055197 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々これ丹精

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
2005.08.21
XML
構成員が法人のみならばあまり問題ないと思うが
個人を含む場合は、12月から翌年11月までがベストだと考えます。

その理由
 組合の決算は下記のとおり、法第二十九条第一項により2カ月以内に作成が必要だか゛、それと合わせて、税務署には会計担当の組合員は有限責任事業組合に係る組合員所得に関する計算書を所得税法第227条の2により、組合契約に定める計算期間の終了の日の属する年の翌年1月31日までに、支払調書の合計表を添付して提出しなければならない。(事業年度末が12月の場合、1ヶ月、11月の場合、2ヶ月、10月の場合は、3ヶ月あります)
法人の場合は、繰越欠損が認められている。
同、実務担当者がいるものと思われる。
個人は単年度決算、繰越不可
個人の事業年度は1月から12月まで
個人の申告期限は3/15
場合によっては、専門家を使わずに申告している。
メモ 構成員の個人でその開業届が出ていない場合は、青色申告が必要ならば提出が必要。


組合契約の申告は組合員が個別に行う。

以上のことから、個人に対して配慮した事業年度を設定しないとこの制度によるメリットが半減してしまう。
今後の検討課題
構成員の個人は理論的には可能だが、実務的な対応面からして、今後はLLC、合名会社、合資会社による参加を要請したほうがよいのかもしれない。

有限責任事業組合契約に関する法律施行規則
(会計帳簿の作成方法)
第十条 法第二十九条第一項の組合の会計帳簿は、組合が成立したとき並びに組合員の加入及び組合員による新たな出資があったとき(第二号に該当する場合を除く)は、速やかに、次の各号に掲げる場合には。
、当該各号に定める日から二月以内に作成しなければならない。
一組合の事業年度が終了したとき当該事業年度終了の日
二組合員の加入、組合員による新たな出資その他の事由による損益分配の割合の変更(以下「損益分配
の割合の変更」という)があったとき当該損益分配の割合の変更の日。
三組合員の脱退があったとき当該組合員の脱退の日
四組合財産の分配があったとき当該組合財産の分配の日(以下「分配日」という) 。
2 法第二十九条第一項の規定により組合の会計帳簿を作成した組合員は、当該組合の会計帳簿に署名し、
又は記名押印しなければならない。






最終更新日  2006.01.03 09:17:25
[LLP騒動どうなることやら] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.