075055 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

婆九礼のブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

みんな集まって♪@ みんな集まって♪ みんな集まって♪みんな集まって♪みんな集…
すぐに遊べるゲーム@ すぐに遊べるゲーム すぐに遊べるゲームすぐに遊べるゲームす…
あなたにピッタリ@ あなたにピッタリ あなたにピッタリあなたにピッタリあなた…
イカセてほしい@ イカセてほしい イカセてほしいイカセてほしいイカセてほ…
大胆過激な@ 大胆過激な 大胆過激な大胆過激な大胆過激な大胆過激…

Freepage List

2006/08/13
XML

つまり、『妄想代理人』というストーリーは現代日本の縮図ですよね。通り魔事件というのも最近の日本では珍しくはないですよね。悪徳警察官が出てきたり、その警察官とヤワさんが絡(から)んでいたり。。。、“汚職刑事蛭川の娘・妙子は、父の部屋から小型カメラで盗み撮りされた自分の映像を発見、ショックと恐怖で呆然していた。” 最近では、いい年をしたおっちゃんが電車の中で女学生のスカートの中を盗撮したりしますからね。しかも、この月子さんは境界性人格障害を患っていますよ。

それ。。。それですわねぇ~。。。結局、月子さんが境界性人格障害を患っている事が言いたいために、このアニメを持ち出したのですわね?

分かりますかぁ? うへへへへ。。。

とにかく、何でも、あたしのことに結べつけるために持ち出してくるんですよね? んも~~

ほら、。。。また、。。。いつもの癖が出てきましたよゥ。。。被害妄想ですよォ~。

違いますってばあアア~。。。被害妄想ではありませんわぁ~。

僕は、何でもかんでも、レンゲさんの境界性人格障害に結び付けようとしているわけではありませんよ。日本では、実際に境界性人格障害者が増えているんですよ。だからアニメにも自然に取り上げられている。日本では身の回りに境界性人格障害者が多くなっている。だから、このアニメのストーリーの原作者もシナリオの中に、そのような人物を織り込んでいるんですよ。

でも、月子さんだけでしょう?

違いますよ。蝶野晴美さんも明らかに境界性人格障害者ですよ。大学研究室助手“晴美”と、ホテトル嬢“まりあ”という正反対の2つの人格があることだ、と書いてあるでしょう?

それも境界性人格障害の特徴なのですか?

そうですよ。


<< 境界性人格障害の判断基準 >>

■ 対人関係が不安定だ。
  理想化とこき下ろしの
  両極端を揺れ動く。

■ 衝動性が強い。
  浪費、薬物乱用、過食、無謀運転、
  見境なしのセックスなどに陥る。
  衝動的に不倫に走ったりする。

■ 感情が不安定だ。
  強い不快、イライラ、
  不安などに悩まされる。

■ 自分ではコントロールできない
  不適切なほどの強い怒りが起こる。

■ 自殺の振る舞いや
  自傷行為などを繰り返す。

■ 自分自身に対するイメージが不安定。
  自己同一性の顕著な混乱が見られる。


■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

■ 見捨てられる不安とそれを
  避けようとする行為を繰り返す。

■ 妄想観念や解離性障害
  (記憶喪失や現実感の喪失など)がある。

上の9つの項目のうち、5つ以上当てはまると境界性人格障害と診断される可能性が高い。


分かるでしょう?レンゲさんにも自己同一性の顕著な混乱が見られることがありますよ。

どのような時ですか?


寂しがり屋のレンゲさん

この丸2年の間に、レンゲさんが恋愛体験を持った男は4人ですよ。“心の恋人”の僕を含めてですけれど。。。

あたしが肌を合わせた男が4人居るとおっしゃりたいのですか?

そうですよ。僕はレンゲさんとエッチはしなかったけれど、レンゲさんと肌を合わせましたからね。あのスケスケのナイティーを着て、レンゲさんは8才の女の子になりきっていた。去年の夏ですよ。怖い夢を見てどうしても眠れない。。。そういう事を言って僕の部屋に入ってきたんですよ。もう真夜中をすぎていましたよ。レンゲさんが境界性人格障害を患っている。子供の頃にお母さんから拒絶された経験を持って居る。肌のぬくもりを求めていた幼児の頃に、そのぬくもりが得られなかったというトラウマを持って居る。そのようなレンゲさんの生い立ちを知っていたけれど、レンゲさんが、このような姿で現れたときには、僕は度肝を抜かれてしまいましたよ。

デンマンさんは、すぐにそうやってドラマチックにしてしまうのですわ。

ドラマチックどころではないですよ。ドラマチックという言葉では表現できないような衝撃を僕は受けたんですよ。真夜中に、レンゲさんが、こういうスケスケルックで現れたんですよ。一体どういう事なのか?ギョッとして僕はレンゲさんが、もしかして火星からやって来たのではないか?僕は、実際夢ではないかと、自分のひざ小僧をつねってみたほどですよ。詳しい事は次の記事を読んでくださいね。
『あたしは、どのように愛せば良かったのでしょうか?』

デンマンさんは、オーバーですわぁ。

オーバーじゃありませんよ。僕はほんとうにびっくりしたんですよ。

でも、デンマンさんは、ポーカーフェースでしたわ。

あのねぇ、本当にびっくりするとねぇ、人間は表情がなくなってしまうんですよ。表情までが抜き取られてしまったように驚いてしまう。ちょうどあの時の僕はそういう状態だったんですよ。だから、レンゲさんには、僕がポーカーフェースに見えたんでしょうね。

でも、あの時のデンマンさんって優しかったですわぁ~。

優しくする以外にないでしょう?レンゲさんは、寂しがり屋の8才の女の子になりきってベソまでかいていたんですからね。演技ならば、とても恥ずかしくってできるものではない。。。その恥ずかしさもかなぐり捨ててレンゲさんは完全に8才の女の子になりきっていたんですよ。8才の女の子がレンゲさんの形を借りて生きていたとしか考えられない。それほど真に迫っていたんですよ。成熟した女の肉体を持っている、いつものレンゲさんは見せ掛けで、実は8才の女の子がレンゲさんの体を借りて生きている。僕は実際そう思えたものですよ。とにかく、あの夏の夜の出来事はすべてが不思議な世界の出来事だったとしか思いようがないんですよ。とにかくね、レンゲさん、あなたは不思議な人ですよ。

『お願い、もっと愛して』より


分かるでしょう、レンゲさん。。。あなたはね、こうやって8才の女の子になりきって寂しがる時もあるんですよ。

でも、デンマンさんだって寂しくなることってあるでしょう?

程度の差こそあれ、確かに誰でも寂しくなる事ってあるでしょうね。つまり人恋しくなるというような。。。でも、レンゲさんの場合にはそれが異常なんですよ。

どのように。。。?

現実逃避するところまでレンゲさんの寂しさは募(つの)ってしまうんですよ。そうやって、レンゲさんはバンクーバーにやって来る。しかし、現実逃避は上の引用の中でtsurumaruさんが書いていたように、問題の解決にならないばかりか、さらに問題を増やしてしまうんですよ。


でもさ、問題の本質は、(鷺月子さんの)現実逃避が長い目で見た時に鷺さんに、ますます多くの問題をもたらすという事だよね。
(そうする事で、少年バットも生き続ける)
鷺さんは避けられない破綻を引き伸ばしているだけのように見えるよ。
そうしている間にも、他の人たちは苦しんでいる。
(だからね、こういう風に考えれば、マロミは実際には鷺さんの助けにはなってないんだよ。あなただってそう思うよね)

僕は思うんだけどさぁ、鷺さんは自分のしたことに対して直面し、それを認める必要があるよね。
そうすれば、(自分の中から)少年バットとマロミを追い出す事が出来るよ。
そして(彼女のお父さんのように)他の人とも、うまくやってゆける。


僕は、このアニメを見たことがないんですよ。でもね、ストーリーの荒筋とtsurumaruさんの投稿を読むだけでも、かなりの部分を理解する事が出来ますよ。月子さんもレンゲさんも境界性人格障害を患っているという共通なものがある。僕は、訳しながら月子さんがレンゲさんに思えてきたものですよ。

どういうところがですの?

つまり、少年バットもマロミもイマジネーションで作り出した月子さんの分身ですよ。この二人が問題を生み出してゆく。

あたしの場合は。。。?

レンゲさんの場合には、はっきりと分かる3人の人格が居ますよ。


3人の女をうまく操る長女


“幼児的ふれあい”を
求める8才の女の子


妄想をたくましくして
対話を拒否する
サディスト


思慮と分別がある
熟女


僕はこれまでに、レンゲさんの中の3人の人格に出会っていますよ。でも、この3人をうまくコントロールする長女が居ないんですよね。そのために、レンゲさんはいろいろな問題を起こしてしまう。そういうわけで、もう10年以上も精神科に通って治療を続けている。

あたしが現実逃避するのはそのためだとおっしゃるのですか?

そうですよ。うまくレンゲさんの3人の人格をコントロールする長女が居ないからですよ。妄想をたくましくする黒いパンティーをはいたサディストこそ、レンゲさんの“妄想代理人”でしょうね。この女のためにレンゲさんの中に居る思慮も分別もある女が押しのけられてしまう。

あたしがデンマンさんに会いにバンクーバーへ行くのも、その妄想代理人の仕業(しわざ)だとおっしゃるのですか?

そうですよ。もし思慮も分別もある女が長女のようにレンゲさんをコントロールするならば、レンゲさんはバンクーバーに来るような事はしないで清水君と仲直りしようとしますよ。上で引用した投稿でtsurumaruさんも書いているように現実逃避は問題を解決しないばかりか問題を広げて大きくしますよ。

あたしが問題を広げて大きくしているとおっしゃるのですか?

もし、僕のような男がバンクーバーにいなければ、レンゲさんはきっと落ち込んで次のような詩を書くんですよ。


  花



砂漠に生まれた小さな花は

花をつけることを忘れたままに

ある朝ひとりで死んでゆきます

だれかが見つけてその花を

きっと枯れ草と呼ぶのでしょう

花を咲かせることはできなかったけど

それは確かに花だったのです


by レンゲ


でも、この詩を書いたときにデンマンさんは次のように励ましてくださいましたわ。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006/08/13 04:54:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツ・芸能・恋愛・結婚・人生] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.