3386064 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

仰木マジックと僕のプロ野球観戦記

1991年の仰木采配

前年の投手コーチ不整備を受けてコーチには皆川氏が就任。
抑えも赤堀を立てます。

しかし、開幕から阿波野、野茂、山崎を立てて三連敗。
(開幕は阿波野対西崎でした。)
小野、佐々木が踏ん張るような一進一退が続きます。
(この年は佐々木、高柳がオリキラーとして君臨した気がします。)

小野は開幕10連勝の活躍。野茂も途中から調子に乗り、赤堀も
リリーフとして順調も西武も好調なのでかなりハイレベルな
戦いを繰り広げます。
そんな中、まさかのけが人が続出。
6月の西武とのナゴヤの直接対決で赤堀が石毛の打球を右手
に受けて人差し指骨折し、その後はほぼ離脱。
7月にはブライアントが左ひざ痛め以降戦線離脱、8月には門田の
打球を右手?に受けたそこまで絶好調だった入来が戦線離脱。

赤堀の離脱で投手が完投出来ないときは、清川、佐野、加藤哲を
たくみにつないで(時には阿波野、吉井、佐藤途中からは山崎)
何とか凌ぎます。
オールスター前の西武戦では野茂がリリーフで初日四回、二日目
一回の連投で連勝したこともあります。

この年はほとんど試合を生で見た記憶がないですが、ラジオや
テレビでよく見ました。

印象に残っているのは
9月8日
西 000 100 030 4
近 000 300 000 3
代打の森が野茂の確かフォークを逆転ツーラン。

9月23日
近 002 011 010 0 5
西 000 030 002 0 5
5対3で迎えた九回裏そこまで好投していた山崎が代打で起用
された鈴木健に確かカーブを上手く運ばれ同点ツーラン。
実は鈴木健のプロ第1号で、とんでもないデビューでした。

ちなみにこれらの試合は高校の文化祭をしていたため、球場
にいけずにラジオ聞いてましたが、両ホームランが出た瞬間
ラジオを切りました。

このリードしていた二試合の逆転負けが響いて、西武が優勝
しました。

なお、9月26日のダイエー戦では三人目の捕手に代打を出した
ため捕手金村の起用が見られました。

あと、西武球場だと思いますが、小野が投手返しの打球を足に受けて
トレーバーに背負われてベンチに下がったのも印象に残ってます。






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.