5423055 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

玩具道楽・・・三昧

全111件 (111件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

GUN具(六研・他 Toy Gun)

2013.07.19
XML
テーマ:GUNの世界(2296)
21日の参院選は、さてどうするか。
天狗になるのが見えている自民に入れるのも嫌だし、維新も民主も期待外れだし。本当に悩むな。
後一日消去法になっても考えるとしますか。

さて今回は「タニオ・コバ タクティカルベーシック2」モデルガンです。

DSC02627.JPG

今回は発火を目的に購入し他ので、刻印が片側無くても問題なし。むしろ最初のタクティカルベーシック(以下TB)のオリジナル刻印よりも今回の方が違和感がありません。

DSC02630.JPG

例によってウィルソン風のノバックサイトとアンビセフティ、ビーバーテールグリップセフティ等もカスタムパーツは毎度お馴染み。フレームはチェッカリング入りで目新しさはなし。強いて言えばステンレスマガジンが付属しているのがポイントですかね。

DSC02639.JPG

TB2の目玉はバレル基部に付いていたアシストスプリングが廃止されたこと。その分何か新しい仕掛けがあるかと思ったら、リコイルSPガイドは他と同じSP内蔵のモノ。リコイルSPも変わらないみたいだし、バレルリンクも同じようです。元々アシストSPの効果が無かったって事なんですかね?

DSC02635.JPG

前回のブラックホールでステンレスmgのB級品と予備バレルを購入し、カートとMGキャップの用意も万全なのですが、今だ引越後の片付けが済んでいない(正確に言うとトイガンで遊ぶ予定のスペースが未整理のダンボール置き場になっている)ため、いまだ発火出来ません。

7月中には片付けて引越記念発火することを夢見てる今日この頃です。

今日はここまで!!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.06.13 22:00:53
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.29
テーマ:GUNの世界(2296)
今日も良い天気で、GWの前半戦終了!
後半まで3日間もありますが、惰性で乗り切るぞ〜

さて今回は「ACG 南部式自動拳銃小型 東京瓦斯電気株式会社モデル」モデルガンです。
正式名称の南部式自動拳銃小型だと長ったらしいので、この後は通称のベビー南部に統一しますw

DSC05125.JPG

ACGから2丁発売された内の人気の無かった方のモデルです。ちなみにACG(その後マルシンブランド)から発売されたベビー南部は、東京砲兵工廠・恩賜モデル、東京瓦斯電気(株)モデル、終戦50周年記念モデル、東京砲兵工廠・ノーマルモデル(いずれもダミーカートモデル)、東京砲兵工廠・恩賜モデル(発火タイプ)の5タイプがありました(恩賜モデルでない東京砲兵工廠モデルは実物は確認できていません)。

DSC05134.JPG

東京瓦斯電機(株)モデルの特徴はチャンバー上部の「TGE」刻印です。製造が開始されたのは23年の震災以降といわれています。シリアルは5901〜6500未満ということなので、シリアル3912のこのモデルはおかしいことになります(シリアルは何故か東京砲兵工廠モデルと同一です。コストダウンというには勿体ない箇所です)

DSC05127.JPG

ちなみに社名の東京瓦斯電気(株)は東京瓦斯電機工業で、現在の日野自動車、いすゞ自動車の元となった機械製造会社。現在の東京ガスとは何の関係もありません。でもどうしても連想しちゃいますよね

DSC05139.JPG

パッケージも東京造兵工廠の3つの丸の代わりにTGE刻印になっていると感動していたら、この部分だけシール対応。人気とコストを考えると納得ですが、刻印といい、高級モデルのバリエとしては割り切れないモノがあります。

DSC05131.JPG

ACGからマルシンに販売が移っても暫く再販されなかったと記憶しています。不人気モデルで再販されないと逆に人気が出たりしますが、このモデルに限っては無理して買うほどのモデルとは思えません。ハッキリ言ってチャンバー上部の刻印以外は、東京砲兵工廠モデルと全く同じモノです。

せめてシリアルだけでも変えてくれてれば刻印バリエとしての価値もあったと思いますが、唯一のベビー南部モデルガンで、デキも良いだけに残念です。

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.06.23 00:13:11
コメント(2) | コメントを書く
2013.04.26
テーマ:GUNの世界(2296)
明日からGWなので、気分は上向きです。
先延ばしにしている作業の内幾つ進めることが出来ますかw

さて今回は「ACG 南部式自動拳銃小型 東京砲兵工廠 恩賜刻印」モデルガンです。
正式名称の南部式自動拳銃小型だと長ったらしいので、この後は通称のベビー南部に統一しますw

DSC05143.JPG

90年にマルシンの高級レプリカガンブランドACGから発売された、ベビー南部のモデルガンは、実銃自体が貴重であると言われ、情報が少なかった事。初のモデルガン化であったことから、発売当初化なり話題になりました。発売当初から刻印バリエ2種を同時発売するなど、かなり力が入っていたと思われます。

DSC05153.JPG

今回紹介するのは東京砲兵工廠製の恩賜モデルで、チャンバー上部の東京造兵廠の3つ丸の刻印と、エジェクションポート後ろに恩賜刻印が入っています。士官学校成績上位者に恩賜品として渡されたベビー南部自体の数が少ないため、高いコレクション価値があるようですが、モデルガンでも人気はこちらに集中して、シャーザク状態になっていると思われます

DSC05147.JPG

実際に手にすると、想像していたよりも小さく、CAWの南部式大型と比べるとそのままスケールダウンしたミニチュアモデルのような趣があります。その小さなサイズで金属モデルということもあり、中身がきっちり詰まった感のある重さだけで満足感が高いです。

また、高級路線のモデルガンらしく本体は24Kメッキで仕上げも良く桐箱付きという豪華仕様でしたが、何故かグリップはプラのままでした。所持モデルは後年マルゴーが発売した木製グリップに交換していますが、見栄えがかなり違います。ただしスクリュー部分のザクリが省略されているので要加工です。

DSC05137.JPG

ACGのダミーカートモデルに付いてきた桐箱。日本製の拳銃だから桐箱なんでしょうけど、自分的には高級感ていう意味では????。最近のマルシン再生産予定(実施に販売されたかは未確認)では桐箱モデルがは入っていたから、それなりに人気があるんでしょうけどね。

DSC05151.JPG

今日の目で見ると、コッキングピースが角張りすぎ?等と思う部分もありますが、現在でも唯一のベビー南部と言うことを考えると、貴重なモデルガンだと思います。昨年末ぐらいにあったHW化の計画は頓挫したようなので、余計存在価値は高いですね。

今日はここまで!!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.06.23 00:13:43
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.02
テーマ:GUNの世界(2296)
今日も雨で、また寒さがぶり返し。
ちっとも春っぽい気分になれないですね。

さて今回は「中田 シュマイザーMP40 スタンダード 」の続きです。

DSC01840.JPG

マガジンハウジングが角張りすぎている感がありますが、チャンバー部のシルエットは規制以降とは比べものになりません。ただし亜鉛ダイキャスト製なので、実銃でプレスパーツを重ねている部分も一体成形になっているため、シャープ差が無いのが残念です。

リアサイトは当初スチールプレスのピン留めタイプが付いていたのですが、破損したためABSモデルのものに交換していますが、形状的にはこちらの方が正しいようです。

DSC01795.JPG

中田シュマイザー初期型の証が、この白いプラスチック製チャンバー。安全対策とも加工の簡略化とも言われていますが、ここがウィークポイントである事は確か。ABSでもない普通のプラのようなので、細かいバレルナットのネジをすぐになめてしまいそうです(いつも分解するときはヒヤヒヤものです)。オマケにオイルにも弱そうなので、いつまで保つやら。

後期モデルはプラチャンバーが金属製に変更されて、強度不足は解消されています(当時は予備に金属製パーツを手に入れておくなんて、考えもしなかったので未だに後悔してます)。ちなみにBLKモデルはバレルのチャンバー部がカットされて、専用密閉スチールチャンバーが新たに設けられてました。

DSC01838.JPG

トリガーガードは太めなので設計上のミスかと思っていたら、このようなタイプもあるようなので間違いでは無いらしいです。フォアエンドやグリップなどのパーツは裏のリブとかを加工すればABSモデルと互換性はありそうです。ストックも加工すればABSモデルのものが付くようですが、パーツ自体は流用したモノはなさそうです。

DSC01808.JPG

フレームとチャンバーカバーを分解するとこんな感じ。ABSモデルと異なり、組み立て時にチャンバーカバーを回巣必要がありません。単にフレーム下のロックスクリューで固定されるだけです。この部分はマルシンの金属モデルにも引き継がれています。

リコイルスプリングにはバッファースプリングチューブがないので、MGCよりもリアルではないイメージが付きまとっていましたが、リコイルスプリングガイドがチューブヘッドと同じ固定方法になっている等、アレンジしたなりのリアリティが感じられます。

ちなみにスプリングが強いので、マルシンのSMGモデルに見られるボルトの半開き症状はありません。

DSC01849.JPG

マルシンのABSモデルと比較してみました(上:ABSモデル、下:中田製)。こうやって見ると、シルエットや、個々のパーツの寸法が近いのに驚かされます。前回も述べましたが、最初にMGCのMP40よりもデキが悪いと思い込んでいた故に中田MP40を軽視してきたことを、マルシンのMP40が正してくれました。子孫が汚名をそそいだということですね。

今日はここまで!!!!!!

姉妹ブログはこちら→玩具道楽リターンズ

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.06.23 00:18:31
コメント(4) | コメントを書く
2013.03.30
テーマ:GUNの世界(2296)
一日で冬になっちゃいました。
恐ろしいほどの気温の変化が続きますね。明日も寒そうだな〜

さて今回は「中田 シュマイザーMP40 スタンダード」モデルガンです。

DSC01771.JPG

今ではMP40にシュマイザーを付けることは間違いということになっていますが、当時はしっかり商品名にシュマイザーと付いていました(MGCも当然シュマイザーの時代です)。だから自分にとっては今になっても言葉としては、MP40よりもシュマイザーが先に出てしまいます。完全な刷り込みですね

このモデルは当時所持していた発火してカートが固着してしまった中田のシュマイザーBLKを友人の未発火スタンダードと交換して貰ったモノで、かれこれ40年以上前のモデルです。久しぶりに引っ張り出したところマガジン等のスチールパーツの錆等のメンテをしてるうちに、MP40のマイブームになってしまいました。

DSC01776.JPG

中田製MP40はほぼ同時期に販売されていたMGCのMP40が実銃のようなスチールプレスモデルだったのに対し亜鉛ダイキャスト製だったことや、デトネーターBLKと異なりBLKモデルでも銃口からガスが抜けない点、バッファースプリングチューブを再現していなかった事等から、MGC製よりも数段低い評価をされていました。

自分も当時のイメージとマルシンのSMGモデルのバランスの崩れたイメージが合わさって、マルシンからABSモデルが発売されるまではそう思っていた。84年に発売されたABSMP40と比較してみると、これが殆ど同じサイズと言うことが分かり超驚いたのを憶えています。完全新規モデルと一部のパーツは互換性があり、多少の加工で使えるパーツも多いと言うことは、中田製MP40の基本設計の良さを裏付けるモノだと思います。

DSC01803.JPG

外見上気になるのがマガジンの幅で、ABSモデルのものより1cm近く大きくなっています(上が中田製、下がマルシン製ABS用)。そのため、マガジンハウジング全体が横に広くなりバランスをおかしくしています。一説にはCMCステンとの互換性を持たせるためにサイズを変えたと言うことですが(実際にステンのマガジンと同じサイズで、設計者も同じ六人部氏)、真偽は不明。

DSC01788.jpg

TOKYO NAKATAの刻印がフレーム右側に入っています。MADE IN JAPANの刻印は、この頃から海外へ輸出されるようになったからと言われています。余り刻印とか無いモデルなので、当時から記憶に残っていました。子供のころの重かった印象が強くて、実銃より重いと思ってましたが、実測で約4.1kgとほぼ同じ重さだったりします。

イメージによる思い込みの影響はホントに大きいとしみじみ思いました。
今日はここまで!!!!!!

姉妹ブログはこちら→玩具道楽リターンズ

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.06.26 22:26:50
コメント(2) | コメントを書く
2013.03.20
テーマ:GUNの世界(2296)
春のお彼岸というのに、何故かこんなに蒸し暑い。
四季がある美しい国だったんじゃないの?

さて今回は「タニオ・コバ S&W 1911 シルバー」の続きです。

DSC01228.JPG

スライド上のS&W刻印が、細かくツブレもなく入っているのがたまらなく良いですね。黒っぽく見えますがスミ入れとかはしてないとのこと。彫りが深いので影ができるのと、元の素材の色でこのようにハッキリ見えるんだそうです。レーザー刻印ならではのメリットといったところでしょうか。

DSC01234.JPG

ハンマーがシルバー仕上げになっているのが、このモデルの重要なポイントなのかなと思っています。ノーマルのS&W1911のようなサイドポリッシュ仕上げじゃ浮いてしまうし、ブラックのままだとサイト、セフティ、Gセフティとスライド後部に黒色が等距離に点在して重くなってしまいます。ハンマーがシルバーだから、水平に抜けた感じがあってシャープさがでていると思っています。

ちなみにセフティはノーマルS&W1911とは異なり、アンビではないシングル仕様。シンプルで良いですけれど何故かは不明。

DSC01232.JPG

黒い外装式エキストラクターの存在感がアップしています。実銃でもS&W1911の差別化ポイントだったりするので、ここまで目立つのもアリだと思ってます。自分がS&W1911の好きな部分はスライドに集中していますね。外見だけのダミーエキストラクターでも充分満足です。フレームの刻印位置もS&W風になっているのが嬉しいです

DSC01230.JPG

グリップの黒色はノーマル譲りですが、本体がシルバー塗装だから余計映えますね。残念なのがプラグリップということ。なので黒色でS&Wメダリオンの生かせる木製グリップを探していますがいまだに良いのが見つかりません。アルタモントのは縁取りがイマイチなので。

このモデルで、見た目だけでモデルガンを考えるってのもありだと気づかせて貰いました。中々奥が深いです。
今日はここまで!!!!

姉妹ブログはこちら→玩具道楽リターンズ

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.06.26 22:28:11
コメント(8) | コメントを書く
2013.03.19
テーマ:GUNの世界(2296)
サボってる間にすっかり暖かくというより、暑くなっちゃいました。
さくらも開花しちゃいましたしね。

さて今回は「タニオ・コバ S&W 1911 シルバー」モデルガンです。

DSC01219.JPG

以前紹介したGM7 S&W1911のシルバーverのイベント限定カスタムです。以前ブラックホールで見かけて気になっていたモデルをSR1911購入時に再度見かけて、大葛藤の末に購入しました。気に入った理由は塗装とは言えシルバーの地肌にS&Wの刻印がキレイだったんですよね。

DSC01224.JPG

スライドとフレームカラー以外は昨年発売されたS&W1911と同じですが、イメージは段違いですね。元々実銃はステンレスモデルなので、こちらの方が近いんですけど、セフティやグリップセフティの金属パーツの黒色や、グリップ、ダミーエキストラクターの黒色がモデルガン的に良いコントラストになってるんですよね。

DSC01226.JPG

外見に惹かれて購入しているので、当然発火する気は無し。ノーマルS&1911を発火する方向に傾いたこともありましたが、未だに決断は着いていません。タクティカルベーシックを発火用に購入するという手もあるしね。

GM7はSF、RUGER、S&W、Wilsonと揃ったのに、何故かColtが無い。Kimberは成り行きでも良いけどColtは是非揃えないとね。

今日はここまで!!!!!

姉妹ブログはこちら→玩具道楽リターンズ

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.06.26 22:28:25
コメント(9) | コメントを書く
2013.03.10
テーマ:GUNの世界(2296)
WBC、今日は安心して見ていられました。やっぱマエケンは凄いピッチャーですね。
事前に言われていた肩の調子が少し気になります。

さて今回は「タニオ・コバ スタームルガー SR1911」の続きです。

DSC01206.JPG

DSC01210.JPG

スライド左側の「RUGER」の大文字と右側のロゴマークのシンプル且つアピール度の高い刻印良いですね。「MADE IN USA」の文字がアメリカ国内でのRUGERのポジションを明確に表しています。

DSC01208.JPG

訴訟対策の注意文を最初に銃本体に入れたのが「RUGER」だったと思いますが、最近では当たり前になってきた感があります。このモデルでもしっかりフレームダストカバー下に入っています。

DSC01217.JPG

リアサイトはノバックタイプ、チャンバーにはインジケーター機能が付いていて実銃イメージを再現していますが、これは元からのGM7パーツが流用できるから。カスタムパーツを増やさないと、そろそろGM7バリエも難しくなってくるんですかね。過去モデルの再販もできるけど、じり貧にはなって欲しくないですね。

同時に発売されたボブチャウモデルに食指が動かなかったのは価格の問題もありますが、金属パテで加工したグリップセフティの記事と、実銃とは違うオーバルホールのハンマーが付いている写真を見たからです。この辺の金属パーツをどうするかが今後のポイントのような気がします。

DSC01214.JPG

グリップには「RUGER」のメダリオンが入っていますが、残念ながらプラグリです。価格的にしょうがないのかもしれませんが、木グリ二して欲しいところです。メダリオンの径のあいそうな木グリ探して交換しないとね。

今後のバリエ宴会に不安はありますが、このモデル二限って言えば大満足。発火出来ないのが(単にびびってしないだけですが)残念です。今度発売予定の廉価モデルを発火用に購入しとこうかな。

今日はここまで!!!!!!

姉妹ブログはこちら→玩具道楽リターンズ

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.06.26 22:28:40
コメント(6) | コメントを書く
2013.03.09
昨日のWCBは大興奮でしたが、次のオランダはメチャクチャ強そう!
なんとか勝って、さっさと2次予選突破してくれないかな

さて今回は「タニオ・コバ スタームルガー SR1911」モデルガンです。
DSC01197.JPG

購入したのは1月のショットショージャパンでしたから、ネタとしてはかなり古くなっちゃいました。最近の情報遅れを象徴していますね。このモデル自体は事前に各GUN雑誌に掲載されたこともあって、当日朝市に買いに行くという近年まれな(自分的には)積極策に走って無事購入できたものです。

以前WAからGBBが発売された時に悩んだ末見送った事がありましたが、何故かスタームルガーものは気になるんですよね。WAブラックホークからの刷り込みもあるんだと思いますが、S&WでもCOLTでもない独自デザインに惹かれてるみたいです。それから言えば、このモデルは刻印だけの違いかもしれませんけどスタームルガーロゴが良いんですw

DSC01199.JPG

ステンレスモデルなので全体をシルバー塗装されているのが、所持している他のGM7との最大の違い。最近の塗料は進歩しているので、ムラもなく皮膜もかなり強そうな感じ。刻印もかなり深いレーザー刻印のため、シルバーとのコントラストがハッキリして良い感じです。

トリガーは実銃どおり三角ホールのものになっていますし、ハンマーも両サイドポリッシュのオーバルホールタイプになっています。厳密に言えばセレーション部分に溝があるはずですが、残念ながら省略されています。グリップセーフティも既存のものに加工を加えて、それらしい形状になっているのが嬉しいですね。

DSC01211.JPG

このモデルなんかは制作数が少なめなので、後加工等の手間がかかっているみたいですが、元々GM7の金属パーツは金型が一種類しかないようなので、バリエーション展開するのがどんどん難しくなりますよね。ハンマーぐらいはオーバルホール以外のモノがあるといいのにね。

DSC01202.JPG

自分的にはクローンガバのモデルガンは、S&W1911とSR1911とSIG1911が欲しかったので、2/3は達成出来ました。SIGはスライド形状が違うので多分モデルアップはないでしょう。タニコバ製品ながら、また発火しないモノが増えちゃいましたけど、しょうがないですね。

後はなんとかしてGM7のコルト刻印のモノを入手するのが当面の目標(スペシャルコンバットやXSEを買い逃した
影響大です)となっちゃいましたが、さてどうなるか。

今日はここまで!!!!!!

姉妹ブログはこちら→玩具道楽リターンズ

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2013.03.09 23:21:31
コメント(4) | コメントを書く
2013.03.05
テーマ:GUNの世界(2296)
いよいよ暖かくなってきましたが、チョット急すぎw
明日の20度ってなんでしょうね?

さて今回は掘り出しシリーズ「JAC ブローニングHP MK3 ノバックカスタム」ガスガンです。

DSC09934.JPG

BV式ガスガンで一世を風靡したJAC初のガスブローバックハンドガン。グロックの後だから93年頃だったかな。確か設計はタニコバ氏で、当然のことながらアフターシュート。着弾点が下がるという欠点は当然受け継がれていました。所持モデルは、MK3発売後のバリエで、特殊部隊色が強いノバックカスタムです。

DSC09938.JPG

まずHPの中でもMK3モデルを最初にモデルアップしてくれたことが素直に嬉しかったですね。HPイコールマルシンモデルガンノイメージしかなかった自分にとってMK3は新鮮でした。またノバックサイトも気になる存在だったので、発売と同時に購入した記憶があります。

アフターシュートならではの弾着が下がる点の改善咲くとして、ノバックサイト自体が高めに作られていたのはちょっと残念。さらに発射すろとノバックサイトがずれてくるのも興ざめでした(結局瞬接で止めちゃうんですけどね)

DSC09942.JPG

マガジンは当時流行のスチールプレスの外枠がついたりあるなもの。マガジン後面の見えない部分にガス注入口があったのもリアル追求で良かったですね。リアルといえば、反動が強くてすぐスライドが割れるのがこのシリーズの持病みたいでした。カスタムパーツでアルミスライドとかできたのはこの辺りからですかね。

DSC09930.JPG

写真入りの紙パッケージの中にプラ製のしかりしたガンケースに入れられていましたが、ケースだけで得した感がありました。やっぱりパッケージは大事ですね。ガスを入れてみたら、ガスモレもなく作動しました。予備スライドとかないので本格的には撃てませんでしたが、相変わらずの反動でした。

現在はタナカのHPがあるとは言え、最初にMK3好きにさせてくれた印象深いトイガンです。

今日はここまで!!!!!!

姉妹ブログはこちら→玩具道楽リターンズ

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします






最終更新日  2018.06.26 22:29:19
コメント(2) | コメントを書く

全111件 (111件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

コメント新着

WICA@ Re:ゴジラ キング・オブ・モンスターズを観てきましたw(06/22) 今回のゴジラの画像を見た時、 アメリカ…
ばらだぎ@ Re[1]:MG546 MGC ベレッタM96 HW その弐(06/18) WICAさん どうもです。 ご指摘ありがとう…
WICA@ Re:MG546 MGC ベレッタM96 HW その弐(06/18) M96はシリアルナンバーは「A0000…
ばらだぎ@ Re[1]:MG546 MGC ベレッタM96F HW(06/16) WICAさん どうもです。 M96F自体が元々認…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.