000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

べるにーにのブログ

May 9, 2013
XML
カテゴリ:
夏目漱石著 「こゝろ」



10代の頃読んだ記憶ですが、GWを利用して読み返しました。

あああダメだ、ちっとも憶えていない(笑)

ガキんちょのべるにはちょっと難解だったのかもしれません。



「自死」についてのお話です。



あらすじはWikiによると・・・・・

夏目漱石の代表作となる長編小説。友情と恋愛の板ばさみになりながらも結局は友人より、恋人を取ったために罪悪感に苛まれた「先生」からの遺書を通して、明治高等遊民の利己を書く。



たぶん以前のべるは語り部である学生の「私」に感情移入して読んでいた。

今回は自死を選び、その「私」に遺書を遺した「先生」に感情移入できた。



その理由は、

べる自身が先生の年齢に近くなった。

以前読んだ、パンセ(パスカル編)の解説本に助けられたこと。

この二つでしょう。



両親を早くに亡くした先生、

やがて狡猾な叔父に欺かれ遺産を取られてしまいます。

信頼していた叔父に裏切られショック、深い傷を負う。

自分は決して人を欺くことはしないと誓った先生だったのに・・・・・



恋は盲目? 先生は友人を欺き、彼女も彼女の母も欺いた。

そして恋愛には勝利したはずの先生なのに恋愛、いや人生にも敗北することになる。



彼女さえ手に入れれさえすれば幸せになるはずだったのに、

失恋が原因で自殺した友人への自責の念から逃れられず、先生も自死を選ぶ。



ちょうどその時代は明治の終わり、明治天皇が崩御し

彼の後を追うように殉死した方々も多かったと聞きます。



世の中には死んでしまった方が幸せ、生きている方が辛いと思う人がいるんです。



ちょっとヘビー過ぎる作品かもしれませんが、大人になって読み返せば感慨深い、

古の日本文学もいい、ちょっとはべるも成長したかしらん(笑)




__.JPG



「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」






最終更新日  May 9, 2013 04:59:45 PM
コメント(2) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事

PR

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

7年連続年間検索第1… 内装屋サンさん
光の国 most-asaさん
りみCAR-STY… とぱーずrimixsさん
paolonlee ぱおろんりーさん
翻訳会社社長の日々… Oku-chan 1213さん

コメント新着

べるにーに@ Re[1]:Spectre(12/08) だから彼は片目の、シャムネコ好きな男だ…
magadelanrose111@ Re:Spectre(12/08) もちろん、見てきましたよ。いいスーツは…
べるにーに@ Re[3]:Mongolia 7(08/23) かっちゃんさん 何故山羊を指名??? …
かっちゃん@ Re[2]:Mongolia 7 >実は同じグループに独身女性一人と二人…
べるにーに@ Re[1]:Mongolia 7(08/23) かっちゃんさん >4の記事の「影のツー…

プロフィール


べるにーに

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.