3382976 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

仰木マジックと僕のプロ野球観戦記

1998年の仰木采配

この年は前年までいたニールを斬って、プリアム入団。
木田もこの年からですかね。

しかし、開幕から何と5連敗を喫して個人的初観戦を迎えます。
対ダ 1-2 ●星野
対ダ 1-3 ●杉本友
対近 1-4 ●伊藤
対ハム1対9 ●星野
対ハム4対9 ●杉本友
開幕の二戦は星野、杉本友が完投していたので、この二試合どちらか取れて
居ればと思います。
近鉄戦が雨で流れてなければ連敗は止まっていたかと。
ハム戦はビッグバン大爆発でした。
もう1つ要因としてあるのが、実は三輪が脱税問題で出場停止に。
参考;小久保 激動の10年史 九州ニッカンより
したがって、まだ日高も台頭してなかったですし、中嶋はFAで西武に行った
ので、捕手は高田、久保に。
ハム2連戦で打たれまくったので、捕手は久保が起用され、先発は丸尾と
5連敗中なのに腹の据わった起用を見せられます。

さて、4月12日の東京ドーム
当時はハムは落合が四番を打ってました。
BW 100 101 00
Fs 100 010 0
と進みます。意外と丸尾がインコースを突いて好投。
五回途中まで投げ、平、コバと繋ぎます。

しかし、コバが8回裏に同点にされ、延長戦。
最後は10回裏西浦だったか金子に三遊間を破られサヨナラ負け。
この時のサードが途中から入った佐竹で、なんとなくサードは向いてないと
言う印象をこの時から持ちました。

次の観戦は4月29日の千葉マリンでしたが、小宮山にあっさりひねられ、1対3。
この辺からC・Dが復帰したり、藤本博史が移籍したりしてます。
とにかく4月は5勝14敗と最悪のスタート。
しかも5勝はウィンが3勝、フレーザー2勝と外国人でしか勝ってないので
これではダントツ最下位。
最下位は6月24日まで脱出できませんでした。

この年は当然観戦成績もひどく
5月5日 7表まで4対1リードしながら、終盤杉本、コバが打たれ4対5敗戦。

6月7日 7表まで8対リードしながら、終盤乱れ1点差で迎えた9裏に五十嵐の
エラーで追いつかれ、最後金村の犠牲フライでサヨナラ負け。

7月14日からは東京ドーム三連戦で、平日でしたが、毎日八時前から観戦
しました。

初戦木田が撃沈で●5対10
二戦目 6回まで1対4の劣勢も終盤追いつき4対4。
三戦目 7回終わり1対5の劣勢。
    しかし、八表に一挙四点で追いつくと11回表に日高のプロ入り
第1号で勝ち越し、ようやく今季観戦初勝利。   

この三戦目の7月16日は終盤仰木采配が炸裂しました。
田口、イチロー、プリアムの守備位置を下に書きます。
【二中左中左中】田口
【右中右】イチロー
【左右左中左】プリアム
○説明
途中で谷に代打小川が出た時点で田口が外野に回りました。
田口、イチローは言わずもがなの守備の名手ですが、プリアムは難あり。
という事で終盤得点圏に走者が行くと相手打者の傾向によって、難ありの
プリアムを一番飛んでこなさそうな所に配置。

確か九回裏、二死で二塁に走者が居て、ハムの誰かがレフト前にヒットを
放ち、レフト田口からのバックホームでアウト!

遠くから見ていて送球がかなり横にそれていて、追いタッチ気味でしたが、
アウトの判定!
上田監督が桃井主審のベルトを掴むくらいの猛抗議!!!

更に10回裏だったと思いますが、二死で得点圏に走者を迎えて、プリアムは
センターに配置。
しかし、あろうことか打球は二遊間へ。
遊撃に入っていた(これもあまりありませんが)大島が横っ飛びして
コレを抑えてチェンジに。

結構この試合は印象に残ってます。
この後8月に東京ドーム、西武ドーム(当時は半ドーム)、神戸に行きました。
神戸で佐藤さんの登板を打者1人だけですが見れたのは良かったです。

この年は日ハムが独走していたのに大失速した年でもあります。
優勝した西武でさえ9月24日が首位浮上で、貯金9.
つくづくBWが普通に戦っていたら優勝できた年だったと思います。
最終的には66勝66敗と驚異的な追い上げを魅せました。

マジック対象にも1試合だけなりましたしね。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.