923469 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ばんブロ(ばんえいスタジオのブログ)

PR

X

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年03月15日
XML
カテゴリ:今週の注目&回顧
3月12日(金)に最高気温がプラス10度に達した帯広。翌日13日(土)は、プラス5度程と金曜に比べれば落ち着いたものの、両日青空の下で帯広市内や近郊は雪解けが進みました。

この天候の中での競馬。馬場は乾き砂塵が舞うシーンが何度も見られました。水分が飛び、サラサラに砂が乾き先週と比べれば早めの時計が出ていました。そんな中、13日(土)のメインは重賞ポプラ賞が行われました。

今回は上と下で100キロの重量差がある中で行われました。全馬一斉にスタートを切ると、砂塵を舞い上げ第1障害を横一線でクリアします。ゴールドハンターが先頭に立ち、トップハンデのメムロボブサップ、カイセドクター、そしてアオノブラックらが続きます。

1、2障害の中間点を過ぎると、各馬ほぼ横並びとなり、何度も刻みながら第2障害に着きます。第2障害ではインビクタ、アオノブラックが先に仕掛け、その後コマサンブラック、コマサンダイヤが続きます。

第2障害を先頭で降りたのはアオノブラック。2番手にインビクタ、そして障害下でじっくりとためたキョウエイリュウが3番手で降り、その後メムロボブサップが続きます。先頭のアオノブラックが逃げる中、キョウエイリュウが迫り2頭の競り合いに。

僅差でアオノブラックがキョウエイリュウを封じ2017年のセンゴクエース以来、史上2頭目のポプラ賞を連覇しました。




※主催者から頂いた写真です



僅かに遅れてキョウエイリュウが2着。3着には8番手で障害を降り跳ねるようにやってきた金田利貴騎手騎乗のゴールドハンター。厳しいトップハンデと思われたメムロボブサップは4着でした。

管理する金田勇(かねた・いさみ)調教師はポプラ賞を3度目、騎乗した藤野俊一(ふじの・しゅんいち)騎手は8年振り5度目のポプラ賞制覇となりました。お二人のインタビューはこちらから。

↓ ↓ ↓ ↓

第42回ポプラ賞BG3アオノブラック

関係者の皆様、おめでとうございました。



さて、ポプラ賞当日も多くの方に「ばんえい競馬オフィシャルYoutubeライブ」~もうひとつのばんスタ~をご覧頂き誠にありがとうございました。




今回は矢野吉彦さん、馬事文化応援アイドル・桜花のキセキの一瀬恵菜さんゲストとして登場頂きました。






矢野さんの競馬との繋がりがある鉄道話、一瀬さんはトークはもちろんマキバオーの物まねまで…。楽しい時間をありがとうございました。




また、いつもの通り競馬ブックの定政紀宏さん、木本利元さんの解説。アンカーDJ(天の声)として坂田博昭さんの大活躍。

本当に感謝です。

次回の「もうひとつのばんスタ」はイレネー記念の日、3月20日です。お楽しみに★






最終更新日  2021年03月15日 07時50分05秒
[今週の注目&回顧] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.