211211 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ばんブロ(ばんえいスタジオのブログ)

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018年03月13日
XML
カテゴリ:今週の注目&回顧
開催前の木曜に雪が降り積もり、
そのあと金曜の昼頃まで大雨が降った今週の十勝。

この雪と雨で厩舎地区は水浸しになり
厩舎関係の皆様は地面にたまった水を出す等の作業で、
大変な苦労があったようです。

その懸命な作業のお陰で、
今週も無事に開催された帯広競馬場ばんえい競馬。

日曜は4歳と5歳の2世代が対戦する重賞レース。
ポプラ賞が行われました。

人気は唯一の重賞未勝利馬、
お正月の天馬賞で積極的に先行しあっと言わせ
見せ場を作ったタカタシップ。
3冠馬で実績がある分
800キロの荷物を曳くマルミゴウカイ。
5歳馬2頭が集めていました。

レースはタカラシップが
天馬賞の時のように先行し引っ張ります。
第2障害も最初に仕掛け降りて
後続が下ってこない間にリードを拡げます。

その後、第2障害をクリアしたマルミゴウカイが、
800キロの荷物とは思わせない脚で追い込み。

残り10M程で粘るタカラシップに並ぶと
最後は世代王者の貫禄を見せつけるように、
見事に差し切りました。



※主催者から頂いた写真です



※主催者から頂いた写真です


各陣営のコメントは、

●藤本匠(ふじもと・たくみ)騎手
下と40キロ差の荷物は
前走も780キロで経験しましたが
今回は自分が800キロですので
さすがに厳しいと感じていました。
正直、勝てるとは思っていなかったです。

道中、隣の馬に2回ぐらいちょっかいを出したけど
ある意味余裕があるなとも感じました。
障害はタカタシップが上がっていたのを見て、
今しか間に合わないと思い
仕掛けたけど上がって良かった。
これがトンピシャはまったという感じです。
天板ではグラっとしたけど、何とか持ってくれました。

この馬に最初乗った頃は気ままな所をみせてたけど、
今はあつかいやすくなってきました。
5歳にしては身体が出来ているし、
これだけの成績を残しているから能力はあると思います。
古馬オープンになっても
なかなか重賞を獲れない馬も多いけど、
世代交代もあるし、この馬は古馬になっても
重賞でやっていける馬だと思います。


●槻館重人(つきだて・しげと)調教師
正直ハンデが厳しいと思っていた。
まさか勝てるとは思っていなかったのが正直な所です。

きかない所もある馬で、
パドックでも、ちゃかついてましたが、
そういう馬の方が個人的には良いと思っています。

馬体重は今日プラス15キロで
1110キロとしていますが、
まだまだ幅が出てきて更に成長すると思います。



と、それぞれコメント。

2人のプレイヤーインタビューは
以下からご覧下さい。

↓ ↓ ↓ ↓

第39回ポプラ賞BG3マルミゴウカイ



騎手も調教師も「まさか勝てるとは」という言葉が第一声。

関わる人が思う以上のパフォーマンスをマルミゴウカイが見せてくれました。






最終更新日  2018年03月13日 00時55分14秒
コメント(0) | コメントを書く
[今週の注目&回顧] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.