600535 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ばんブロ(ばんえいスタジオのブログ)

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年05月26日
XML
カテゴリ:今週の注目&回顧
5月23日(土)から25日(月)の帯広。

土曜は曇りで気温10度前後、日曜は曇りで15度前後、月曜は前夜に雨が降りましたが上がって20度前後。

いつも以上に体調管理に気を遣う3日間でした。

そんな3日間で「ばんえい」は今季2度目となる新馬戦が行われました。

今回は新馬戦の勝馬を紹介して参ります。 ※今季の1回目は以下からご覧ください。 ⇒ ばんえい2歳新馬戦が始まる★



・1番シンエイアロウ<西謙一騎手>(5月23日(土)第2R 馬場水分0.6% ABC散水実施 タイム1分43秒1)父:アローファイター、母:ヒメノハツヒメ

好スタートから先行。すんなりと先頭で障害を上がる。降りても良い脚で快勝。高い障害力を感じさせた。










・2番アルトゥン<島津新騎手>(5月23日(土)3R 馬場水分0.6% ABC散水実施 タイム1分46秒9 )父:アアモンドヤマト、母:フェアリークィーン

道中は騎手が半腰になりながら何とか折り合いをつけていた印象。障害を降りて一気に先頭にたつと、他馬を突き放して勝利。










・9番マルホンキンリュウ<阿部武臣騎手>(5月24日(日)2R 馬場水分0.6% ABC散水実施 タイム1分58秒5 )父:アローファイター、母:デラックプライム

第1障害で内によれるも先行する。なんとか第2障害を止まらずに降りると直ぐに前の馬を捕らえて勝利。










・7番レイワノダイマオー<阿部武臣騎手>(5月24日(日)3R 馬場水分0.6% ABC散水実施 タイム1分54秒5 )父:アーティーハヤテ、母:トップショウ

先行し第2障害を先頭で降りゴールに向かう。後半は脚色が鈍り後続馬の猛追もあったが、何とか凌いで勝利。










・1番アアモンドフジ<松田道明騎手>(5月24日(日)4R 馬場水分0.6% ABC散水実施 タイム1分52秒6 )父:イサムフジ、母:繁栄

道中から他馬を離す格好で先行。すんなりと障害を上がると後続を寄せ付けない歩きで圧勝。










・5番シンデレラナイト<渡来心路騎手>(5月25日(月)2R 馬場水分1.5% タイム1分40秒8 )父:スギノハリアー、母:パワフルオヒメ

障害力をみせ先に降りたニシキホワイトを残り20Mで交わし差し切っての勝利。良い脚をみせた。










・4番アルジャンノオー<藤野俊一騎手>(5月25日(月)3R 馬場水分1.5% タイム1分28秒7 )父:レットダイヤ、母:旭灼

今年の第1回能力検査1番時計馬。好スタートから先行。単独で2障害を降りると素晴らしい脚でゴールに向かう。タイム1分28秒7で圧勝。










・5番フェアリーマイ<長澤幸太騎手>(5月25日(月)4R 馬場水分1.5% タイム1分49秒8 )父:ライデンロック、母:タカラロイヤル

4~5頭が一団で第2障害を降りると、そこから抜け出す。最後まで歩き切ってデビュー戦を勝利。










3日間とも散水や雨、また気温が違い単純に時計の早い遅いで強い弱いを判断しずらい所ではありますが、25日(月)に出走し勝利したアルジャンノオーは脚色や時計が今の所では抜けている印象。

次回はどんな2歳馬が登場するのか?引き続き、お楽しみ下さい。






最終更新日  2020年05月26日 08時50分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[今週の注目&回顧] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.