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月13日
カテゴリ:第1Rインタビュー






最終更新日  2019年05月13日 15時12分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月12日
カテゴリ:騎手






最終更新日  2019年05月13日 09時29分19秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:第1Rインタビュー






最終更新日  2019年05月12日 15時02分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月11日
カテゴリ:第1Rインタビュー






最終更新日  2019年05月11日 15時43分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月10日
カテゴリ:今週の注目&回顧
ゴールデンウィークの10連休は
皆さん楽しく過ごすことはできましたでしょうか。

ばんえい競馬は10連休中7日間開催。
観光でいらした方も多く、
初めてのばんえい競馬に興奮
楽しいと思って、リピーターとなって
頂ければ嬉しいですね。

今週も3日間開催
土曜、日曜、月曜日ばんえい競馬開催予定です。

今週からいよいよ2歳馬戦が始まります。
以前からこのブログでも話しているとおり、
今年の2歳馬能力検査は、馬たちにとって
かなり苦しいものでした。
その中で合格してきた馬たち。
いわばエリートです。
将来ばんえい競馬を背負っていく馬たちが
これから続々とデビュー致します。

まず今季最初の2歳新馬戦は
11日(土)第3レースに組まれております。
(15時50分発走予定)

コノミチヒトスジ
テンセイノカガヤキ
サツキレディー
コジロウマル
イワキファイター
コマサンカイリキ
アサヒユウシン
ホクエイクイーン
トワトラナノココロ        以上の9頭

おそらく第1回能力検査で、好時計で合格してきた
トワトラナノココロに注目が集まることでしょう。

12日(日)は2レース新馬戦が組まれております。

第2レース(15時15分発走予定)
ユリサクラ
マオノマジック
ジェイサンデー
キタノダイゴロウ
レッドクレオパトラ
キタノボブサップ
サロマタイショウ
コウシュハロマンス
フレイムサクラ       以上9頭

能力検査のタイムではキタノボブサップが抜けていますね

第3レース(15時50分発走予定)
ミヤケリュウジン
トウショウアイリス
フレイムファイト
オレノプライド
ハゴロモミッキー
ヒメトラマジック
ニセコヒカル
シルバーアロイ
カゲノクリフジ    以上10頭

ここはなかなかいいメンバーが揃いました。
面白そうなレースになりそうです。

第1回の能力検査が難関だっただけに、
何度か馬場が使われて、落ち着いてきた馬場で
今度は本番のレース。
fまだまだあどけなさが残る2歳馬たち。
どんな感じになるのか本当に楽しみですね。

ぜひご注目ください。


13日(月)のメインは
スーパージョッキー賞を予定しております。

昨年度リーディング上位の騎手たちによる戦い。
明日メンバー、騎乗騎手が決まります。
今年も騎手たちの手綱さばきは要チェック。
11年連続リーティングトップの鈴木恵介騎手。
そして、2年連続壮絶なリーティング争いを
見せてくれた阿部武臣騎手。
昨年ベスト3に入った西謙一騎手。

これからもいいレースを見せてくれることでしょう。

騎手会長の西謙一騎手ですが、
12日(日)スタジオ出演予定です



今年もばんスタプレイヤーを行います。
騎手の素顔に迫りますよ。

ばんえいの騎手は皆さんシャイで
言葉少なげなところはありますが、
ハートは熱いものを持っています。

ファンの皆さんに少しでも
騎手の人柄に触れていただければと
思っております。

メッセージ募集中です。ぜひお寄せください。






最終更新日  2019年05月10日 17時41分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月07日
カテゴリ:今週の注目&回顧

5月4日(土)から
春とは思えぬ暑さの中、
ばんえい競馬が行われました。

5日(日)にいたっては
最高気温が29.1度と上昇し、
ほぼ真夏日の暑さを記録。

ゴールデンウイークと、
この暑さで多くの方にご来場頂きました。

今週も大きな歓声が
毎レースのように上がり
盛り上がりをみせました。

そんな中ばんえい今季の最初、
また令和最初の重賞レース。

第13回ばんえい十勝オッズパーク杯が
行われました。

人気は3連覇がかかる
コウシュハウンカイ。そしてオレノココロの
9歳馬2頭。それにメジロゴーリキ、
ゴールデンフウジンの5歳馬が続く格好でした。

レースはメジロゴーリキがレースを引っ張ります。
これにゴールデンフウジン、コウシュハウンカイ、
オレノココロが続きます。

レース後の共同会見で鈴木恵介騎手が、
この大きく離されない4番手位置が
もう少し前でも後ろでもダメだったと思うぐらい
絶妙な位置だったと話してくれました。

第2障害ではメジロゴーリキが最初に仕掛け、
先頭で障害を降りますが、すぐさまオレノココロ、
コウシュハウンカイが続き降りて3頭が並びます。

3頭が競り合いながらゴールに向かいます。

この3頭から遅れて、
ゴールデンフウジンが第2障害を降り
前の3頭に迫ります。

追い比べとなり、
やはり流石の脚でオレノココロが抜け出し、
ゴール前では1馬身少し抜け勝ちました。



※主催者から頂いた写真です


このレースでオレノココロは重賞22勝を達成。
カネサブラック(2013年引退)が持つ
重賞最多勝記録を更新しました。

鈴木恵介(すずき・けいすけ)騎手、
槻舘重人(つきだて・しげと)調教師の
プレイヤーインタビューはこちらから。

↓ ↓ ↓ ↓

第13回ばんえい十勝オッズパーク杯(BG2)|オレノココロ

コウシュハウンカイは2着に敗れ、
このレース3連覇とはなりませんでしたが
しっかりとした歩きを見せてくれました。

3着は5歳馬2頭が並びましたが、
メジロゴーリキが終わってみれば抜かせず
接戦に強い所をまた見せてくれました。

4着のゴールデンフウジンは、
離れた所から前3頭に迫った脚は
見応え十分でした。







最終更新日  2019年05月07日 08時10分07秒
コメント(0) | コメントを書く

全623件 (623件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 63 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.