9110906 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

玩具道楽・・・三昧

2022.05.23
XML
テーマ:ゴジラ好き(340)
「シン・ウルトラマン」観てきました。
2019年の製作発表から3年(当初予定より1年延びましたが)、やっと観ることができました。



初代ウルトラマンをギリ、リアルタイムで観た年代なので(と言っても最初に観たときは家がカラーTVが無かったのでモノクロでした)、後から遡った東宝特撮よりも思い入れがあります。

反面、成人してから振り返って観てみると、30分のTV番組だった制約もあってチープ感(特撮以外の部分=強引な編集(カット)やストーリー展開)を感じるようにもなりました。逆に斬新なカメラワーク(特に実相寺監督作品)やテーマの深さにも気付かされたので、かなり影響されていますね。

そんな自分が、期待して観た「シン・ウルトラマン」の感想は、素直に面白かったの一言です。一部に庵野色の強い部分はあるものの、「ウルトラマン」の世界観を上手に今の物語にしています。その世界観も「ウルトラQ」から繋がっていて「ウルトラマン」の5話(5作品)を繋げた新たなストーリーに仕上がっていました。



過去作品に対するオマージュは、怪獣(シンでは禍威獣)の設定や台詞、シーンやカメラアングルの多岐にわたり「ウルトラマン」好きには堪らない演出になっています。

一部に移動手段や位置関係が不明で唐突なため説得力〜リアリティに欠けるとの批評もありましたが、個人的には全く違和感がありませんでした。

「ウルトラマン」のような巨大宇宙人(シンでは外星人)が主役で、しかも地球のために戦うという基本プロットを受け入れた時点で、リアリティさは架空世界の中でのリアリティに置き換わっていると思いませんか。

「そんなに人間が好きになったのかウルトラマン」この台詞が、この作品の全てかもしれないですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




CCP 1/6特撮シリーズ シンウルトラマン ファイティングポーズ


CCP 1/6特撮シリーズ シンウルトラマン スペシウム光線


《在庫あり★新品》【CCP ウラン怪獣ガボラ アドベントVer. Vol.14】






最終更新日  2022.05.23 23:08:20
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

コメント新着

ばらだぎ@ Re[1]:SPGマークのモデルガンについて調べてみた!(06/14) armlockさん どうもです。 モデルガンの規…
armlock@ Re:SPGマークのモデルガンについて調べてみた!(06/14) こんにちは。ご無沙汰しております。armlo…
ばらだぎ@ Re[1]:MG601 タナカ ルガー MINI14 20GB Stainless(05/27) armlockさん どうもです。 以前パーツが欲…
armlock@ Re:MG601 タナカ ルガー MINI14 20GB Stainless(05/27) こんにちは。ご無沙汰しております。 arm…
ばらだぎ@ Re[3]:遅ればせながら、Vショーの戦利品(05/08) 紅のロードスターさん どうもです。 ZEEK…

© Rakuten Group, Inc.