042141 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ばんブロ(ばんえいスタジオのブログ)

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

今週の注目&回顧

(47)

重賞

(12)

騎手

(23)

調教師

(8)

第1Rインタビュー

(62)

イベント

(2)

お知らせ

(0)

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017年08月08日
XML
カテゴリ:今週の注目&回顧
ばんえい8月5日~7日の3日間の開催は、

ず~と、ほぼ快晴。

気温も25度前後と過ごしやすい、

ばんえい観戦日和でした!



月曜の開催前に「ふれあい動物園」を覗いてみたら、

そんな過ごしやすい気候の中、

なんとも馬達ののどかな光景が広がっていました★

001.JPG

002.JPG

003.JPG

004.JPG

……ミルキーは後ろを向いて顔を合わせてくれませんでしたが(笑)……



あと本場にお越しいただいたら、

ご覧頂きたいものがございます。

走路の整備です。

この写真の時は係員が第2障害を整地していました。

005.JPG

006.JPG

スコップで「えっさ、えっさ」と、

手作業で行っています。ある方に聴いたら、

夏場は砂からの照り返しの暑さ、

熱があるので、本当に地獄~~~~。と、

おっしゃってました。

皆様、本当にお疲れ様です。



応援下さるファンやプレーヤーはもちろんですが、

本当にたくさんの方の力が合わさり、

競馬って開催できるんだなと最近は特に強く感じています。



今週もそんな力が合わさり、

開催されたばんえい競馬。

日曜のメインはHBC杯・山鳩(やまばと)賞が行われました。

人気を集めたのはトップハンデで、

4歳重賞路線1冠目柏林賞を制覇している6番マルミゴウカイ。

レースは3番手で下るとジワリジワリと前に迫り、

残り20から抜け出してそのまま押し切り勝利。

007.JPG

008.JPG

009.JPG

010.JPG



1冠目の柏林賞同様にトップハンデを感じさせない勝利でした。

藤本匠(ふじもとたくみ)騎手は降りたら確実に歩くので、

柏林賞の時と同じように道中は折り合いに専念しました。

ここ数戦で成長を感じてるよとコメント。

四歳世代では、やはり抜けている存在という事を改めて感じる一戦でした。



4歳重賞の2冠目は9月24日の銀河賞。

その前8月27日には3歳・4歳との交流重賞はまなす賞が組まれていて、

どちらに、あるいは両方?出走という事もあるのか??

注目が集まります。






最終更新日  2017年08月08日 06時21分52秒
コメント(0) | コメントを書く
[今週の注目&回顧] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.