000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

べるにーにのブログ

全314件 (314件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

カテゴリ未分類

August 3, 2015
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ROMA

以前観ましたが、違う友人が貸してくれたので

もういちど観て、味わっているドラマのタイトルです。

img_1.jpg


制作はアメリカのHBOと英国のBBC、近代の覇権国。

どちらのお国も古代ローマをお手本にして、世界を“支配”してきました。

なので彼らは古代のスペクタクル活劇が大好き、映画も多いですね(笑)



でもこの物語の縦軸は男の友情だと思います、泣ける。

カエサル直属の第13師団の百人隊長ヴォレヌスとその配下プッロの物語。

071221_roma_dorama_main.jpg



そして横軸は歴史物語です。

カエサルがガリア(今のフランス)を制定してローマに戻ろうとする。



ところがあまりにも民衆に人気のあるカエサル。

彼が独裁官になることを恐れ、妬ましく思う元老院(貴族階級の議員)

カエサルの盟友ポンペイウスを担いでカエサルを排除しようとするのだが・・・・・



古代ローマがローマ帝国と違う名前で呼ばれる寸前までのお話。

全部で24枚のDVDです!製作期間も8年にの手間、時間、お金のかかったドラマ。



やっと12枚目まで観終わりました。



今回観ていて新たな発見と言えば女の業の深さ、凄さ、したたかさ。



将来初代皇帝アウグストスになるオクタビアヌスの母で

カエサルの姪である肝っ玉母さん“アティア”はどんな手を使ってでも邪魔者は消す。



なかでも最強なのは“生霊(いきりょう)”になってしまった女の恐ろしさです。



史実ではないかもしれませんが、カエサル暗殺の影の実行者はアティアの敵、

カエサルの愛人でブルートスの母であった女セルウィリアの呪いの力。



カエサルの死後、再び内乱が起こるローマ領。

内乱といってもローマの場合はイベリア半島、イタリア半島、バルカン半島、

オリエント、エジプト、そして北アフリカ・・・ようするに今のEUと中東、

地中海、エーゲ海、黒海の周辺国はすべてローマ、スケールが違います。



男たちのダイナミズムと女の恐ろしさ。

世界の歴史はこの二つのエレメントから出来ているのかもしれません(笑)

2dceb9ee.jpg



「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」






最終更新日  August 3, 2015 05:28:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 19, 2015
カテゴリ:カテゴリ未分類
日本は『言霊の国』とよく言われる。

とくに勝負においてはぜったいネガティブな言葉を口にしてはいけない。

そんな弱音や言葉を口にすると意識がそちらに引っ張られてしまいます。

兵士や選手のメンタル面では正しい考え方なのかもしれません。

戦争中に「負けるかも?」と言ってはいけないし、

スポーツの試合中「負けを意識」してもいけない。



経営でもよく似ている現象が多い。

積極的なチャレンジが大切、とにかく前進あるのみ。

しかし経営者は一兵士や一選手じゃない、将校や監督でもある。

最悪のパターンからのリカバーまで考慮しなければいけない。

それって『マイナス思考の上に乗っかったプラス思考』なのかも・・・・・



首脳陣は戦争を始める前に双方の軍事力や兵站を詳細にわたって調べあげ、

どこまで戦えるのか、停戦交渉に持って行くのか、様々なシュミレーションをする。



一般的にはネガティブさってダメなはずなのに、

そこに深さや面白さをべるは発見してしまいました。



録画でテレビ深夜番組『アメトーク・マイナス思考芸人特集』を観ました。

オードリー若林、バカリズム、ブラマヨ吉田、

ウーマンラッシュアワー村本、その他女性の芸人さん2名・・・・・

とくにブラマヨ吉田の持つマイナス思考力には脱帽してしまいました!!!

それがブログには書ききれないほど酷く(笑)久しぶりに大笑いしてしまいました。



若林はトークが巧い上に、最高に笑える言葉を。。。

「海にサメが出ない根拠ないのに、沖までバナナボートで遊ぶのはおかしい」

「自分の誕生日パーティーを開くやつは信用出来ない」



理由を聞けば「なるほど!」と思うことも多く。



これって話術としてとても効果的、「なぜ?」って相手の興味を引くんです。

ただただネガティブなだけではなく、そのあと妙に納得できる面白い答えを用意している。

そのあたりの話術、日本でトップの若手芸人さんたちって凄いって思いました。



「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」






最終更新日  May 19, 2015 05:06:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 6, 2014
カテゴリ:カテゴリ未分類
フェイスブックの友人には伝えましたが・・・・・

今年から年賀状をやめます、例の年賀状印刷ソフトで刷るヤツは。



あれ楽しいですか? 楽しい人にはいいんですよ。

ただ、べるにとっては“作業”になってしまったんです。



もちろん自動印刷できるので多くの枚数を短時間で“処理”できる。

年賀状の売り上げも手書きの時代よりは飛躍的に伸びたでしょう。




母親が手書きで書いているのを見て大変そうだな、

今は便利なものがあるのにってちょっと小馬鹿にしてた。

けれどもこっちは知らないうちにただの作業(笑)になってしまっていた。



もちろん書ける人には何かのメッセージは添えて出しました。

やがていただく年賀状も飛躍的に増えてきました。



なかには心温まるもの、子供さんと一緒に家族が仲良く写っているものもある。

けれどDMのような、経営者や個人事業主からの年賀状も増えてきた。

とりあえずべる、一年間は保管しますが読み返すこともまずない。



お正月の気持ちは、お正月になったときにSNSで友人たちに伝えます。



でもSNSを見てない友人、年配の方、疎遠になってしまった方、

お世話になった方には下手ですがなんとか手書きで書いてみます。


かつて小馬鹿にした(笑)母がしていたように。。。。。


shodou.jpg

習字は続けておくべきだったって、今は後悔しています(笑)



「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」







最終更新日  November 6, 2014 11:20:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 17, 2014
カテゴリ:カテゴリ未分類
お久しぶりです!

べる、めずらしくとても忙しくって気持ち的にブログを書く余裕がありませんでした。



ちょっと落ち着いたし本も全部読んだから書いてみようかと。



下巻もやっと読破できました^^;

無.jpg



ケルトもサクソンも、デーン、ユダヤ、ノルマン人も総登場!
テムズ河に2000年を生き継いだ10組のファミリーが、
親から子へ孫へ…時代時代の歴史をそれぞれの浮沈を賭けて生きる。



メチャ簡単に解説すればこんな物語(笑)



BC54年からAD1997年までの2000年以上の間を生き抜いた家族の物語が縦糸、

その時代に起こる史実(聞いたことのあることばかり、教科書に載ってるね)が横糸。



べるは日本史専攻だったので大人になった今、世界史が面白い。

そしてわれらの日本の歴史は特別なモノだということがよくわかる。



アングロ人、サクソン人が侵略しイングランドという国のカタチが形成される。

中世以降イングランドの王朝は先住民のケルトではないんですね、それは今も変わらない。



ところが古代より多民族の都市ロンドンは自由な気風に満ち溢れた商業、貿易業、金融業の中心。

世界一早いのかな? 豊かな商工業の組合や議会が組織される。



王は莫大な戦費が必要なので税を増そうとする。今のどこかの国の状況と似てません?(笑)



でも中央集権国家の多いヨーロッパとは違い、ロンドンという名の

世界に開かれた、自由な気風の“もう一つの国家”は簡単に王には屈しません。



どんな過酷な時代も生き抜いてきた家族の物語、壮大なロマンでしたよ。

べる、もうお腹がいっぱいになりました(笑)




「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」






最終更新日  October 17, 2014 03:56:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 10, 2014
カテゴリ:カテゴリ未分類
べる、世界中で乗ったわけじゃないから何とも言えませんが。



地下鉄って、やはり先進国に多い乗り物ですよね。

一番古いのはロンドンのそれでしょうか?

蒸気機関車が発明された国だから多分そのはずですよね。



小説と映画『ハリー・ポッター』で有名になったキングズクロス駅、

1987年の火災事故以前に行きました、今はもう違うかな?

エスカレーターのステップがすべて木で出来ていたことに驚いた記憶があります。

woodenescalator.jpg
こんな感じ、不思議でしょ?(笑)





そしてここからはイタリアの地下鉄のお話です。

事前に言ってあげればよかった、ついに取引先の人が引っ掛かりました(笑)



2月には大規模な生地の見本市がミラノで開催されます。

ミラノ市内は乗り放題チケットを購入すれば、それでどこにも行ける。

ただしその会場はゾーン外です、市内のホテルから

会場へ行くのには追加分を支払わなければいけません。



名古屋だったら出口の改札があり、料金が足らない場合はゲートが閉じてしまいます。

そこで乗客は気づいて精算機で不足分を払い、新たなチケットを挿入し無事に出られます。



ミラノの場合、出口に切符を入れるゲートがないんです。

そして展示会の時期だ、大勢の外国人バイヤーがそこへ集中します。



職員が待っているんです、ゲートの外に(笑)

そう、罰金制度があるんです。



ゴネない、暴れない、泣き叫ばない心優しい日本人が、35ユーロの罰金と

不足分の1.50ユーロ、合計36.50ユーロをミラノ市交通局に納める仕組み。



今ならば5,000円ちょっと、酷い話です。



これ完全に地理に疎い旅行者狙いですね、ミラノ市さん!?

日本のような改札にしてほしいものです、まったくもって・・・・・(>_<)



イタリアは素晴らしい国ですが、これダメです!

やはり日本の地下鉄のほうが乗客に優しい、べるはそう感じた次第です。



__ 2.JPG

レチェヴータ(レシート)はもらえますが、これは必要経費にはなりませんね(笑)



「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」






最終更新日  May 10, 2014 05:00:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 17, 2014
カテゴリ:カテゴリ未分類
今さら、な感じなのは否めませんが・・・・・



ボケ防止?(笑)未だに英会話の勉強しています。

英語が特別好きなわけでもありません、ただ中学の頃から義務教育だった。

勉強が嫌いなわりには“当時は”よく出来た、楽しんで学ぶことが出来た唯一の学科でした。
 


ブリティッシュ・ロックが好きだったから、その本当の意味も分からず歌っていた10代。

でも学校で習う英語は????? 仕方ない、アメリカに無条件降伏したわけだから。



べるの世代、いやもっと前から? 英語好きはアメリカ好きが多かった。

でも発音は英国人のほうが(階級によっても違うけれど)イカしてるって思ってた。

学校で習う英語? いや米語でした(笑)



白洲次郎が戦後、GHQのホイットニー准将に「お前は英語が上手いな」と言われ、

"if you study a little harder, you will improve your English."と答えた。

ケンブリッジのクレア・カレッジに学んだ彼にとって

占領国の上官と言えどもアメリカ風の英語が耳障りだったのでは? とべるは思っている。



発音はともかく日本で暮らしていても英語は便利なツール、だから忘れないように。

どれくらい英語が出来ない? いや出来るのか?

自分の実力が知りたいので"TOEIC"の試験を受けることにしました。



言葉はただのツールで人間は中身が大切、そんなことは大人ならわかる。

でもツールを上手く使いこなせば世界が広がり、きっと知識は深くなるはず。



2013-1-13-toeic-fu-score.png
こんなに出来るわけがない、結果は公表しませんよ(笑)



「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」






最終更新日  April 18, 2014 04:11:14 PM
コメント(4) | コメントを書く
March 31, 2014
カテゴリ:カテゴリ未分類
3月27日、木曜日のことでした。

式年遷宮で賑わう伊勢に出かけました。

偶然でしょうか、天皇皇后両陛下も神宮に宿泊されており厳重な警備体制。

やはり日本一のV.I.P.です、待遇が違いすぎます(笑)

べるは何度も神宮には参杯に来ているんですが、27日は全く様子が違いました。

__ 1.JPG

朝から大勢の参拝者が待つ内宮。



7世紀後半から行われている遷宮。

日本では神様も20年もいると建物が穢れるので新しい宮に引っ越す。

今風に言えば宮殿の“コピペ”です。

古の木造建築を現代の宮大工に伝えていくことができる面白い儀式ですよね。



img_1045610_45331407_1.jpg

外宮、こうやって上から見るとよくわかる。




日本じゃ庶民の住宅も約20年の住宅ローンで購入され、

20年もすると古く感じ、引っ越したり建て替えたりする(笑)



外国だと強固な石の巨大な建築物が多い。

例えばイスタンブールのアヤソフィアはもともと正教(東方のキリスト教)のドーム。

それをイスラム教徒のトルコ人たちが改装してそのまま使っています。

合理的ですよね、解体すること自体大変すぎる(笑)



新築が大好きな神様って日本人そのもの、親近感をもってしまいました。

__ 2.JPG

やがて解体されてしまう古い社のほうが味わいはあるんですが・・・・・




「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」








最終更新日  March 31, 2014 03:22:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 30, 2014
カテゴリ:カテゴリ未分類
べるはこの小説が大好き!

スタンダールの代表作『赤と黒』です。

220px-Stendhal_Le-Rouge.jpg

読んだ人はいるのかな?



多分まどろっこしくて(笑)今から読む人は少ないでしょう。

だからちょっと長いけれど、あらすじをぜひお読みください。



貧しい木こりの子として生まれた主人公ジュリアン・ソレル(ジュリヤン・ソレルとも)はナポレオンを崇拝し、野心に満ちた美しい青年である。初めはナポレオンのように軍人としての栄達を目指すが、王政復古の世の中でその願いもままならず、今度は王政復古の世の中で羽振りの良い聖職者を目指す。

ある日、ジュリアンはその頭脳の明晰さを買った町長・レナールによって子供たちの家庭教師に雇われる。やがてジュリアンはレナール夫人と恋に落ちるが、レナールは2人の関係を疑うようになる。そこでレナール夫人はジュリアンをかばって、彼を神学校に送り込む。神学校に進んだジュリアンは、校長のピラール神父に頭脳の明晰さと記憶力のすばらしさを買われ、大貴族のラ・モール侯爵の秘書に推薦される。

ラ・モール侯爵家令嬢のマチルドに見下されたジュリアンは、マチルドを征服しようと心に誓う。マチルドもまた取り巻きたちの貴族たちにはないジュリアンの情熱と才能に惹かれるようになり、2人は激しく愛し合うようになる。

マチルドはジュリアンの子を妊娠し、2人の関係はラ・モール侯爵の知るところになる。侯爵は2人の結婚に反対するがマチルドが家出も辞さない覚悟をみせたため、やむなくジュリアンをとある貴族のご落胤ということにし、陸軍騎兵中尉にとりたてる。そして、レナール夫人のところにジュリアンの身元を照会する手紙を送る。

そのころレナール夫人はジュリアンとの不倫の関係を反省し、贖罪の日々を送っていた。彼女は聴罪司祭の言われるままに「ジュリアン・ソレルは良家の妻や娘を誘惑しては出世の踏み台にしている」とラ・モール侯爵に書き送る。侯爵は激怒し、ジュリアンとマチルドの結婚を取り消す。レナール夫人の裏切りに怒ったジュリアンは、彼女を射殺しようとする。レナール夫人は一命を取り留めるがジュリアンは捕らえられ、裁判にかけられる。マチルドはジュリアンの助命のために奔走するがレナール夫人がジュリアンを愛しており、ラ・モール侯爵への手紙は本意ではなかったということを知ったジュリアンは自ら望んで死刑を受け入れる。



内容はてんこ盛り。



貧しい青年ジュリアン・ソレルは大変な努力家である。

一生懸命勉強し社会的な成功(富と地位)を得ようとする。

頭が良いので周囲の大人たちも彼にはとても協力的である。

見目麗しいので女性にモテる(このあたり女性読者の心も掴むね)

頭が良いので計算高い面も否めない。

人の心を読むことが得意である。

結果的に好意を持った女性の心を弄んでしまう。

頭が良すぎるのも考え物、策に溺れる。

最期は崇高な愛に気付く。

そして断頭台(ギロチン)に送られる。




心理描写が凄い、とても細やかでリアル。

でも恋愛ってやはりこういった大変なモノなのかも。



相手の自分の感情を相手にぶつけてばかりじゃ引かれる、

単なるストーカー行為です、捕まります(笑)

人間は自分にとって都合のいい、自分の良き理解者を得たい。

そのためには相手の興味のあるものに興味を示す(フリでもいいけど)

いっぱい話を聴いてあげる、何も見返りは求めない。

それでも相手にはぜんぜん興味の無いふりをする、恋心を悟られないように・・・・・



高度な技量(アルス)が大切なようですね。

それに徹底していれば、恋は上手く行くのかも・・・・・



恋の上手い終わらせ方は書いていませんが(笑)

人間観察、成就させるための秘訣がここにあるような気がします。



実は最近、ある人(複数)から恋愛相談、恋の悩みを打ち明けられ

この本のことを思い出したべるなんです(^_-)



人はとても不合理な生き物なので、実は配偶者がいたりしても(笑)

恋の悩みを持ち続ける。 いや、持ち続けたいものなのか?



ただし仕事が上手く行ってて、生活が安定している人たちの

とても贅沢な悩みであることは間違いありませんよね(笑)



no3556-001.jpg

世紀の二枚目ジェラール・フィリップ主演で映画化もされました、

もちろんべるも観ましたよ(笑)



「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」






最終更新日  January 30, 2014 04:39:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 21, 2014

Flu

カテゴリ:カテゴリ未分類
べる、何の自慢にもなりませんが最低冬に一度は風邪を引いてしまいます。

今では年中行事の一つのような感じでしょうか(笑)



子供の頃は扁桃腺が腫れてよく高熱が出たもの。

なので小学校の5年生だったかな?扁桃腺の切除手術をしました。

当時の流行りだったみたい(笑)、友人たちも手術した記憶です。



それ以降高熱は出なくなり小学校低学年ではガリガリだったべるは

体力も付いたのでしょう、ちょっとふっくらした子供になりました。



熱は出なくても風邪は引くんですね、それは以前と変わりません。

毎年冬には風邪の予防についてテレビなどでは詳しく教えてくれます。

でもその方法はなかなか実行できないものですね。



一旦罹ってしまい病院に行くと、診療の後には薬を処方してくれます。



1 炎症を抑える抗生物質。

2 抗生物質は消化器官や肝臓にダメージがあるのでそれを軽減する薬。



これら“ゴールデンペア”、プラス症状に応じて飲む薬は増えていきます。




最近のべるは病院にも行かず、辛いけれど自力で治す努力をしています。

薬も飲まないので完治するまでには1週間から最悪10日間くらいかかりますが。



夜のお付き合いもキャンセルし、充分な睡眠と栄養を摂取して回復させることが

一番望ましいのですがなかなかそうはいかないのが現実、長引いてしまうんですね。



でも異物を体内に入れるよりはまだましじゃん! なんて思ってます。

自分自身の免疫をウィルスと戦わせる、もしも負けたら死んじゃうけど(汗)



周囲の人には迷惑な話かもしれません、もちろんうつさないようには気をつけてますよ^^;


flu-vaccine.jpg

今でも注射は大の苦手です(笑)



「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」









最終更新日  January 21, 2014 06:15:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 7, 2013
カテゴリ:カテゴリ未分類
頭脳でも運動神経でも容姿でも身長でも家柄でも財産でも。

他にも何かあったかな・・・・・



人間って自分のほうが、他の人たちよりも何かが優れていれば気分がいい。

友達が大成功したら祝福の気持ちと同様に、“嫉妬心”を持つことも否めない。



私たちはそんなことが当たり前の“とても弱い”人間だ、

中には肌の色で自分たちが優位に立とうとする愚かな考えを持つ人もいる。


べるも海外で“軽い”差別に遭ったことも、今ではそれもいい人生経験だと思っている。



南アフリカ共和国。



アジアとの貿易のために寄港し武力で領土にしたポルトガル。

その後、それを武力で横取りした好景気に沸く『東インド会社』のオランダ。

金やダイヤが産出するので戦争を仕掛け、その利権と土地を手に入れたイングランド。



本当に浅ましい酷い話だ、マレーシアでも同じような話を聞いた。

もちろん一部の人たちの行為ですが、べるにはそんな血が流れていないことに“ホッ”とする。



最近までアパルトヘイト(人種隔離政策)で有名だった南アフリカ共和国。



彼は反アパルトヘイト運動のリーダーだったが『国家反逆罪』で終身刑になる。

その後27年間も収監される。 独房に入れられ拷問や重労働にも耐えぬいた。

やがて世論や他国の指導者たちも味方に付け、ついには釈放されることに。



南アフリカ共和国の初代黒人大統領だった

ネルソン・マンデーラ(マンデラ)が12月5日に亡くなりました。



もしも彼や、世界にいる彼の支援者がいなかったら人種隔離政策は続いていたかも。

罪なきアフリカ人たちは今でも警察官に警棒で殴られ、拷問を受けていたのかもしれない。



彼もまた人間だから欠点ももちろんある、なかには悪く言う人もいる。

でも間違いなく“信念”のために一生を捧げた勇気ある『闘士』だ。



彼と同じ時代に生きたことに感謝してる、べるにも勇気や感動を与えてくれた。

本当にありがとうネルソン・マンデーラ、安らかに眠ってください!



NELSON~1.JPG

本物の戦士の表情です。 厳しくとも、とても優しい目をしている。



「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」






最終更新日  December 8, 2013 10:00:17 AM
コメント(2) | コメントを書く

全314件 (314件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

PR

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

7年連続年間検索第1… 内装屋サンさん
光の国 most-asaさん
りみCAR-STY… とぱーずrimixsさん
paolonlee ぱおろんりーさん
翻訳会社社長の日々… Oku-chan 1213さん

コメント新着

べるにーに@ Re[1]:Spectre(12/08) だから彼は片目の、シャムネコ好きな男だ…
magadelanrose111@ Re:Spectre(12/08) もちろん、見てきましたよ。いいスーツは…
べるにーに@ Re[3]:Mongolia 7(08/23) かっちゃんさん 何故山羊を指名??? …
かっちゃん@ Re[2]:Mongolia 7 >実は同じグループに独身女性一人と二人…
べるにーに@ Re[1]:Mongolia 7(08/23) かっちゃんさん >4の記事の「影のツー…

プロフィール


べるにーに

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.