000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ばんブロ(ばんえいスタジオのブログ)

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年07月31日
XML
カテゴリ:今週の注目&回顧
ようやく夏らしくなった帯広。
今日は真夏日を記録。30℃超えは久々のように感じます。

しばらくは気温が高め。しかし、太陽はあまり望めない予報。
今年は暑くなるとの長期予報でしたが、
それほどでもなさそうですね。

馬場は乾いているように思いますが、
先週も夜になると時計が出ていたように思いますので、
日が沈んでからは馬場状況要注意ですね。

いよいよ8月のかいさいとなるばんえい競馬。
2日(日)は3歳の1冠目が始まります。
第45回ばんえい大賞典BG3​ 3歳オープン
(第10レース 20:10発走予定)

昨年はメムロボブサップが18年ぶりの3歳3冠馬となり、
3冠誕生の際の阿部騎手の涙は印象的でした。

さて、今年はどんなレースになるのか楽しみですね

メンバーは
サロマタイショウ
コウテイ
キョウエイリュウ
エンゼルフクヒメ
ダイナマイト
ゴールドハンター
コマサンダイヤ
トワトラナノココロ
ブラックサファイア
カイセドクター     以上フルゲート10頭が揃いました。

登録段階ではアバシリルビーの名前がありましたが、
回避してコウテイが繰り上がってきました。

この世代はキョウエイリュウ1強模様でしたが、
ここにきて、どの馬も上り調子。

成績を見てもお分かりの通り、
2連勝、3連勝中と絶好調でここに挑んできます。

ハンデ差も微妙にあり、
なかなか一筋縄ではいかなそうな戦いとなりそうです。

イレネー記念を制したコマサンダイヤの藤野騎手が
騎乗停止ということもあり、今回は島津騎手が騎乗

その島津騎手が主戦のゴールドハンターは今回
西謙一騎手が騎乗となり、
この辺りも予想するうえで悩ませるところではないでしょうか。

もう一つ。トワトラナノココロ主戦の阿部武臣騎手は
今回カイセドクター騎乗。そして、トワトラナノココロは
初コンビとなる渡来心路騎手騎乗となります。

阿部騎手がカイセドクターを選んできたということで
この馬の成長力に期待するところが大きいのかもしれませんね、

とかち皐月賞を制したブラックサファイアは
能力の高さを見せた皐月賞でした。
問題は体調面でしょうか。
ただ、前回強い相手に2着と健闘。
出来れば、砂煙が上がらない馬場の方がいいのでしょうね。

唯一の牝馬エンゼルフクヒメは、いつも通り中山直樹騎手が騎乗。
男馬に混ざっても引けを取らない走りを見せており、
また、トップと50キロ差の最軽量で臨めるのは魅力。

例年にないぐらい混戦模様のばんえい大賞典。
3冠戦にふさわしいメンバーが揃いました。

今後の3歳世代の勢力図にどのような変化をもたらすのか。
それとも、キョウエイリュウがトップハンデでも力を見せつけ
世代最強馬として君臨するのか。

見逃せない一戦です。

11月の菊花賞、12月のダービーへとつながる3冠ロード
ぜひ皆さんご参加ください。


1日(土)はオープン特別
サマーカップ が行われます。
(第10レース 20:05発走予定)

マツカゼウンカイ
コウシュハレガシー
ホクショウマサル
ミスタカシマ
センゴクエース
キタノユウジロウ
シンザンボーイ
ソウクンボーイ
メジロゴーリキ  以上9頭立て

オープンを代表する雄
オレノココロとコウシュハウンカイ、
また、旭川記念を勝ったミノルシャープも不在。

どの馬にも一長一短があり、なかなか難解なレースとなりました。

今回センゴクエースには昨年の8月以来
1年ぶりに鈴木恵介騎手が騎乗。
そして、ミスタカシマに初コンビとなる
菊池一樹騎手が騎乗となりました。

正直、何としても菊地騎手は
センゴクエースには勝ちたい所でしょうね。

これであっさりセンゴクエースの勝利。
また、障害をすんなり上げたとなると
リーティングの腕ということになってしまいますね。

近走障害で苦労しているセンゴクエースを
立て直すという意味では、もともと主戦の
鈴木恵介騎手騎乗というのは魅力ですね。

ただ、オープンではオレノココロがいるので、
センゴクエースには騎乗できないという
悩ましい所ではあります。

菊池騎手が意地を見せるかも見どころですね

ホクショウマサルは、前回重賞では残念な結果ではありましたが、
2走前復調を見せており、今回はそれが
本物かどうかの見極めとなることでしょう。

コウシュハレガシーには西将太騎手が騎乗。
果敢に攻める競馬を見せるかもしれませんね。

メジロゴーリキも徐々に復調しているように見えます。
そろそろという感じもありますが、
力はあるはず。気持ちの問題のようにも思いますが、
今後に向けて、いいレースを見たいところですね。

キタノユウジロウも5歳馬で相手が強い中善戦はしていますが、
そこまでという感じ。この壁をどう越えてくるか今後の課題ですね。

ミスタカシマ以外は復調が待たれる馬たちばかり。
シーズン後半に向けて、何かきっかけが欲しい所です。

先週から始まった​十勝&ばんえい応援キャンペーン
3日(月)までです。


十勝のおいしいものがゲットできるチャンス!!
応募フォームは​こちら

ぜひ皆さんご参加ください。






最終更新日  2020年08月01日 00時55分21秒
[今週の注目&回顧] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.