2012.02.24

AG191 WA コルト コマンダー シーキャンプカスタム STD

(4)
テーマ:GUNの世界(2360)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
今日も日差しが強くて暖かめで春が期待できるかと思えば、明日はまた寒いんだそうです。そういやまだ2月なんだから簡単に春は来ないですね。

さて今回は「 WA コルト コマンダー シーキャンプカスタム STD」ガスガンです。

DSC03603_2.JPG

シーキャンプカスタムと言えば、古くはテキサスの受注カスタム。近くは?WAの固定スライドガスガンとして結構有名なカスタムでした。テキサスのものは広告でしか見たことがないので、イメージとしては固定スライドガスガンになるのかな。

固定スライドガスガンでシングルアクションのガバ系を再現するとしたらMGCのウィルソン方式か、WAの方式ぐらいしか考えられず、実銃の数こそ少ないもののWAの方がリアルだと思っていました。

DSC03605_2.JPG

固定ガスガンのシーキャンプメカを使ってモデルガンのコマンダーのシーキャンプ化を計画しましたがプランだけで実行に移せず、スライドの動くシーキャンプは是非とも手に入れたいモデルとなっていました。

このモデルが発売されたのが去年の暮れ。相変わらず突然の発表でしたが即購入しました。DX版との違いはグリップだけだったので迷わずSTD版を選びました。正直ヘレッツグリップだけであの価格差は無いと思います。

DSC03617_2.JPG

久々にWAのガスガンを購入したら、その重量とスライドの平面に少し感動してしまいました。まあ、あの定価ならそのぐらいのクオリティは当たり前だと思いますが、所持モデルが当たりなのか全体にデキが良いよ思います。

ダブルアクションメカを組み込んだフレーム右側は、固定スライド時代と異なり金属プレートでカバーされているので、左右のグリップの厚さがあまり変わらないがないのが良いですね。

DSC03610_2.JPG

ダブルアクションもハンマーの起き上がりが良くなっています。何よりもスライドが動くシーキャンプカスタムと言うことだけで満足できちゃってます。

残念なのがセフティで、軸が太くなっているタイプなので手持ちの片側エクステンドセフティが使えません。この軸サイズのセフティはオリジナルかアンビタイプしかなかったように記憶してます。むろんMGCのは付きません

グリップは変えるにしても、適当な地味目のセフティが見つかるまでは当分オリジナルのままになりそうです。

今日はここまで!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング






TWITTER

最終更新日  2018.08.08 23:24:04
コメント(4) | コメントを書く