3386086 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

仰木マジックと僕のプロ野球観戦記

1999年の仰木采配

1999年はロッテ相手に開幕連勝と前年の開幕6連敗を払拭するスタート。
しかし、○○●●●○○●○で来た千葉ロッテ戦で勝負強さで有名な
ボーリックに決勝本塁打、サヨナラ本塁打を打たれて連敗してから歯車が狂い始めました。
これがボーリックのデビュー戦だったようなものです。

何とそれから8連敗、
その内ビジターでロッテ2つ、ハム3つ、西武1つですから、関東で弱かったねという事に。

満を持して、4月23日西武ドームに乗り込みました。昨年連敗を止められなか
った事は忘れて。
川越と豊田の先発で始まりました。
BW 300 000 00
L  200 100 00
と終盤まで進みまして、西武の木村が終盤ピンチを迎えた所で、当時の守護
神森が登場。
そこで、二死二、三塁となって、塩崎に打順回るとすかさず仰木さんは
森に強い小川を代打で起用!
見事にセンター前に決勝打を放ち、我々の期待に応えてくれました。

その後関東の試合も何試合か見に行きましたが、印象に残っているのは
7月17日の千葉マリン ロッテ戦
前日は加藤伸一が完封して向かえた3連戦の中日。
BWが先行して迎えた1回裏、先頭諸積がセーフティーバント。
しかし、サード大島が俊敏にさばいて、一塁アウト!
と思ったら、諸積、山本監督が怒って二人とも退場!
マリサポも盛り上がって異様なムードの中試合が進んだのを覚えてます。

パスボールや暴投で結局決勝点が入ったんですけれども。

このシーズンは8月にこうべっこさんのBlueWaveStudiumで神戸で大観戦会があったりして、盛り上がったのも良い思い出です。
その後大事な福岡ドームで三連敗して、優勝戦線から脱落しましたからね。

 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.