7897273 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

玩具道楽・・・三昧

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

GUN具(CAW-Toy Gun)

2021.05.10
XML
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
日本のコロナ感染者数は約64万人で、アメリカの2%程。その程度で医療崩壊が起きかけているのがこの国の本当の怖さだと思う。変異株の登場で今後感染者数が増えるのは明らかなのに、それに対して何も考えず「さざ波」とか発言する人が、今現在政策中枢にいるのも恐ろしい。

さて今回は「CAW コルトウッズマン マッチターゲット 」です。8年前に紹介したモデルですが、先のウッズマン ショートバレルをMGC風にしたのに伴って、こちらもプチカスタム?になりました。



簡単に言えば、スライドを交換したのでイライアソン サイト付きになっただけなんですが、久しぶりに箱から引っ張り出した新鮮さもあって、マッチターゲットの良さを再確認した感じです。CAWになって仕上げが良くなってバレルの平面がしっかり出ているのが良いのかも。



折角ついでなので、グリップも例のマークの付いたCAW製の木グリに交換しました。このグリップは商標問題で揉めたらしくイベント限定販売に終わっていましたが、数年前流通在庫と思われるモノを発見してストックしておいたものです。

以前付いていたオリジナルタイプの木製グリップはウッズマンスポーツへコンバート。無駄にバリエーションモデルを持っているとアクセの使い回しが出来て便利です。



これでイライアソンサイトとグリップが揃ったヘボピーモデルが完成しました。以前CAWの通販で「ヘボピー モデル」がありましたが、それとはバックストラップのネーム刻印が無いだけです。リアルさで言えば、ネーム刻印がない方がリアルかもしれないですね。

リアルと言えば、イライアソンサイト付きウッズマンは3rdモデル。マンガ原作でもヘボピーのウッズマンは3rdモデルみたいですけど、自分にとってウッズマンは2ndモデルのMGCのイメージなので全く問題はありません。


▲ 左:ウッズマンマッチ ターゲット、右:ショートバレルカスタム スリムサイレンサー付き

2挺のワイルド7仕様のウッズマンが揃いました。グリップもマーク付きなので、個人的には完全版です。CAWからはワルサーPPKや南部式大型乙、デリンジャーも発売されましたし、M31RSもリメイクされそうですからCAWだけで殆どのワイルド7のメイン銃器が揃ってきましたね。

半世紀近く前から連載していた漫画ですけれど、ここまで影響されるとは思ってもみなかったですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




モデルガン CAW コルトウッズマン ショートバレルカスタム


【新品】ワイルド7 1969 野性の7人 [生原稿ver.] (1巻 全巻)


【新品】ワイルド7 1970-71コンクリート・ゲリラ生原稿ver. (1巻 全巻)


【新品】ワイルド7 1972 緑の墓 [生原稿ver.] (1-2巻 全巻) 全巻セット


【新品】ワイルド7 1973-74 地獄の神話 [生原稿ver.](1-3巻 全巻) 全巻セット






最終更新日  2021.05.10 23:00:49
コメント(0) | コメントを書く


2021.05.07
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
緊急事態宣言が延長になりました。と言ってもやる事は自粛が続くだけで、効果的な施策は無し。精神力だけで勝てないのは、76年前に分かっているはずなのに。

東京や大阪でワクチンを1日10,000人接種できる大規模接種会場を作る話もありますけど、それが出来ても東京都民が1回の接種完了するのには1,300日もかかるんですよね。

さて今回はGW唯一の成果「CAW コルトウッズマン ショートバレル MGC改風ver.」です。CAW コルトウッズマン ショートバレルをちょっとだけ弄って作りました。



CAWがウッズマンのショートバレルカスタム(当時は飛葉タイプ カスタムと言ってました)を発売したのは2014年。還暦前後の世代にとって、ウッズマンと言えばこのルックスですよね。

MGCウッズマンスポーツをリアルタイムで購入した世代の多くは、自分でバレルをカットして飛葉タイプを作った経験があるんじゃないでしょうか。



CAWの作ったショートバレルカスタムは、リアサイトがイライアソンタイプになっているので原作には近いんですけど、当時の自作MGC飛葉カスタムとは雰囲気が違うんです。そう思って作った?のが今回のMGC改風ver.です。

コルトマスター サイトを載せたマッチターゲットのスライドと、ショートバレルカスタムを入れ替えただけのお手軽カスタムです。個人的にはイライアソンサイトが載ったマッチターゲットも欲しかったので、2つ美味しいスライド交換になりました。




グリップは自作MGC飛葉カスタムを意識してノーマルグリップのままにしました。このチープぽさが逆に良いですね。

厳密にはウッズマンシリーズにイライアソンサイトが使われるのは3rdシリーズからなので(2ndシリーズは1953年頃からアクロ・サイトに変わったようです)、CAWのイライアソンサイト付きウッズマンはリアルじゃ無いって事になりますけど、格好が良いので気にしない事に。

スライドは金型を改修したみたいだから、マスターサイト付きモデルの方が貴重なのかもしれません?


▲ CAW ウッズマン 左から ショートバレルカスタム、MGC改風ver.、飛葉タイプ カスタム

MGCのコルトウッズマンシリーズはM59と並んで好きなモデルです。その改修版であるCAWのウッズマンも大のお気に入り。ウッズマンシリーズだけで相当数所持しているけど、コクサイやマルシンは未所持。当然、六研なんかはありません。

元々はワイルド7の飛葉がウッズマンを使っていたからなんですけど(伊達邦彦も使ってたような)、立体モデルとして最初に刷り込まれたのがMGCのウッズマンだから仕方ないですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




モデルガン CAW コルトウッズマン ショートバレルカスタム


CAW モデルガン 完成品 ウッズマン キラーサプレッサーモデル ブラック


クラフト・アップル・ワークス CAW コルト ウッズマン スポーツ ELLIASONサイト付モデル ヘビーウエイト ブラック 発火モデルガン(CAW-MA1112)






最終更新日  2021.05.07 23:56:48
コメント(4) | コメントを書く
2021.02.18
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
五輪組織委員会の会長後任は橋本氏。妥当と思えなくも無いですが、非公開会議で決まっただけでも胡散臭さい。官邸主導の噂が本当だったら相変わらず内輪向きの人事で、また一波乱ありそうな気がします。

さて今回は「CAW コルト ゴールドカップ ナショナルマッチ」の続きで詳細編です。



NMのリバイバルシリーズはTAITO時代に作られたパーツを組み上げたという噂もありますけど、外見上は仕上げも良くなっているし、組み立て精度も上がっているような気がします。実際はどうなんですかね。



スライド左側は「COLT'S MKⅣ/ SERIES'70」「GOLD CUP NATIONAL MATCH」の製品名と「.45 AUTOMATIC CALIBER」の口径表示の、スモール刻印と呼ばれる刻印が新たにレーザー刻印で入れられています。

TAITO時代よりも塗装の質が良いからなのか、刻印がハッキリしているからなのかは分かりませんが、スライドの平面が強調されていてエッジも立っているように感じます。



スライド右側刻印は特徴的な「GOLD CUP NATIONAL MATCH」のモデル名。フレーム刻印はパテントと所在地表記の「COLT'S PT.F.A. MFG. CO.HARTFORD,CONN.U.S.A」とシリアル「20372 N70」が入れられています。

刻印を新たに入れているって事は加工前のブランク素材が再生産分あったのか、新たに生産したかどちらかですね。フレームはシリーズ70用のものを後加工すれば共用できるけど、スライドはバリエでNRAモデルしか作っていないので,数的に微妙なところかな。



そう思ってグリップを外してみたら、MGC時代から続いていた金属製のグリップナットが廃止されていました。TAITO時代末期のモデルでも存在していたパーツなので、これは新たにフレームを生産した際に金型を変更したと考えるのが妥当ですね。

フレーム自体はコンパクトモデル発売以降に改修された金型をベースに作られているようです。リバイバルされたシリーズ70が手元にあれば、比べられるのに少し残念。グリップナットの廃止は、ローコスト化とは言え改悪ですね。ネジ山潰さないように締めすぎは厳禁です。



リアサイトはNMオリジナルには欠かせないイライアソンサイト。GM4のものとは異なり上下左右調整できるのが魅力です。同じくリバイバルされたウッズマンシリーズにも大量に使われているので、CAWになってから再生産されたものと思っています。



スライド内側にはシャーシと接触する部分を後から削ったような機械加工の痕があります。スライド成形後に反った部分を修正したと思われますが、TAITO製品で同じような加工痕を見たことが無いので、CAWの生産・組立時の加工と推測しています。



バレルはポリカーボネート製(ナイロン製?)と思われるもの。TAITO時代と明確に素材が異なるので、これは新たに作られたものですね。バリが多いのは古い金型を使用したからなのかな。バレルだけ別売してくれれば良いのにね。

個々のパーツを見る限り、主要パーツ全てがTAITO時代の残パーツを使用したものでは無さそうです。とは言えTAITO時代は、MGC50周年モデルのフレームにコンパクトモデル発売以前のパーツが使用されたりしているので、手持ちモデルと比較だけしても正確なことは分かりません。

今では考えられないぐらい大量に作られたMGCガバメントですから、残パーツだけで組んだモデルを再販できても不思議は無いのかもしれませんね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




モデルガン CAW MGCリバイバルモデル ナショナルマッチ セミカスタム


あす楽対応・CAW ナショナルマッチセミカスタム モデルガン完成品


[CAW] MGCリバイバル コルトガバメント MK IV シリーズ70 HW ブルーイング/[中古] ランクB/欠品なし/モデルガン






最終更新日  2021.03.06 16:48:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.18
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
オリンピックの次期会長は橋本氏か。非公開会議で検討しただけのことはありますね。官邸主導の噂通りだったら、また一波乱ありそうな気もします。

さて今回は「CAW コルト ゴールドカップ ナショナルマッチ」の続きで詳細編です。



NMのリバイバルシリーズはTAITO時代に作られたパーツを組み上げたという噂もありますけど、外見上は仕上げも良くなっているし、組み立て精度も上がっているような気がします。実際はどうなんですかね。



スライド左側は「COLT'S MKⅣ/ SERIES'70」「GOLD CUP NATIONAL MATCH」の製品名と「.45 AUTOMATIC CALIBER」の口径表示の、スモール刻印と呼ばれる刻印が新たにレーザー刻印で入れられています。

TAITO時代よりも塗装の質が良いからなのか、刻印がハッキリしているからなのかは分かりませんが、スライドの平面が強調されていてエッジも立っているように感じます。



スライド右側刻印は特徴的な「GOLD CUP NATIONAL MATCH」のモデル名。フレーム刻印はパテントと所在地表記の「COLT'S PT.F.A. MFG. CO.HARTFORD,CONN.U.S.A」とシリアル「20372 N70」が入れられています。

刻印を新たに入れているって事は加工前のブランク素材が再生産分あったのか、新たに生産したかどちらかですね。フレームはシリーズ70用のものを後加工すれば共用できるけど、スライドはバリエでNRAモデルしか作っていないので,数的に微妙なところかな。



そう思ってグリップを外してみたら、MGC時代から続いていた金属製のグリップナットが廃止されていました。TAITO時代末期のモデルでも存在していたパーツなので、これは新たにフレームを生産した際に金型を変更したと考えるのが妥当ですね。

フレーム自体はコンパクトモデル発売以降に改修された金型をベースに作られているようです。リバイバルされたシリーズ70が手元にあれば、比べられるのに。グリップナットの廃止は、ローコスト化とは言え改悪ですね。ネジ山潰さないように締めすぎは厳禁です。



リアサイトはNMオリジナルには欠かせないイライアソンサイト。GM4のものとは異なり上下左右調整できるのが魅力です。同じくリバイバルされたウッズマンシリーズにも大量に使われているので、CAWになってから再生産されたものと思っています。



スライド内側にはシャーシと接触する部分を後から削ったような機械加工の痕があります。スライド成形後に反った部分を修正したと思われますが、TAITO製品で同じような加工痕を見たことが無いので、CAWの生産時の加工と推測しています。



バレルはポリカーボネート製(ナイロン製?)と思われるもの。TAITO時代と明確に素材が異なるので、これは新たに作られたものですね。バリが多いのは古い金型を使用したからなのかな。


個々のパーツを見る限り、主要パーツ全てがTAITO時代の残パーツを使用したものでは無さそうです。とは言えTAITO時代は、MGC50周年モデルのフレームにコンパクトモデル発売以前のパーツが使用されたりしているので、手持ちモデルと比較だけしても正確なことは分かりません。

今では考えられないぐらい大量に作られたMGCガバメントですから、残パーツだけで組んだモデルを再販できても不思議は無いのかもしれませんね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




モデルガン CAW MGCリバイバルモデル ナショナルマッチ セミカスタム


あす楽対応・CAW ナショナルマッチセミカスタム モデルガン完成品


[CAW] MGCリバイバル コルトガバメント MK IV シリーズ70 HW ブルーイング/[中古] ランクB/欠品なし/モデルガン






最終更新日  2021.02.18 13:19:29
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.31
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
本日8月31日の東京都のコロナ陽性者は100人、陽性率は4.1%。
前回UP時の27日と比べて▲0.8P。重傷者は前日から▲2人で32人。
第2派のピークは過ぎた感じですけど、また次のピークが来るような感じで続くんでしょうね。コロナと共存とはよく言ったものです。

さて今回は「CAW 27mm ミニ モスカート-プロップ」です。かなり以前に入手したものですが、久々に見つけて弄ってみました。



CAW(以前はモスキートモールド ブランドだったかな)のモスカートは、一般的な40mmサイズの他に、一回り小さい27mmサイズがありました。27mmモスカートは、CAW製ミニモスランチャーPEQ2と、カンプピストルにしか使用できないので、最近はほとんどみられなくなりました。



今回紹介するプロップタイプは、マイナーな27mmミニモスカートの中でも更にマイナーな、BB弾を飛ばさずにガスだけを発射する変わり種のもスカートです。外見は実弾のイメージに近いアルミの削り出しで、カンプピストルのライフリングに食い込む溝まで再現されています。

ガスが入ったモスカートの底部にあるバルブと先端にある放出バルブが、アルミ棒で直結してる単純な構造なので、底部のバルブを押すとガスが前部から一挙に抜ける簡単な仕組みになってます。その割に高価なのは、加工に手間がかかっているんでしょうね。



手持ちのカンプピストルと合わせると、ダミーカートぽく見えるのも良いですね。カンプピストルを出してた頃のCAWは勢いがあったけど、最近は新製品どころか情報発信すら無いのが寂しいですね。



40mmモスカートもそうですけど、バレルにカートを入れる時の「コポーン」という乾いた音が良い雰囲気です。発射するとガスが発射煙のように見えるので、プロップカートとカンプピストルの組み合わせはモデルガン的に楽しむのには最適です。

両者を組み合わせて再販すれば売れそうな気がするんですけど、サバゲ需要には遠く及ばないから難しいのかな。

28mmモスカートプロップの試射動画はこちら



今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




CAW モスキートモールド 40mm モスカート 60P


モスキートモールド グレネードランチャー モスカート 168P エアガン エアーガン


モスキートモールド グレネードランチャー ミニランチャー シングルパック エアガン エアーガン モデルガン


イーストA マガジンポーチ ブラック 27mmミニモ 2本用 491 BK






最終更新日  2020.08.31 22:20:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.21
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
今日は暖かかったですね。
いよいよ本格的に春めいてきましたw

さて今回は「MULE(CAW)チャーターアームズ ブルドッグ.44 」の続きです。



元々MULEのブルドッグ.44はエルフィンナイツ製のデッカードブラスター用に作られた主要パーツに、新たにバレルを製作して作られたもの。恐らくバレル以外の金型は、エルフィンナイツが所有しているんでしょうね。

発売当時MULEの社長が一回だけの製作と言っていた言葉通り、未だに再販はありません。実際に試作していたCAWグループ内のSPECの担当者が辞めた事とも関係があるのかもしれませんが、真相は不明。本当に再販されないとしたら、ちょっと勿体ないですね。



ブルドッグ.44をモデルアップするために作られたバレルは、独特の形状のフロントサイトがシャープに再現されていて、超魅力的です。「BULLDOG.44 SPL.」の刻印が入っている細身のバレルは、もっともブルドッグらしさを感じます。



上面から見ると、フレームトップのエッジが立っているので、細身のフレームの割には華奢なイメージがありません。目立つ部分のエッジが立っていると、キチンと作られている感があって好みです。



グリップは「オーバーサイズ 下角チェッカー」と命名された、フロントストラップ部の下部が角張ったタイプ。他にオーバーサイズで「下丸チェッカー」「下丸プレーン」「サービスタイプ「チェッカー」「プレーン」のグリップの違う5バリエーションが発売されました。

フレームはサイドプレートの無いソリッド型で、ピン止めを多用しているのが特徴。そのため分解がやりにくそうなので、未だに未着手です。



所持モデルはシリンダーストップにバリのようなものがあったので、ヤスリで削って整えました。この部分の仕上げが悪いとシリンダーに傷が付くので、最初にチェックしないと駄目ですね(今回チェックする前に作動させて、傷を付けてしまいました)。



5連発のシリンダーはカートを詰めると隙間が無いぐらいギチギチに見えます。カートの刻印は「44S&W SPL R-P」となっているので、レミントン製の44スペシャル弾をモデルアップしているようです。



以前は気がつきませんでしたが、このモデルのトリガーは左側(画像では下側)に寄っているようです。と言ってもトリガーガードからはみ出ているわけでは無いので、操作性に問題があるわけでもありません。一度気になると気になる程度のものですが、実銃も同じなんですかね。

他にも気になるの部分は、シリンダーを戻したときにラッチがキチンと戻らないことが多いこと。ラッチの戻りが悪いと作動が渋くなってシリンダーの回転が悪くなります。シリンダーを戻す度にエジェクターロッドを押し込めば問題ないので、実銃同様ラッチを使わないのが一番の解決策ですね。

万人受けはしないかもしれませんが、良いモデルガンです。最近MULE(CAW)は元気がないようですけど、このレベルの新作を出し続けて欲しいですねw

今日はここまで!!!!!!!

MULE(CAW)チャーターアームズ ブルドッグ.44の詳しい記事はこちら


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




モデルガン  MULE(CAW) 南部式 大型乙(パパ南部)


MULE/CAW発火型モデルガン レミントンダブルデリンジャー HW


モデルガン MULE ダブルデリンジャー【2ラインアドレス刻印モデル】


MULE/ミュール モデルガン レミントンダブルデリンジャー【U.S.プロパティー(軍納品刻印)】 [取寄]






最終更新日  2019.03.22 01:44:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.20
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
遅めの冬休みをとったりしていたので暫く更新が途絶えていましたが、ようやく再開?です。

今回は最近中古購入した「MULE(CAW)チャーターアームズ ブルドッグ.44」モデルガンです。



MULEのブルドッグはこれで2挺目となりました。今回のは下角グリップタイプなので、一応所持しているのとは違うバリエです。中古で安かったというのもありますが、ブラスターから派生した事やCAWグループ内の事情もあって再販は望み薄と判断したことが、今回の購入になりました。



久しぶりに手に取ったブルドッグですけれど、やっぱりデキは良いですね。中古品の常でオイルが切れ気味なので注油メンテをしたらギクシャクしていた動きがスムーズになりました。シリンダーストップに製造時のバリのようなものが微かに残っていたのを見過ごしたので、作動させたらシリンダーにスレが付けてしまいました。残念!



付属のカートがトリプルキャップ仕様になっていて、グリップメダリオンがシルバーとゴールドの2種同梱されていたので、MULE直販モデルだった事が分かります。発売から3年半しか経っていないのに予備カートも手に入りにくくなっているので、トリプルキャップ仕様のカートは貴重です。



エッジの立ったメリハリのあるフレームやシャープなバレル刻印等、トイガンとしてのデキは2015年に発売されただけあって、かなり高いレベルだと思います。

また、S&Wやコルト以外のダブルアクションリボルバーは絶版となったWAのセキュリティ シックスぐらいしか現状モデルアップされていないので、MULEのブルドッグは貴重な存在だと思います。

チャーターアームズというマイナーメーカーのモデルですけれど、個人的には好きなモデルですねw

今日はここまで!!!!!!!

MULE(CAW)チャーターアームズ ブルドッグ.44の詳しい記事はこちら


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




モデルガン  MULE(CAW) 南部式 大型乙(パパ南部)


CAW/クラフトアップル モデルガン : 南部十四年式 前期型 /ダミーモデル [取寄]


CAW Mule コルト M1911A1 発火モデルガン 発火カート 7発 ダミーカート8発付 銃


【送料無料!】 CAW 発火モデルガン Remington レミントン M1875 3rd 7 1/2 インチ ヘビーウェイトHW






最終更新日  2019.03.20 00:42:05
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.09
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
さて今回は「CAW M1911A1 戦前ナショナルマッチ 発火タイプ 」モデルガンです。
入手したのは、最初に発火モデルが出た頃なので2012年頃のはず。何故か今まで一度も紹介したことが無かったモデルとなります。



CAWガバメントの刻印バリエーションの一つで、1936年頃に製作された市販ターゲット用モデルのナショナルマッチをモデルアップしています。他にも刻印バリエーションで「システマ・コルト」「コマーシャルミリタリー」「イサカ」等が生産されていたと記憶しています。



スライド左側刻印は「COLT'S PT.F.A.MFG.CO.HARTFORD,CT.U.S.A.」「PAT'D
APR.20,1897. SEPT.9,1902. DEC.19,1905. FEB.14,1911.AUG.19,1913」のコマーシャルモデル用の刻印が入っています。

書体も実銃のものに近く、雰囲気的にも良くできています。以前紹介したMGC製の「コマーシャル・ミリタリー」とは全然違って見えます。これは設計された時期が全然違うので比較しても仕方ない部分ですけどね。



右側スライドは「NATIONAL MATCH」の製品名にコマーシャルモデルに準じた「COLT AUTOMATIC CALIBER.45」ランパントコルトマークが入っています。

フレームには「GOVERMENT MODEL」とシリアルNO,「C177975」が入れられています。



MGCガバメントと比べるとスライドの厚みの薄さに気がつきます。実際は1mmも厚みが違うわけではありませんが、人間の目って正確なんですね。スライド自体の面取が異なっているので,余計にそう感じるのかもしれません。



現在モデルガンのガバメントの中ではもっとも正確なモデルの一つだと思います。個人的には、実銃の戦前型ナショナルマッチはブルー仕上げ、木製グリップが標準仕様だったようなのでグリップだけでもフルチェッカーの木グリに代えたいところです。

このモデルを入手した当時はCAWも元気が良くて、一四年式のバリエーションや南部式自動拳銃、やウッズマンの再販など次々に新製品を出してました。情報発信量も多く、今とは段違いですね。最近はブログの更新も無く再販もひっそりと行ってる感じなので、突然廃業したりしないか心配ですW

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




CAW コルト .45AUTO ガバメント M1911A1 HW モデルガン ダミーカートモデル


CAW GM M1911A1用 フルチェッカー ウォールナット&金属ウエイト付き


CAWモデルガン : MGCリバイバル NRA記念モデル ナショナルマッチ シリーズ’70  ヘビーウエイト メダリオン付きココロボグリップ 40台限定モデル


CAW/クラフトアップル モデルガン : MGCリバイバル ガバメント シリーズ’70 / S70 発火式[取寄]






最終更新日  2018.12.09 00:09:42
コメント(6) | コメントを書く
2018.08.04
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
今日も暑かったです。完全な盛夏対応ウェアで外出しても、汗汗汗。
自販機とコンビニで水分補給ができるからなんとか活動できるレベルですw



さて今回も「MULE レミントンデリンジャー」ですが、今回はトリガープルの調整です。MULEデリンジャーの問題点は、そのトリガープルの重さ。実銃どおりの重さを再現したとか言われてますが、片手で引けないレベルっていうのはトイガン的にどうなんでしょうね。



右:MULE製トリガーSP、右:HWS製トリガーSP

個人的には外注した板バネが強すぎたのが原因だと思っています。板バネ自体が固くて強いので、メーカーが勧める方法で、左右を削って調整しても大して軽くはなりません。そこで安直ですがHWS盛デリンジャーのトリガーSPと交換することにしています。

ほぼ同形状で同サイズで、HWS製の方がバネが薄くしなやかな感じです。フレームに接する部分はHWS製の方が大きめなので、フレームにかかるストレスも少なそうです。



取付はトリガーを外すだけなので、最初にトリガーピンを抜き出します。トリガーピンの片側に抜け止め防止のローレットが刻まれているので、フレーム左から叩いて右側に抜き出すようにします。



HWS製トリガーSPの幅は、MULE製デリンジャーのトリガー幅よりも若干厚いので、トリガー幅に合うようにトリガーSPを削ります。



ドレメルの砥石を使って、現物あわせで左右を削って調整します。トリガーに幅が合えばブルーイングして組み込みます。



元々のハンマーSPが強い事もあって、HWS製デリンジャーほど軽いトリガーにはなりませんでしたが、片手でトリガーを引けるレベルにはなりました。所有している別のノーマルデリンジャーも、同じ調整をしています。ダミーカート用のハンマーSPに交換すると、もっと軽くなりそうなので今度注文して試してみたいと思います。

ダミカ用SPでも発火できるんじゃ無いかと根拠レスで思っていますが、さてどうなるかw

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




【中古】[MIL]ハートフォード(HWS) 発火モデルガン ダブルデリンジャー HW(ヘビーウェイト)(20130531)


モデルガン MULE ダブルデリンジャー【2ラインアドレス刻印モデル】


【エントリーでポイント10倍】MULE/CAW発火型モデルガン レミントンダブルデリンジャー HW


【新品即納】[MIL]CAW(クラフトアップルワークス) 発火モデルガン MULE ダブルデリンジャー U.S.PROPERTY(20171113)


MULE(CAW) ダブルデリンジャー用 トリプルキャップカートリッジ






最終更新日  2018.08.05 23:01:59
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.03
テーマ:GUNの世界(2844)
カテゴリ:GUN具(CAW-Toy Gun)
今日も暑かったです。半日外出していたら倒れそうになりました。
日頃の不節制があるにしても。今年の暑さは凄すぎますw

さて今回は「MULE レミントン ダブルデリンジャー U.S.プロパティ 」の続きです。



先にミリタリー刻印について紹介しましたが、それ以外にもU.S.プロパティモデルには違いがあります。



ダブルバレルデリンジャーの目立つ刻印と言えば、バレル上の刻印です。U.S.プロパティモデルも実銃同様に変えられています。「REMINGTON ARMS--U.M.C.CO.ILION.N.Y.」は1912年以降35年までに製造されたタイプの刻印なんだそうです。



パッケージと取説もU.S.プロパティモデル専用のものになっています。他の刻印バリエとは販売価格が違うので識別のために変えたと思われますが、シール対応なんかよりは満足度は高いですね。



付属カートリッジ底部のヘッドスタンプも、ダイアモンド型の「Western Cartdge Co.」製に変えられています。こういうのもチョットしたこだわりは嬉しいですね。




上:ウォルナット製グリップ、下:ココボロ製グリップ

これはU.S.プロパティモデルと言うわけではありませんが、MULEの直販で購入したデリンジャーには一般流通のウォルナットグリップとは異なり、ココボロ製グリップが付属していました。

それだけ聞くと直販モデルの方が魅力的に感じるんですが、実際に比べてみるとチェッカリングや仕上げのせいで、あまり違いが分からないのが残念です。U.S.プロパティモデルは一般流通品だったので、ココボロ製に交換してあります。

モデルガンの世界は、こだわりがどんどんミクロ化してディープになっていきますね。楽しいけど裾野は広がらないかなw

今日はここまで!!!!!!

MULE レミントン ダブルデリンジャーの詳しい記事はこちら

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




【新品即納】[MIL]CAW(クラフトアップルワークス) MULE(ミュール ) 発火モデルガン ダブルバレルデリンジャー 2-line address(2ラインアドレス)(20171231)


【CAW(MULE)】レミントン ダブルデリンジャー 2−line address(発火式モデルガン/完成)


【エントリーでポイント10倍】MULE/CAW発火型モデルガン レミントンダブルデリンジャー HW






最終更新日  2018.08.05 23:01:43
コメント(0) | コメントを書く

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.