5407613 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

玩具道楽・・・三昧

2013.11.22
XML
テーマ:GUNの世界(2294)
カテゴリ:GUN具(MGC-Air Gun)
祭りの後の脱力感も週末と共に収まってきたので、今回は暫くぶり?のトイガンネタです。
今日は「MGC ベレッタM92DS」GBBです。

DSC04734.JPG

MGC末期の1994年に発売された、ハイパーブローバックシリーズのガスガンで、他にもハイキャパや、M1911A1、CZ75等が存在しています。WAのマグナブローバックの特許に抵触しないように作られています(以前のKSCメカに近いのかな)。

所持モデルは発売から暫く経って中古を手に入れたモノですが、94年当時ブームだったダブルアクションオンリー(DAO)のM92をモデルアップした、貴重なモデルです。なんでDAOがブームになったかというと、リボルバーと同じ操作感を持たせることによって、リボルバーからオートへの切り替えがスムーズに行くと思われていたかららしい。

DSC04743.JPG

ハンマー部は当然デホーンドされていますし、ラッチもないのでシングルアクションでのコッキングはできません。装弾はオートで、毎回ダブルアクショントリガーを引いて撃つという不思議な操作感です。日本の警察では流行りそうですが、ダブルアクションオンリーだと精度に問題がでるので、現在では殆ど見かけない機構です。

DSC04737.JPG

こんなゲテモノ良く出したと思えるほどのバリエ展開ですけれど、バリエを作りにくいM92シリーズの中では尤も違いを出せるモデルだったかもしれません。未だにガスモレもせず、作動するのはさすがMGCと言ったところですが、GBBとしては今のレベルとは比較できるものではありません。

DSC04740.JPG

このシリーズの特徴としてマガジンリップが高い位置にあるので、マガジン単体ではリップを引っ込めることが可能なギミックが付いています。引っ込めた状態ではガスガンと思えないリアルさがありますが、マガジンだけリアルでもね。

DSC04731.JPG
パッケージはモノクロながら、写真をふんだんに使ったデザイン性の高いモノでした。この後暫くしてからMGCの休業が発表されるなんて、当時は思っても見ませんでしたね。

ガスガンとしてはイマイチの評価ですが、ルックスだけで言えばモデルガンゆずりの設計が際立ちます。もうちょっとメカガ洗練されればどうなっていたかな?と思えるトイガンです。

今日はここまで!!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.05.24 20:56:21
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

コメント新着

ばらだぎ@ Re[1]:MG546 MGC ベレッタM96F HW(06/16) New! WICAさん どうもです。 M96F自体が元々認…
WICA@ Re:MG546 MGC ベレッタM96F HW(06/16) New! 自分のはフレームの後端部分が割れていた…
ばらだぎ@ Re[1]:MG545 マルシン ベレッタM92FS HW その弐(06/09) WICAさん どうもです。 自分の場合は、初…
ばらだぎ@ Re[3]:MG545 マルシン ベレッタM92FS HW(06/07) WICAさん 継続的な流通は評価できますが、…
WICA@ Re[2]:MG545 マルシン ベレッタM92FS HW(06/07) ばらだぎさんへ >マルシンは新製品開発…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.