3384986 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

仰木マジックと僕のプロ野球観戦記

1992年の仰木采配

4月4日の開幕戦は雨で中止。
前年2桁勝利を挙げた小野が開幕投手。
仰木さんは1988年~1991年まで阿波野を起用して
ましたが、初の違う投手の起用となりました。
阿波野は二軍の開幕マウンドに立ち、4月下旬に一軍
復帰となってます。
この年の阿波野は先発は対ロッテ、ハム、ダイエーに
限られ首脳陣の復活に向けた配慮が見られます。
1992年は珍しく4月、5月と勝ち越す順調な滑り出し。
特に5月は14-4と貯金10.
5月15日のホークス戦では、左打者門田、佐々木、山本
が多い中移籍したブーマーが含まれている事から、清川ー
ブーマーを迎えて一塁清川、投手山崎、山崎が抑えて、
再び清川がマウンドに向かうマジック起用が見られました。

西武も調子を上げてきて5/31、6/1と直接対決。
初戦を高村で落とした後、第二戦は野茂-郭の対決で西武
ドームに見に行きました。
近鉄は石井、吉田の本塁打で食い下がりますが、清原の
ツーランが確か決勝点。
この日を境に首位が交代し、二度と交代することはありません
でした。
この年は西武の独走で、9月1日には0対22で敗戦するなど檻が
出てくるまでは考えられない負け方をしてます。
阿波野を応援しに、8月25日に東京ドームまで行きましたが、
三回KO。二者連続三振取る素晴らしい立ち上がりだったですけどね。

シーズン終盤仰木さんが辞意を示したことで9月20日の千葉マリン
の関東最終戦も観に行きました。
高村-赤堀のリレーで5対1と勝利。確かレフトからは仰木コールも
出ていたように思います。

この年は中村ノリが入団した年で、川崎で行われた7月3、4の試合では
3番 ライト ブライアント
4番 レフト 石井
5番 一塁  村上
6番 指名打者金村
7番 三塁  中村
と超攻撃オーダーが組まれました。途中からノリの所に外野手が入って
石井がサードに戻ってます。
球場が狭いとはいえ仰木さんならではです。

また、この年は赤堀がリリーフのタイトルを獲りながら、最優秀防御率
を獲得。即ち規定投球回数投げてしまいました。
登板は50試合で、終盤は投球回数到達のために先発も行いましたが、
普段長い回投げていたということです。 

1993年は仰木さんが監督を交代されたので、近鉄は応援しませんでした。
また、バファローズを応援する事になるとは夢にも思わずに。。。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.