001722 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

生活力に差をつけよう!Life Style Up講座

2020.04.24
XML
カテゴリ:デジタルライフ
失敗した出会い系サイトがオンライン動画の王様になった経緯

2005年のバレンタインデーに、Steve Chen、Chad Hurley、Jawed Karimの3人が www.youtube.com のドメイン名を取得しました。伝説によると、このトリオは「Tune in, Hook up」と呼ばれるオンラインデートサービスを作成することを計画しましたが、これは大失敗に終わりました。
しかし、3人のPayPalの従業員が作成したプラットフォームは、動画のアップロードと共有に優れていたので、共同設立者たちは、2004年のインド洋津波やジャネット・ジャクソンの悪名高いスーパーボウルのハーフタイムショーからの衣装の誤作動の動画を見つけることができないことに気づいたとき、彼らは4月23日に動画共有プラットフォームを公開することを決めました。
わずか1ヶ月で1日に約3万人の視聴者を獲得した。半年後、その数は200万人に達しました。そしてわずか1年で、​YouTube​は2500万ビューを得て、1日に約20,000ビデオのアップロードを見ていた。2006年10月、Googleは16億5000万ドルの株式でYouTubeを買収しました。

YouTubeが利用したのは、動画を通じて自分自身を共有することに何の問題もない若い世代でした。誰もが参加して、好きなことを投稿することができたのです。想像できるように、これは良い影響もあれば悪い影響もありました。

一方では、かわいい猫の動画があり、他方では過激派のプロパガンダがありました。YouTubeは新しいMTVになると同時に、政治家のキャンペーンにも変化をもたらしました。そしてその背景には、動画推薦アルゴリズムが中毒者を生み出し、場合によっては彼らを過激化させていました。

YouTubeが信じられないほどの影響力を持っていると言うのは、とんでもない控えめな表現でしょう。しかし、私はYouTubeがどのように、そしてなぜ社会を変えてきたのか、現在どのように機能しているのか、そして将来的にYouTubeから何が見えてくるのかを掘り下げてみたいと思いました。

CNBC






最終更新日  2020.04.24 23:45:26
コメント(0) | コメントを書く


PR

日記/記事の投稿

ニューストピックス

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.